« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月27日 (金)

馬○の耳にお詫びと同情

 はい、東雲です。
 どうにも予想をこれっぽっちも裏切らない、そんなイカレた連中にもううんざりな昨今ですが……。
 ホント誰か、アレらを何とかしてください。

<以下引用>

<安倍首相訪米>慰安婦問題でアジア系住民団体などがデモ
4月27日11時9分配信 毎日新聞

 【ワシントン和田浩明】安倍晋三首相がブッシュ米大統領と会談するため米国に到着した26日、第二次大戦中のいわゆる従軍慰安婦問題で、日本政府の謝罪を求めるアジア系住民の団体などがホワイトハウス前でデモを行った。参加した元慰安婦で旧日本軍に強制連行されたという韓国人の李容洙(イヨンス)さん(79)は、狭義の強制性を否定した首相発言を「大うそつきだ。我々に対する侮辱だ」などと厳しく非難した。
 デモは韓国系住民らがつくる「ワシントン慰安婦問題連合(WCCW)」や国際人権団体アムネスティ・インターナショナルなどが組織。約50人が「安倍首相は謝罪を」などと書かれたプラカードを持ち行進した。同連合は26日付米紙ワシントン・ポストの全面意見広告で「日本はこの犯罪(慰安婦問題)で責任をとらず明確な謝罪もしていない」などと主張した。
 安倍首相は同日昼に米議会の与野党指導者と会談。出席議員によると、元慰安婦への「深い同情の気持ち」を表明した。下院で対日謝罪要求決議案の採択を目指す日系のマイク・ホンダ議員(民主党)は同日夕のWCCWの会合で「これまで個人的な謝罪はあったが、あいまいだった。公式に謝罪すべきだ」などと述べ、引き続き決議案の成立に全力を挙げる意向を示した。

<Yahoo Newsより>

 もいっちょ。

<以下引用>

「安倍首相は謝罪を」=慰安婦問題で抗議デモ-米
4月27日7時1分配信 時事通信

 【ワシントン26日時事】第2次大戦中の旧日本軍による従軍慰安婦問題をめぐり日本政府の対応に抗議するデモが26日、安倍晋三首相の訪米に合わせ、ワシントンのホワイトハウス前で行われた。約50人の参加者はプラカードを掲げながら、「安倍(首相)は謝罪を」などと気勢を上げた。
 デモ隊の先頭に立ったのは韓国人の元慰安婦、李容洙さん(79)。10代で旧日本軍に強制的に連行されたという李さんは「これまでソウルの日本大使館前でデモを続けてきた。しかし、日本政府は反省せず、わたしたちが死ぬのを待っている」と強く非難。「(狭義の強制性を否定した)安倍首相は大うそつきだ。わたしが生き証人だ」と訴えた。

<Yahoo Newsより>

 『そーですか、もう意見変わっちゃいましたか』で『この米国の市民団体というのも『どこの国の人々』なのか定かではございません』なんて書きましたが、やっぱりというかなんと言うか、アジア系住民の連中だったようです。
 ……てかもう韓国系でいいじゃん。
 しかもよりによって李容洙ですよ。あの、1944年から3年もの間、日本軍『慰安婦』として働かされ、大変な苦労をなされた李容洙さんですよ。1945年に終戦し、以降存在しなかったはずの日本軍相手に腰を振っていた李容洙さんですよ。そんな御仁に『わたしが生き証人だ』なんて言われても、ねぇ。
 そしてそんな従軍慰安婦もどきを証言台に立たせ、日本非難決議案の根拠にしちまってるマイク・ホンダ。恥ずかしい、恥ずかしいなマイク・ホンダ。というかこの男、公式に謝罪しようがなんだろうが、パトロンが納得しなけりゃ認める気なんて無いでしょう。
 実際時事通信によれば『安倍首相は米議会指導者と会談し、元慰安婦に対し、「個人として、首相として、申し訳ないという気持ちでいっぱいだ」と公私にわたる立場で謝罪を表明したが、ホンダ議員はこれを事実上無視、今後も謝罪要求決議案採択に向けて多数派工作を展開していく構えを明らかにした』らしいです。
 もう聞く気なんかこれっぽっちもございません。まさに馬○の耳に念仏ですよ。
 更にアメリカがこんな問題にもならない問題でぐちぐち言うのなら、あちらさんの懸念通り『原爆』と『東京大空襲』における大量殺戮に対する謝罪要求決議を採択するべきじゃないでしょうか。一回痛い目見なけりゃ分からんでしょう。

 そんでもってその『韓国系市民団体』でございますが、こんなこともやっているようです。

<以下引用>

「慰安婦」で対日批判広告=米団体
4月26日22時0分配信 時事通信

 【ワシントン26日時事】米下院で審議中の従軍慰安婦問題に関する決議案を支持する市民団体「121連合」などは26日付のワシントン・ポスト紙に、「日本は明確な謝罪をしていない」と厳しく批判する全面広告を出した。同日からの安倍晋三首相の訪米にぶつけた格好だ。
 広告は、第2次大戦中に約20万人の女性が旧日本軍の慰安婦として性的暴力や非人道的扱いを受けたと主張。安倍首相が日本政府の関与を否定しようとし、過去の声明より「後退した」と非難している。
 広告は、妊娠したとみられるおなかの大きな慰安婦らの様子など5種類の写真を掲載。日本政府は「うわべだけの謝罪」しかしていないと指摘した人権擁護団体アムネスティ・インターナショナルのブッシュ大統領あて書簡も添付している。

<Yahoo Newsより>

 はい、トリ頭。
 こんな連中と同じ血が流れてるって心底恥ずかしいんですが……。
 まあ、予想通りといえば予想通りでございまして、『そーですか、もう意見変わっちゃいましたか』にて『この『米国の市民団体』が『121連合』だとしたら、もう爆笑ものですが』なんて書いたんですが、実際なってみると笑えません。
 お前ら恥ずかしくないんかと。あれは個人の犯罪であって、そもそも根本的に間違っているが、だからといって言ったことを10日もしないうちに翻すのかと。『今は静かにしているべき時だ。(慰安婦問題について)すべての活動をキャンセルした』という発言は、朝日新聞記者の空耳ですか?
 そういうことばっかりしてるから世界中から嫌われるんですよorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

他人に厳しく自分に甘く 民主党

 ……いや、分かってる。分かってるねんで。
 しかし、いかんせん東雲は意欲の波が(ry
 
 とゆーわけでこちらの記事をご覧ください。

<以下引用>

<民主党>政治資金不記載問題で角田、中井氏を「注意」処分
4月24日21時47分配信 毎日新聞

 民主党は24日の常任幹事会で、政治資金不記載問題で参院副議長を辞任した角田義一氏を「常任幹事会名による厳重注意」、光熱水費の付け替えを認めた中井洽元法相を「幹事長注意」とする処分を決めた。同党はこれで党内の「政治とカネ」問題に区切りがついたとし、松岡利勝農相の光熱水費問題などで政府・与党を追及する構えだが、党内からは「こんな甘い処分では攻められない」との批判も出ている。
 角田氏は01年参院選の際に受け取ったとされる寄付金約2500万円の裏帳簿が発覚し、1月に副議長を辞任した。しかし、自身の関与を否定するばかりで真相究明は進んでいない。中井氏は付け替えを認め過去3年分の政治資金収支報告書を訂正したが、説明には不自然さを残したままだ。
 民主党の鳩山由紀夫幹事長は「松岡農相はいまだに何の説明責任も果たさないで農相にとどまっている。まったく処分もしない自民党との違いを示した」と記者団に強調したが、党内には「角田氏も説明責任を果たしていない。議員を辞めてもらうしかない」(若手議員)など不満の声も強い。【山田夢留】

<Yahoo Newsより>

 『これで党内の「政治とカネ」問題に区切りがついた』
 
 ついてねーよ
 
 他のブロク様でも論じられてますが……凄いですね、他人には辞任だ何だと言っておきながら、それよりはるかにとんでもないことをしたらしい身内には『だめだよー』と注意するだけ!
 いやもう『ふー、びっくりした』ですよ。……もう半年経ったんですね。
 しかしこれでまたぞろ政府・与党を追及するってんですから正気の沙汰とは思えません。『こんな甘い処分では攻められない』との党内の批判も至極当然のものでしょう。大体安倍首相が『だめだよー』と松岡農相に注意したところで許すわきゃないのに自分ところはそれでいいってもうありえませんね。『副議長を辞任したからいいんだ』なんて本人は言っているようですが、朝鮮総連(≒北朝鮮)の傘下からカネをもらっていたなんて疑いまであって『副議長辞任した』じゃすまないでしょう。
 こんなことしていてホントに参院選で勝つつもりがあるんでしょうか、民主党。
 
『他人に厳しく自分に甘く 民主党』

 いっそこれを選挙戦の標語にしてはどうですか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『お国柄』って言葉、知ってます?

 うをっ、連続投稿3本目。
 こんなことすると、その分溜めてこまめに更新しろよなんてお声が聞こえてきそうですが、いかんせん東雲は意欲の波が激しい為やれるときやっておかないと後は意気消沈してしまうのです。
 そんなわけで3本目のお題はこちら。

<以下引用>

<高校生意欲調査>「出世意欲」、日本は断トツ最下位
4月24日21時57分配信 毎日新聞

 日本の高校生は米中韓の高校生よりも「出世意欲」が低いことが、財団法人「日本青少年研究所」(千石保理事長)の「高校生の意欲に関する調査―日米中韓の比較」で分かった。「将来就きたい職業」では、公務員を選んだ高校生が日本では99年調査より約22ポイントも減少するなど、米中韓に比べ、明確な目標を持てない日本の高校生の実情が浮かんだ。
 調査は06年10月~12月、日米中韓の高校生計5676人を対象に実施。進路や人生目標、職業意識などを聞いた。所属する高校を通じて実施したため、回収率は100%になるという。
 「偉くなりたいか」という問いに、「強くそう思う」と答えた高校生は中国34.4%▽韓国22.9%▽米国22.3%に対して、日本はわずか8.0%。卒業後の進路への考えを一つ選ぶ質問では、「国内の一流大学に進学したい」を選択した生徒は、他の3国が37.8~24.7%だったのに対し、日本は20.4%にとどまった。
 また、将来就きたい職業(複数回答)では、日本は99年調査よりも弁護士や裁判官、大学教授、研究者の割合が低下。特に、公務員は前回の31・7%から大幅減となる9.2%だった。逆に「分からない」を選んだ生徒が6.2ポイント増の9.9%になった。
 千石理事長は「食べることに困らなくなり、今の高校生は『偉くなりたい』という意欲がなくなってきている。また、(従来『出世』と考えられてきた)職業に魅力や権威がなくなっている」と分析している。【高山純二】

<Yahoo Newsより>

 いかにも『日本はダントツで最下位、どうしようもない国なんだぜ~』と言いたげな記事ですが、出世意欲が無いことが『明確な目標を持てない』ことになる理由がさっぱり分かりません。むしろ出世することだけが目標ではないといえば、その多岐な選択性、それが認められる優れた社会環境が見えてくると思うんですが。
 そもそも『公務員』になりたい人間が少ないから出世意欲が無いと論ずる最初の文節、ありえませんね。『将来就きたい職業』の他の項目も明かさず、それだけで『明確な目標』とやらを判断する、その根拠はいったいどこにあるのでしょうか。なりたいものがあるんなら、それは『明確な目標』でしょう。それとも日本の高校生全員が『ニートになりたい』とか言ったんでしょうか、ありえませんね。
 だいたい『公務員』というものの権限は国によって違います。中国で(上位の)公務員って特権階級じゃないですか。大抵のことが思い通りになると思えば、そりゃなりたい人間も多いでしょうよ。おそらく日本ではスポーツ選手などの選択肢も多かったことと思いますが、中国のスポーツ選手って悲惨ですよ。大会をいくつも制覇していた選手が引退後貧困に窮してメダルを売ったり物乞いしたりって、あの国くらいのもんじゃありません?
 それに『偉くなる』ことにもまた国による違いがあるでしょう。事実上我が国で一番偉い(はずの)安倍首相が野党に文句言われたり中やら韓やらに批判されたりと、傍から見れば何の利益も無さそな感じで、さらに時給換算すれば総理大臣て結構薄給。これで魅力を感じろって無理じゃありません?
 それよりもスポーツ選手とかミュージシャンに憧れると思いますけどね、日本の高校生は。言葉は悪いですが、一発当てればガッポリ入りますし。
 だいたい大学進学だって『出身大学で一生が決まる』なんて言われるほど『超学歴主義社会』の韓国では、そりゃ一流大に行きたいって人間も多いでしょう。何せ試験日には親が仕事を休んで応援に行き、入試シーズンに安全確保のために警察隊が出動、果てはリスニングのために航空機の離着陸が制限されることすらあるってんですから、日本の視点から見れば尋常じゃありません。
 そういった『お国柄』というものを無視してただ『日本の高校生はしょーもない』といった記事を書くというのは、何がしか恣意的なものを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱグダグダになりそうだ

 半島ネタでもう一本行ってみたいと思います。

<以下引用>

資金問題解決には「送金」必要=北朝鮮公使
4月25日11時0分配信 時事通信

 【ソウル25日時事】25日の韓国の通信社・聯合ニュースによると、北朝鮮の金明吉国連代表部公使は同ニュースとの電話インタビューで、マカオの金融機関での凍結資金問題を解決するためには、凍結解除に加えてほかの金融機関などに資金が送金されることが必要との認識を示した。
 金公使は「われわれの資金がわが方に渡されなければならないという主張は送金を前提としたもの」として、当初から米国側と送金まで行うことで合意していると強調。「(解決に向けた)結果はまだ出ていない」と語った。

<Yahoo Newsより>

 はい、やっぱり難癖つける、と。もうお決まりのパターンでうんざりです。
 いやまあ実際のところ、北朝鮮はカネ(も欲しいんでしょうが)よりもドル決済できる口座が欲しいのでしょうから、こんな風にゴネるなんてのも十分に予測できてはいたんですが。しかし引き受ける銀行はいないでしょう。そんなことしたらアメリカに目をつけられますからね。
 とどのつまり凍結は解除されましたが北朝鮮への圧力は以前健在であり、それを理由に北が約束を反故にする、と、そんな失敗がまたも繰り返されそうな感じです。
 にもかかわらず現状が見えていないこんな新聞社もいるようですね。

<以下引用>

<自民党>拉致問題進展狙い、北朝鮮人権法改正の方針
4月25日3時3分配信 毎日新聞

 自民党は24日、北朝鮮人権法を改正し、拉致問題が進展しない限り新たな支援を実施できないよう政府の政策決定に歯止めをかける方針を固めた。安倍晋三政権の方針を法制化することで、首相を側面支援する狙いがある。ただ、米国が柔軟路線に転じる中、6カ国協議などで日本の孤立感が目立ち始めており、対北朝鮮外交の柔軟性をしばる可能性もある。
 同党の中川昭一政調会長が今月上旬、検討を指示し、北朝鮮人権法作成チーム(主査・葉梨康弘衆院議員)が素案をまとめた。「人権侵害状況を固定化したり、助長しないよう政府は施策の実施に当たり十分配慮する」との文言を追加し、支援に枠をはめるとともに、外国政府や国際機関にも「適切な働きかけ」をするよう求める。公明、民主両党と協議し、今国会での成立を目指す。
 北朝鮮人権法は昨年、自民、民主、公明3党の賛成で成立した。北朝鮮による日本国民への人権侵害が改善されない場合、政府の判断で「必要な措置を講ずる」としており、具体的措置は特定船舶入港禁止法や改正外為法により実施している。
 北朝鮮政策について、自民党内には「核が解決しない限り拉致問題は解決しない。国際協調を考えないといけない」(山崎拓前副総裁)との声がくすぶり、国際社会にも核と拉致の問題をリンクさせる日本への疑問がある。しかし、首相は22日、拉致被害者家族会などの会合で「鉄の意志を持って解決していく決意だ」と強調しており、改正案はこうした姿勢を後押しすることになりそうだ。【田中成之】

<Yahoo Newsより>

 『米国が柔軟路線に転じる中、6カ国協議などで日本の孤立感が目立ち始めて』いるんですかそうですか。
 じゃあちょっと古いんですが、こんな記事を見てみましょう。

<以下引用>

マカオ銀への処分発効=米財務省
4月19日0時0分配信 時事通信

 【ワシントン18日時事】米財務省スポークスマンは18日、マカオの金融機関バンコ・デルタ・アジア(BDA)に対する米政府の処分が同日発効したことを確認した。同省は3月、BDAの北朝鮮関連口座がマネーロンダリング(資金洗浄)に使われていたとして、在米銀行がBDAと取引することを禁じる処分を発表していた。
 BDAの北朝鮮関連口座にある2500万ドルについては、マカオの監督当局が凍結解除を決め、これを米国も容認しており、引き出し可能となっている。

<Yahoo Newsより>

 まあまさにこれが北朝鮮への圧力であり、彼らに『ほかの(ドル決済ができる)金融機関などに資金が送金されることが必要』と言わせている理由であるのですが。(カッコ内は東雲追記)
 つまり柔軟路線を示しているのは『米国務省』であって『米国』ではありません。それとも毎日は『米国』が『米国務省』の略だと言い張るんでしょうか。そんな一休さんみたいなとんちは要りませんよ。
 さらには北の拉致問題に関して、諸外国から支援するなどの言質をとっております。こと拉致問題に関して孤立なんぞしてません。むしろ目立って孤立してるのは韓国くらいじゃないかと思うんですがいかがでしょう。あるいは山崎拓氏でございますか。『核が解決しない限り拉致問題は解決しない。国際協調を考えないといけない』って、国際的に北の核保有や拉致が批判されてるんですが。……っていうかいいよもう、このエロ親父は。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そーですか、もう意見変わっちゃいましたか

あのバージニア工科大の悲劇から一週間と少し、韓国人の民族意識なのか何なのかは知りませんが駐米大使が謝罪して反発を買うなど、およそ自分のことのように振舞っていた韓国人や『米国系韓国人』の方々なのですが、安倍首相の訪米に合わせてこんなことをやるそうです。

<以下引用>

慰安婦問題で抗議デモ実施へ=安倍首相訪米時、ホワイトハウス前-米団体
4月24日17時0分配信 時事通信

 【ワシントン24日時事】第二次大戦中の旧日本軍による従軍慰安婦問題で、元慰安婦を支援する米国の市民団体が26日、安倍晋三首相の初訪米に合わせ、ホワイトハウス前で抗議デモを実施する計画であることが分かった。デモには2月に米下院の公聴会で証言した韓国人の元慰安婦、李容洙さんも参加する予定。関係者が24日までに明らかにした。

<Yahoo Newsより>

 ……いやもう今更なんですけどね。この米国の市民団体というのも『どこの国の人々』なのか定かではございませんし……。
 ただ、ころっと変わるっていうのはあまり感心できたものではありませんが。

<以下引用>

従軍慰安婦問題での集会自粛へ 在米の韓国人団体が方針
2007年04月18日15時37分

 従軍慰安婦問題に取り組む在米の韓国人団体「121連合」は17日、韓国出身の学生による銃乱射事件を受け、4月下旬の安倍首相の訪米時に予定していた集会などの活動を自粛する方針を固めた。

 同連合の関係者は朝日新聞の取材に「(事件の影響で)韓国人差別による事件が起きないことを願っている」と述べた。そのうえで「今は静かにしているべき時だ。(慰安婦問題について)すべての活動をキャンセルした」と語った。

<asahi.comより>

 えぇと、17日から24日まで……ということは一週間弱ですか。なんとも早い転身ですね。舌の根も乾かぬうちに、なんて言いますが、彼ら舌をいくつも持ってるはずなんで、すべてが乾くことなどないから濡れていても意見を変えていてもいいと、そういうわけなんでしょうか。
 それともこの『米国の市民団体』が『121連合』じゃないからいいんだ、とか言うんでしょうか。……いや、この『米国の市民団体』が『121連合』だとしたら、もう爆笑ものですが。まあもし違ったとしても、同じようなことをする団体である以上無関係ってことは無いでしょうし、あるいは無関係だったとしてもアメリカ人の目を気にするあまり本来無関係な活動まで自粛してしまう121連合ですから『やめときなさいよ』的な声明を出すんでしょうが。
 結局『自粛』なんていうのはポーズで、彼にとって『自責』よりも『他責』が重要と、そういうわけなんですね。
 ころころ意見を変えるっていうのも戦前から変わっていません。戦時中は『身も心も日本人』だった彼らが敗戦と同時に『三国人』になり、今ではそれを差別語というんですからもうむちゃくちゃです。
 
 自らに繋がる祖先を敬うというのは儒学の基本だと思うんですが、彼らと同じ祖先を持ってると思うとどうにも自らの系譜を恥ずかしく思ってしまいます。
 ……なんでこんなことするかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

落書いてみた (1)

Raku_1

いや、別に書くネタが無いとかそういうわけじゃないんです。

ただちょっと二次ヲタっぽいとこを示しておこうかなとか、そう思っただけなんです。

決して文章書くのが面倒だってわけじゃないんです。

ただちょっと二次ヲタっぽいとこを示しておこうかなとか、そう思っただけなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

謹んでご冥福をお祈りいたします

 まずは16日のバージニア工科大銃乱射事件で亡くなられた被害者の方々、17日に銃撃され、亡くなられた伊藤一長長崎市長のご冥福をお祈りします。

 このような身勝手かつ卑劣な犯罪が、場所は違えど立て続けに起こったことには怒りを禁じえません。こういった犯罪を犯す輩には死刑ですら生ぬるい、そう私は思うわけであります。本来なら許されざる発言なのでしょうが、こういった卑怯極まりない犯罪を犯す連中に、何故人権を認めてやらねばならないのかと、ついつい思ってしまうのです。
 特にこのような記事を見てしまうと、もう百度殺しても殺し足らない、そんな感情を抱いてしまいます。

<以下引用>

<米大学乱射>チョ容疑者が自ら動画撮影 英雄視発言も
4月19日11時17分配信 毎日新聞

 【ブラックスバーグ(米バージニア州西部)和田浩明】米NBCテレビは18日夕(日本時間19日朝)、バージニア工科大銃乱射事件で自殺したチョ・スンヒ容疑者(23)が自らを撮影した動画や写真を放映した。同容疑者は事件に直接言及しないまま自分を被害者視し、「(乱射を)やらざるをえない」と話した。写真には2丁のけん銃を構える姿などが写っていた。同容疑者が2回の乱射の間に撮影し、米NBCテレビへ送ったとみられる。富裕層への怒りを示し、「弱い者を助ける」など自分を英雄視する発言も含まれている。
 同容疑者は「お前たちは私の心を踏みにじった」「追い詰められた」「お前の高級車にはウンザリだ」と話し、少数派の韓国系であるための被害者意識を示唆。「自分のためではなく、子供や兄弟姉妹のためにやった」「キリストのように弱い者を鼓舞するため死ぬ」などと独白し、自分を少数派を救う英雄のように描いている。 

<Yahoo Newsより>

 ふざけるな

 これがこの記事を見た際に思った、唯一のことでした。というか、これ以外に何を言えというのか分かりません。これまで二十数年間生きていて『呆れてものが言えない』なんてことも多々ございましたが、これは尋常じゃございませんでした。『ものが言えない』どころか『思考がまとまらない』というのは、さすがに初めての経験です。
 「お前たちは私の心を踏みにじった」「追い詰められた」など被害者意識丸出しで、それでいて「キリストのように弱い者を鼓舞するため死ぬ」。何を言ってるんだこの馬鹿は。イエスが罪無い人々を無差別に殺したか。なんら信念もなにも無い無差別殺戮者が、こともあろうに『汝の敵を愛せ』と垂訓したイエスのようにだと。侮辱するにもほどがある。こんな猟奇的殺戮犯に奮起させられる『弱く無防備な人々』も、それをして欲しいと思った『子供や兄弟姉妹』もいるまいよ。こんな馬鹿げた犯行声明で自身の愚行が何か神聖なものになるのだと、本気で思っていたのかこの男は。
 以下にYahoo News;毎日新聞 4月19日11時50分配信の記事から抜粋した、米NBCテレビに送り付けられた動画にあるチョの発言を示します。

<以下抜粋>

 お前たちには、今日(の惨劇)を避ける1000億回のチャンスと方法があったんだ。だがお前たちは私の血を流すことを決めた。お前たちは私を追い詰め、たった一つの選択肢を私に与えた。決めたのはお前たちだ。いまお前たちの手は二度と流し落とせない血に塗られるんだ。
 私はやらなくたってよかったんだ。去ってもよかった。逃げられたかもしれない。だが私はもう逃げない。私のためでなければ、私の子どもたち、兄弟姉妹のだめだ。彼らのためにやったんだ。
 お前たちは私を苦しめるために愛したんだ。お前たちは私の頭の腫瘍を愛し、私の心にある恐れを愛し、私の魂を引き裂き、哀れな1人の少年の人生を消し去った。ありがとう、お前たちのおかげで私は、弱く無防備な人々を奮起させるため、キリストのように死ぬ。
 顔につばを吐きかけられ、のどまでゴミを押し込まれる気持ちがわかるか。自分自身の墓を掘る気持ちを知っているか。舌が耳から耳まで切り裂かれるのがどんな気持ちか、わかるか。生きたまま火をつけられるのがどんな気持ちか、わかるか。屈辱を与えられ、十字架に突き刺され、お前たちの楽しみのために、血を流しながら死ぬまで放置される気持ちが、わかるか。
 お前たちは人生で少しの痛みも感じることはない。お前たちは私たちの人生に、みじめな気持ちを味わわせることを望んでいる。なぜなら、お前たちにはそうする力があるからだ。お前たちは望む物をすべて持っている。お前の高級車も、金のネックレスも、投資ファンドもたくさんだ。ウオツカもコニャックも、お前たちのぜいたくざんまいも、たくさんだ。お前たちはすべてを持っている。時が満ちた時、私はやった。やらざるをえなかった。

 一段落目にて『自分に責任は無い、お前らが悪いんだ』と言い放ち、二、三段落目にて『子供たち、兄弟姉妹のため』『弱く無防備な人々を奮起させるため』と自己犠牲を装い自己陶酔、挙句何もかもに難癖をつけて自らの愚行を正当化する。
 なんて醜い。
 何の意味も無く殺された、それだけで十分悲劇であるのに、それをやったこの男は実のところ、『自らが人を殺す』なんていう責任をこれっぽっちも持ってはいなかった。これほど哀れなことがありましょうか。もちろん『自分自身が他人を殺す』覚悟があるからといって罪無い人に対し殺戮を行うことが許されるはずがありません。しかし、すべての責任すら他者に擦り付けて無差別殺戮という異常な愚行を犯すという、もはやこの屑をののしる言葉すら思いつきません。
 重ねて、今回被害にあわれた方々のご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

野党第一党を『酔っ払い運転』ってどうよ?

先日国民投票法案が衆院を通過し、『やっとか』なんて思っておりました東雲ですが、このような記事を見つけましたのでご覧ください。

<以下引用>

国民投票法案 反対は党利党略 中川氏、民主を批判
4月16日8時0分配信 産経新聞

 自民党の中川昭一政調会長は15日、フジテレビなどの討論番組に出演し、先に衆院通過した国民投票法案をめぐる民主党の対応について、「ずっと円満にやってきたのに、(最終段階で)突然反対に変わったのは党利党略だ」と批判した。公明党の斉藤鉄夫政調会長も「トップの判断で駄目になった。選挙が近いということもあったのだろう」と指摘した。

 これに対し、民主党の浅尾慶一郎政調会長代理は「民主党は修正案を採決前日に出した。議論すべきだった」と反論。同党の高木義明国対委員長もNHK番組で「巨大与党が数の横暴でこうしたことを続けるのは大変憂慮すべきだ」と述べ、与党の対応を非難した。

 また、国民投票の投票権を18歳以上に付与することに伴う選挙権年齢の引き下げについて中川氏は「18歳以上にするよう努力する」と語った。 

<Yahoo Newsより>

 いやぁ、生で見たかったですね、この番組。いやホントに中川(昭)氏はスパッと芯を突いてくださいます。某幹事長は……いいやもう、どうでも。
 で、この中川(昭)氏、恩家宝氏の訪日に関しても『こっちはナンバーワンが行ったのに、向こうは何故にナンバースリーが来る!?』と批判なされておりますが、まったくもってその通りだと思います。というか、畏れ多くも天皇陛下に謁見して『評価する』なんてのたまう恩家宝氏、いかがなものか。私も言葉というものにそれほど明るくはありませんし、中国語のニュアンスというものも存じませんのでなんとも言いようが無いのですが、新聞記事などにある『評価する』ってこれ、目上の人間が目下のものに対してすることではないんでしょうか。『評価を下す』わけですしね。ちなみに『評価』という言葉を辞書で引いてみましたところ、『ある事物や人物について、その意義・価値を認めること(大辞泉)』とありました。つまり恩家宝とかいう御仁が畏れ多くも天皇陛下に対して『価値を認めてやる』とか言ってるんです。あり得ませんよ。引用するならするで『陛下のお心遣いに感謝しております』くらいのこと言えないんですか? 中川(昭)氏の言うように、『中国側の考えは「中華思想」であり、外国指導者の訪中に関して昔の「朝貢」のような感覚を持っている』んではないかと勘ぐってしまいます。(引用はYahoo News;時事通信 4月15日配信)
 閑話休題。
 ともわれ散々議論してきて、民主案もできるだけ汲み取り、まとまるかな、どうかなぁというところで自民と違うというところを見せたいが為だけに法案に反対。これを党利党略と言わずなんと言いましょう。
 というか、対案出しておきながら国会をサボタージュして、で、いざ採決となったら『うちは修正案出したのに審議されてない。拙速だ。十分議論されてない』と訳分からんことをのたまう民主党。だったら最初っからサボタージュするなよと言いたくなります。議論拒否して『十分議論されてない』ってあーた、ガキじゃないんですから。日本という国の国会議員には、せめて大人を選んでいただきたいと、心からそう思うわけであります。
 反対するだけの対案はもう結構。というか、憲法は改正できるけどその手段が無い、その異常を正すために成立させるべき法律も、党内事情かなんなのか知りませんが二転三転して成立できない。そんな酔っ払い運転をする『とろ烏賊体制』の各指導者方、それに牽引される民主党に政権を任せられるはずがありません。民主保守系と旧社会系で意見が対立し、結局一つの法案すら成立できない、なんてことにもなりかねませんからね。無意味な政府は必要ないのですよ。

 さて、このように日本国内の一部政治屋様方に呆れっぱなしの今日この頃でございますが、呆れさせるのがデフォルトの隣国のこの方は今日も元気にヤッているようです。
 こちらをご覧ください。

<以下引用>

盧大統領、日本に過去の歴史反省と実践求める
4月16日9時53分配信 YONHAP NEWS

【ソウル15日聯合】盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は15日、「日本がこれまで示してきた過去の歴史に対する反省の意をそのまま受け入れるとしても、これに相応する実践が伴わなければ真剣さを疑われることになる」と述べた。盧大統領は、外交通商部の下に設けられた非営利財団の東アジア財団が発行した英文ジャーナル「グローバルアジア」に、特別寄稿文を寄せた。その中で、日本自ら良識と合理的な知恵をもって過去の歴史問題を前向きに解決すると信じ、この問題を公式議題や争点として提起しなかったが、そうした期待は実現しなかったと述べている。
 日本軍の従軍慰安婦問題についても、日本の指導層の一部が最近公開的に否定するなど、これまでの反省までを覆す言行が韓国の国民をいたたまれなくしていると言及した。国際社会が批判するのは、日本のこうした動きが人類の普遍的な価値を否定し未来を暗くするからだと指摘した。

 盧大統領は、過去の歴史に対し反省せず歴史をゆがめれば、排他的な民族主義をもたらし、国と地域を紛争の渦に巻き込む可能性もあるとした。逆に、歴史に対する正しい理解は開かれた民族主義を可能にし、周辺国との和合と協力の共感を築くと強調している。

 平和と繁栄の北東アジア共同体建設を目指し、▼経済的な協力と統合の新たな秩序構築▼北東アジアに多者安保協力体制構築▼北東アジア共同体形成における米国の役割▼過去の歴史秩序と歴史認識に対する共通の土台作り――の4つの課題を挙げた。

<Yahoo Newsより>

 ……この方、たった半年前に自分が何したか憶えてないんでしょうか。というかもういいよ、この馬鹿は。頼むから退場してくれよ、ハングルの面汚し殿。
 ……いや失敬。思わず本音が出てしまいましたが……。
 思い返せば昨年十月。日韓首脳会談を見計らったのかは存じませんが、その直前に北朝鮮が核実験をしやがりました。これを受けて安倍首相は日韓共同で抗議声明を提起しようとしましたが、あろうことかアノ馬鹿はその話を遮って延々と歴史認識問題の話を繰り広げてくれやがりました。その現状が見えてない愚行、その後のとんちきっぷりと合わせて各所で語られているわけなんですが、それでいて『日本自ら良識と合理的な知恵をもって過去の歴史問題を前向きに解決すると信じ、この問題を公式議題や争点として提起しなかった』とかほざいていらっしゃいます。ホントどの口が言うのでしょう。もしかしたら彼には三つ、四つくらい口が付いているのかもしれません。よく二枚舌なんて言いますが、三つも四つも口があるんじゃ、そらペラペラと嘘も申しましょうよ。どうしましょう、今韓国では人間でない何者かが大統領の座についています、何とかしてください。
 あぁ、ご幼少のみぎりに何の根拠も無く『朝鮮(韓国)人は優秀だ』と聞いて喜んでいた記憶があります。
 ……愚かでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

やっぱし『人道上の懸念』なの……?

珍しくの連日投稿、東雲です。

 さて、その昨日の記事なんですが……。
 すみません、ちょっと早とちりしちまいまして、既に共同文書が出たものとして書いちまいました。
 考えたら11日に会談するのに、10日の時点で共同文書が出るわけありませんものね。
 そんなわけで数箇所修正してアップしなおしました。ご迷惑をおかけしたことお詫び申し上げます。

 さて、んでもってその日中首脳会談の共同文書に関してなのですが、このような記事を見かけました。

<以下引用>

北朝鮮拉致 日中首脳の共同文書、「人道上の懸念」明記 協力確認へ  
4月11日8時0分配信 産経新聞

 11日の安倍晋三首相と中国の温家宝首相との首脳会談後に発表する共同文書で、北朝鮮による拉致事件を「人道上の懸念」と明記し、中国側ができる限りの協力を行うことを盛り込むことが10日、明らかになった。「拉致」という文言は盛り込まないが、首脳会談の中で「人道上の懸念」に拉致を含むことを確認する方向だ。

 日中両政府は10日までの調整で、共同文書の概要をほぼ固めた。最終的に合意すれば、安倍首相が訪中した昨年10月の日中首脳会談と同様、「共同プレス発表」という形で発表することも確認した。

 関係筋によると、日本側は拉致を明記し、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議で議長国を務める中国の積極的な対応を促したい考えだった。しかし、中国側は北朝鮮を刺激する可能性を踏まえ、「拉致」への言及に慎重姿勢を示していた。

 両国が折り合った「人道上の懸念」は、北朝鮮による昨年10月の核実験を受けた国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議にも盛り込まれた。このときも「拉致」の明記を求める日本に中国が難色を示した。

 一方、共同文書では、台湾問題をめぐる文言の調整がまだ決着していない。中国側は、平成10年に中国の江沢民国家主席(当時)が来日した際に発表した日中共同宣言に盛り込まれた「中国は1つであるとの認識を表明する」と同様の文言を明記するよう求めている。だが、日本側は改めて確認する必要はないと拒否している。

 このほか、共同文書では戦略的互恵関係の具体化や国連改革をめぐる協力、東シナ海ガス田の共同開発に向けた協議の加速などを列挙する。

<Yahoo Newsより>

 はっきりと『拉致』が明記されることを期待したんですが、やっぱし無理なんでしょうか。『人道上の懸念に対して協力する』、聞こえはいいんですが、『人道上の懸念』と言ってしまえばそこには思想の弾圧やら飢餓やら、まあいろいろと含まれるわけです。つまり『人道上の懸念』とはそういったことを意味し、その中に『拉致』は含まない、と中国が言ってしまえば、実質『拉致』に関して彼らは関与しないということになるのであります。
 首脳会談ではぜひ『人道上の懸念』に『拉致』を含むことを明確にしていただきたい。決して『日本の方々の怒りを理解し、深く同情する』とかそういったそれっぽい、それでいて何の益体も無い言葉にごまかされないようお願いいたします。
 それと台湾の扱いについてなんですが……。いいんじゃないですか? もう『二つの中国』と認識して。わざわざ親日的な台湾を否定して反日的な中国を肯定する理由が私にはさっぱり分かりません。以前から思うのですが、何故に日本は中、韓など反日国家のことばかり考え、他の親日アジア諸国を軽視するんでしょうか。いや、もしかしたら何がしかの支援、協力をしているのかもしれませんが、メディアなどでは中中韓韓。ODAだって中韓は要らんでしょう。経済的にも国家政策的にも。もっと親日的な国家に対して支援を行った方が、今後の日本のためになると思うんですが。やっぱり『お前らは払って当たり前』とふんぞり返られるより、『ありがとう』と言われるほうが嬉しいですもんねぇ。
 今回の日中首脳会談が、きちんと『日本』の利益にかなうものであることをお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火)

留年するから自殺てお前……

 すっかり暖かくなってまいりました昨今、いかがお過ごしでしょうか。東雲です。

 ようやっと年度初めのスケジュールも一段落し、まだ多少すべきことが残っておりますが、これからはもう少し頻繁にブログを更新できるのでは、なんて思っていたりします。

 さて本日のお題ですが、気になったニュースを何本か取り上げてみたいと思います。

<以下引用>

天皇陛下 イラクのマリキ首相と会見
4月10日10時9分配信 毎日新聞

 天皇陛下は9日、来日中のイラクのマリキ首相と皇居・宮殿で会見した。マリキ首相が「治安面で厳しい状況にあり、断固たる措置をとるつもりです」と語ると、天皇陛下は「首相としてご苦労が多いことと察します」とねぎらった。また、マリキ首相が日本の復興支援に謝意を述べ「(民族、宗派間の)和解に向けたいい動きもあります」と話すと、天皇陛下は「国づくりが進み、イラク国民が平和に、幸せに暮らせることを願っています」と述べた。 

<Yahoo Newsより>

 毎度思うんですが、天皇陛下のことを記事にする際には陛下に対して敬語を使うべきではないんでしょうか。一部取り上げれば「ねぎらった」を「ねぎらわれた」、「述べた」を「述べられた」という風にするのが普通かな、と。
 毎とか朝などに特に顕著に見られるのですが、とかく天皇陛下に対してきちんと敬語が使われていないことがあります。少なくとも言語を専らとして扱う記者の方々にはきちんとした言葉の利用をしてもらいたいと思うわけです。

<以下引用>

「強制動員の証拠は明白」=慰安婦問題で米議会報告書-韓国紙
4月10日11時0分配信 時事通信

 【ソウル10日時事】10日付の韓国紙・朝鮮日報は、米議会調査局が従軍慰安婦問題について「日本政府と日本軍が慰安婦の強制動員に介入した証拠が明白だ」とする報告書を発行したと報じた。
 報告書はミャンマーにいた約20人の韓国人女性の証言記録などを基に作成され、「日本軍が女性の募集から慰安所の運営に至るまですべての段階に介入していた」と指摘。「大部分の女性が慰安所へ強制的に収容されたことに疑いの余地がない」などと結論づけているという。

<Yahoo Newsより>

 もうね、勘弁して欲しいんですよね、いい加減。まあ情報の出所が朝鮮日報ですんで、実際のところどうなのかは知りませんが。
 それにしたって『ミャンマーにいた約20人の韓国人女性の証言記録などを基に作成』なんて『記憶違いや意図でいくらでも変わる』証言記録を根拠のトップにもってくることはないんじゃないかと。もうどれくらい言われてるんですか、証言だけじゃ根拠にならないって。新たに一次資料が見つかったっていうなら別ですが、学術レベルでは当に『無かった』とされている問題です。もしこの記事が本当なら、どれだけ調査能力が無い国なんですか、アメリカっていう国は。
 ……まあ、イラクに大量殺戮兵器があるといって未だに見つけられない国ですから、きちんと調査をしろという方が無理なのかもしれませんが。というか、ブッシュは覚えているんでしょうか、イラクに大量殺戮兵器があると言い放ったこと。とにかく論点をずらそうとしているようにしか見えませんが。
 閑話休題。
 ともかくそろそろ真っ当な調査、検証というものをしてみませんか?

<以下引用>

中国が「拉致」解決に協力、日中共同文書に初の明記へ
4月10日3時9分配信 読売新聞

 11日に来日する中国の温家宝首相と安倍首相との首脳会談で、作成する予定の共同文書の骨格が明らかになった。

 昨年10月の日中首脳会談で合意した両国の「戦略的互恵関係」をさらに発展させることを明記。閣僚級の「ハイレベル経済対話」を開始することや、日本産米の中国への輸出解禁、中国からの「トキ」提供などを盛り込む。北朝鮮による拉致問題に関しては、中国が「必要な協力を提供する」との文言を盛り込む方向だ。日中の共同文書で拉致問題について触れるのは初めてとなる。

 ハイレベル経済対話については、日本の麻生外相と中国の曽培炎副首相が議長を務め、資源・エネルギーや環境、知的財産権保護など、幅広い協力を話し合う場とする。歴史問題に関しては、「過去の不幸な教訓に学ぶ」などとして、日中の有識者による歴史共同研究、旧日本軍の遺棄化学兵器の処理などを進めることを表明する。 

<Yahoo Newsより>

 散々渋っていたようですが、どうやら共同文書で『拉致』が明記されるようです。諸国が『拉致』に対して協力する旨を表明している以上、ここで乗っておかなければ周りから浮くのは目に見えています。ある意味当然といえば当然でしょう。まあ、これが某K国だったらどうなっていたかは分かりませんが。
 しかし、中国はこれを口実に日本からなんだかんだせしめようとしてるんじゃないかと考えてしまう辺り、私は心が汚れているんでしょうか?
 だってほら、「戦略的互恵関係」だとか「ハイレベル経済対話」なんてまあ、親中派が喜んで口実に使いそうな言葉がぽこぽこと。アメリカにもWTO提訴されることですし、知的財産権保護の協力あたりがどうなっていくのかなぁと今からちょっと不安です。歴史問題にしたって、見る限り『始めに結果ありき』といった風情でございますが、はてさて。
 麻生外相にはしっかりと、日本の国益を守るために頑張っていただきたいと思います。

そして最後はこの記事を。

<以下引用>

<高崎経済大>准教授を懲戒免職 ゼミ女子学生の自殺で
4月10日0時40分配信 毎日新聞

 高崎経済大学(群馬県高崎市)は9日、指導方法に問題があり、ゼミ生の経済学部2年の女子学生(当時20歳)を自殺に追い込んだとして、同学部の男性准教授(38)を懲戒免職処分とした。学生の自殺を理由に教員が懲戒免職処分を受けるのは異例という。また、管理責任者の木暮至学長を減給10%(2カ月)、石井伸男経済学部長を同(1カ月)とした。
 大学によると、准教授は昨年6月、ゼミ生に夏季の宿題として高度な課題を課し、女子学生は一部を提出していなかった。准教授は12月、未提出の3人に「提出しなければ留年」などとメールを送信。期限の1月15日夕、未提出の2人のうち女子学生だけに催促のメールを送った。女子学生は「留年すると分かっています。人生もやめます」と返信。同夜、同県みどり市の渡良瀬川に投身自殺した。
 大学の調査委員会はゼミ生や他の教員からの事情聴取で、宿題が2年生としては難解で留年通告が女子学生を自殺に追いやったと結論付けた。また、准教授は他の学生に度を越したセクハラ発言などの暴言があったという。准教授は「間違ったことはしていない」と反論しているという。【伊澤拓也】 

<Yahoo Newsより>

 亡くなった方を否定するような発言は、正直好きじゃありません。それが自分であっても他人であってもです。しかし、今回のことで教員が萎縮し、きちんとした指導ができなくなってしまう、そんな可能性がある以上、この記事を取り上げずにはいられませんでした。
 まず記事について見てみようと思いますが、大学側の話では准教授が昨年6月に出した課題を、どの程度の『一部』かは分かりませんが12月になっても提出せず、それに対して准教授が『出さなきゃ留年』と通達したと、そういう話です。で、期限の日にメールで『まだ出せないのか?』とメールしたところ、『人生やめます』と返信されたと。
 この准教授としては驚きだったんじゃないでしょうか。私ももう長いこと学生をやっております。難解な課題を出されたり、『出さなきゃ留年』と言われたこともありますとも。しかし自殺しようと考えたことはございませんでした。
 普通、課題が分からずに提出できないとなれば、その准教授に質問ないし相談しに行くでしょう。准教授に聞けなかったとしても、ゼミ生なら先輩もいるはずです。さらに、12月の時点で3人だった未提出者が1月に2人に減っていたことから、少なくとも1人は課題を提出したことが分かります。であるならば、難解だったとしても何らかの手段を講じれば解ける課題だったと推察されます。
 
 聞けよ、分かんなきゃ!
 『留年するから自殺する』ってふざけんな!
 
 ……と、思わず口汚く罵ってしまうのですが、この准教授も同じような気持ちじゃないんでしょうか。だってそうでしょう。聞きに来るなりなんなりすれば、おそらく解決口は開かれたと思います。教員は意味も無く留年させるなんてことは無く、またできる限り留年させないように考えます。でなければ、わざわざ期限の日にメールで催促メールなんか出しゃしません。何にもせずに単位表に『落第』と付けるだけですよ。催促メールの内容がどのようなものか存じませんので確証はありませんが、この女子学生が課題を提出できなかったとしても、それを謝罪しに来たときには、何かしらの救済措置を取ろうとしていたんじゃないでしょうか、この准教授は。それを『留年するから自殺する』って、非常識にもほどがあります。なんですかこの不貞腐れたような返信は。ルールに違反したら誠意を持って対処するのが、人として当たり前じゃありませんか。
 かつて大学学部生だった頃、とかく厳しいと言われる教授と話す機会がありました。その教授、まず一番最初に授業おいて『開始五分後に教室の鍵を閉める、それ以降に来た学生は授業を受ける資格が無い』と宣言することで有名でございました。まあ当たり前といえば当たり前なんですが、いかんせん甘々生活を送っております学生です。五分十分の遅刻は当たり前。そこで件の教授、宣言どおり教室の鍵を閉めて授業をしてらっしゃったそうなんですが、遅刻してきた学生がドアをガチャガチャやっております。そこでその教授、ドアへ向かっていったらしいんですが、学生はドアが開かないと知るとさっさと引き返して帰ってしまったそうです。『普通ああいう場合は遅れてきたことを謝って中に入れてもらうべきだろう』とぶちぶちぼやいていたことが、やけに笑えた覚えがあります。事実、他にも遅れてきた学生がおり、そちらはきちんと謝罪して中に入れてもらったそうです。
 ルール破れば謝罪する。これは至極当たり前のことであり、大抵の教員はそれに対する救済措置を考えています。もちろんルールを違反した時点で本来ならばアウトですので、救済措置を講じない教員もいるにはいますが、それはもうルールを違反したことが悪いと思うしかないでしょう。いずれにせよ、そうした筋も通さず、不貞腐れたように死んでみせるなど、もう卑怯としか言いようの無い所業であると考えます。
 『留年すると分かっています』なんて返信しているようですが、冗談じゃない。それを決めるのはこの准教授です。セクハラだの暴言だのは問題があると思いますが、少なくともこの件に関しては「間違ったことはしていない」という彼の反論は正しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年4月 4日 (水)

せめて高校生までは

連続投稿二本目!
というわけで珍しく同日二本目の投稿でございます。
明日のために取っておけば、と思われるかもしれませんが、前々から言われておりましたテーマなのでどうしても取り上げたいと、そう思った次第でございます。

さらに本報から文体を『ですます系』の口語で構成しなおそうかと考えております。
いや、最初は『さぶいぼ』が、とか思っていたんですが、書いてみるとそれほどでもなく、偉そうな文体のほうが書きやすいかな、と思ってみたものの実際やってみると勢いで書けず。
実際それが遅筆の一因であったわけでもありまして、本報からは気分一新しようかと思い立った次第でございます。
そんなわけで今後ともお付き合いくだされば幸いです。

というわけで、今回のテーマはこれ。
<以下引用>

子育て終えたら「働きたい」女性9割超す、現実は半分
4月3日19時38分配信 読売新聞

 小学生以上の子供を持つ30~40歳代の女性の9割以上が働くことを希望しているが、実際に働いている人は半数前後にとどまり、理想と現実に大きな開きがあることが、内閣府が3日公表した「女性のライフプランニング支援に関する調査」で明らかになった。

 既婚女性に理想の働き方を聞いたところ、子供が「3歳以下」で、働くことを希望する人は42・2%だった。子供が「4歳から小学校入学」では、働く希望が72・3%に急増し、「小学生」では90・6%、「中学生以上」では95・1%に達した。

 これに対し、実際に働いている女性は、子供が「4、5歳」で37・4%、「6~11歳」で44・1%、「子どもが12歳以上」で54・7%にとどまった。 

<Yahoo Newsより>

女性がどんどんと社会に進出している昨今、男性と同様に仕事に遣り甲斐や、さらには生き甲斐を感じる女性も多いものです。そして実際、男性よりも『やる』女性というのはざらに見られるご時勢になってまいりました。(いや、もともと場が無く力が発揮できていなかっただけかもしれませんが)
そんな中で出産、育児後また働きたいという女性の増加は自然であると思います。子を要らないなどと言ってしまう女性もいる中、子を成し、そしてまた仕事に復帰したいと願うそのバイタリティは尊敬に値するものであります。
しかし、上の記事を見る限り、その時期が早すぎるのではないか、と思うのであります。……いや失礼。上の記事の書き方がまずいのかもしれませんが、『子育て終了』の認識が早すぎるのではないか、ということです。

子どころか結婚もしたこと無い若造がこのような話をするのは少し違うかもしれませんが、私は『子育て終了』というタイミングがもしあるとするならば、それは高校卒業であると考えています。
これは別に高卒ならそこそこ就職があるから、とかそういった理由ではなく、その時点で子が人間として成立するということです。
もちろん人による差異はありますが、大体の人間が中~高生にかけて一個人となることを考慮すると、このタイミングを『子育て終了』とするのが妥当ではないでしょうか。

さてこんなことを言うと『一個人となる』ってなんだ? と思われる方もいるかもしれませんが、これは第二次成長期、すなわち思春期を終えることを意味します。
一般に思春期には、身体的な成長はもちろん、精神的にも爆発的な成長が起こります。中でもアイディンティティの確立、要は自分が自分であると認識することは、『一個人となる』上で重要であります。

自分と他者が違うと認識し、自分が自分であると認識する。至極当たり前のように聞こえますが、実は思春期までの子供というのはこの辺りがあいまいであったりします。
集団心理、という言葉がありますが、これは合理的な是非もなく、ただなんとなくで周りと同一の認識になる、そのようなことを示します。
もちろん成人にも見られる現象でありますが、個人が確立していない子供に多く見られ、特に小、中学生の女子に強くその傾向が見られます。
小、中学校時代を思い出してみてください。女子のグループがいくつか存在し、クラスのほとんどの女子はそこに所属していませんでしたか? そこでは同一の価値観が存在し、別の価値観をもつ人間がいじめなどで排他される、そんなことはありませんでしたか?
成人ではおおっぴらにできないようなそういったことが、小、中学校では行われているのです。自分と相手が同じ価値観を抱いていると考えてしまい、違う価値観を持っていることが知れると裏切られたと感じてしまう。成人なら『他人は他人』と考えるでしょうが、この頃の子供はなかなかそう思えません。自分が自分で他人と違うという、そういった認識があいまいなために、そのような変な共同意識を持ってしまうのです。
例えるならば歩き始めた赤ん坊でしょうか。
歩き始めた(第一次成長期(3歳程度)で自我を持ち始めた)はいいが、その足取りはふらふらで危なっかしい。ともすれば倒れそうになる、そんな赤ん坊。
あなたなら、こんな赤ん坊を放っておけますか?
思わず手を差し伸べたくなるんではないでしょうか。
きちんと歩ける(アイディンティティが確立する)まではなかなか目が離せないなぁ、とそう思ってしまうんじゃないでしょうか。
さらに小から中、高に上がるにつれて、環境は激変します。それにともない、思考や悩みも激変するのです。
そんな時、親の手が借りられなかったら。

私は別に子を成した後で仕事をすることを否定するつもりはありません。女性にも大いにその腕を奮っていただきたいと思います。
しかし、少なくとも高校を卒業する辺りまでは子供は人間として不完全であり、親が歩行器として助けてあげなくてはならないと思うのもまた事実です。
然るに上の記事は『子育て終了』の時期を早く判断しすぎているのではと思うのです。

男性、女性の区別をつける気はさらさらありませんが、どちらか片方の親でも家にいてくれたなら、子にとっては良いのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

そろそろ歴史、はっきりさせよう?

またも二週間、下手すると三週間ぶりの更新、いかがお過ごしでしょうか東雲です。
年度末でごちゃごちゃとあった上、風邪こじらせてちょっちヤバイ辺りまで逝ってまいりましたが、なんとか復帰することができました。
本格的再開はもう少し先になりそうですが、しばらくはこれまでよりも高い頻度で記事が更新できそうです。

さて、本日のお題であるが、朝鮮半島関連で二本取り上げてみようと思う。

まずはこちらをごらん頂きたい。
<以下引用>

日本の教科書問題を批判、北朝鮮外務省が談話
4月4日9時27分配信 YONHAP NEWS

【ソウル3日聯合】北朝鮮外務省は3日に報道官名義の談話を発表し、日本の高校歴史教科書検定問題について「教科書歪曲(わいきょく)は周辺国や国際社会に対する露骨な愚弄(ぐろう)であり挑戦だ」と強く非難した。
 朝鮮中央通信が報じた。報道官は、安倍政権は犯罪の過去をよみがえらそうとしているとし、「不純な目的を達成するためには卑劣な手段を使い、自らの罪過を認めることは死ぬより嫌だという安倍政権こそ、陰謀と偽善の典型だということを証明している」と主張した。歴史は歪曲したからといって変えられるものではなく、犯罪は否定したからといって消えるものではないということを日本当局はよく知るべきだと強調したほか、安倍政権が時代錯誤で愚かな行動をやめなければ日本には前途はなく、破滅の結果を招くだけだと強く述べた。

<Yahoo Newsより>

いやはや驚いた。
某氏的に言えば「ふー、びっくりした。」というもんだろう。
いやもう何に驚いたかって、日本の教科書歪曲とか言うものを北朝鮮が言うというこの事実である。
北朝鮮の教科書といえば「日帝野郎」だの「倭奴」だのといった卑称がふんだんに盛り込まれ、金正日を地球儀にある日本を塗りつぶすだけでこの地に天変地異を起こせる神の如きと吹聴し、算数の教科書には「3人の『日本兵』を殺しました。残りは何人でしょう」とわざわざ書かれていたりする、そんなものである。もはや歪曲だのなんだのといった次元ではないのだが、まさか『歴史教科書』じゃないから良いとでもいうつもりなのだろうか。んなわきゃない。
そんな教科書を書く彼らが「不純な目的を達成するためには卑劣な手段を使い、自らの罪過を認めることは死ぬより嫌だという安倍政権こそ、陰謀と偽善の典型だということを証明している」とか言っているのだから、本当に『どの口が』という話だ。
何だろう、以前書いた卒業式の日教組といい、北に関係のある連中のこの二面性。自分の信ずるものだけ真。後は全部偽と考える精神構造。
私は元来輻輳説を信仰しているのだが、これを見るとどうも人間の発達は環境論に支配されているのではとすら思えてくる。

そしてもう一報。
<以下引用>

安倍首相に謝罪要求、国会議員47人が公開書簡
4月3日13時27分配信 YONHAP NEWS

【ソウル3日聯合】国会議員47人が、日本の安倍晋三首相が第2次世界大戦当時の日帝による慰安婦強制動員を否定したことに対し、公開書簡を送付し謝罪を要求した。開かれたウリ党の蔡秀燦(チェ・スチャン)議員が3日に国会で記者会見を行い明らかにした。安倍晋三首相首相が日本軍の慰安婦強勢を明確に認めなければ関連当事国で共同調査団を構成するとし、日本は国の名をかけて慰安婦に謝罪し賠償しなければならないと要求したという。公開書簡にはウリ党のほかハンナラ党、民主党、統合新党の集まり、民生政治の集まりに所属する議員47人が署名した。

<Yahoo Newsより>

ああもう、恥ずかしいなぁもう。
強制動員した証拠が無いのは確かであり、それに反発したければまずその証拠を示せという話なのだが、どうにも『立証』という言葉が彼らの辞書からは抜け落ちているらしい。しかもそれを言っているのがそこらの幼稚園児でなく国政に携わる国会議員だというのだから情けない。というか、一人や二人でなく47人もの『議員先生』が退去してやってるというのだから、いやはや我が祖国の未来は暗い。
別に良識を持てなんていうつもりはさらさら無い。ああ、そんなことこそ今さらだ。そんな無茶を彼らに言うつもりなんて毛頭無い。ただ、せめて『常識』を持って行動して欲しいと思うのは、果たして私の我が侭だろうか。

これらはいずれも歴史をはっきりさせなかったための弊害である。この責任は、韓国や朝鮮、中国などはもちろん、日本にもあるだろう。言い訳に聞こえるかもしれないが、日本が頑として無根拠の話を否定していれば、ここまで大事にはならなかったと推測できる。我が祖国の現国民はまだ証拠もなしにぎゃあぎゃあ騒いでいるかもしれないが、少なくとも某国で慰安婦非難決議案などという戯けた提案がなされることも無かっただろう。

関連当事国で共同調査団を構成する、大いに結構なことである。
ぜひ日中韓の他、アメリカや東南アジアなど『当事国』を含めて調査団を構成し、きちっとした証拠、第一次資料に基づいた歴史認識を構築していただきたい。
そろそろ、歴史の真実をはっきりさせてよい頃であると私は思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »