« やっぱし『人道上の懸念』なの……? | トップページ | 謹んでご冥福をお祈りいたします »

2007年4月16日 (月)

野党第一党を『酔っ払い運転』ってどうよ?

先日国民投票法案が衆院を通過し、『やっとか』なんて思っておりました東雲ですが、このような記事を見つけましたのでご覧ください。

<以下引用>

国民投票法案 反対は党利党略 中川氏、民主を批判
4月16日8時0分配信 産経新聞

 自民党の中川昭一政調会長は15日、フジテレビなどの討論番組に出演し、先に衆院通過した国民投票法案をめぐる民主党の対応について、「ずっと円満にやってきたのに、(最終段階で)突然反対に変わったのは党利党略だ」と批判した。公明党の斉藤鉄夫政調会長も「トップの判断で駄目になった。選挙が近いということもあったのだろう」と指摘した。

 これに対し、民主党の浅尾慶一郎政調会長代理は「民主党は修正案を採決前日に出した。議論すべきだった」と反論。同党の高木義明国対委員長もNHK番組で「巨大与党が数の横暴でこうしたことを続けるのは大変憂慮すべきだ」と述べ、与党の対応を非難した。

 また、国民投票の投票権を18歳以上に付与することに伴う選挙権年齢の引き下げについて中川氏は「18歳以上にするよう努力する」と語った。 

<Yahoo Newsより>

 いやぁ、生で見たかったですね、この番組。いやホントに中川(昭)氏はスパッと芯を突いてくださいます。某幹事長は……いいやもう、どうでも。
 で、この中川(昭)氏、恩家宝氏の訪日に関しても『こっちはナンバーワンが行ったのに、向こうは何故にナンバースリーが来る!?』と批判なされておりますが、まったくもってその通りだと思います。というか、畏れ多くも天皇陛下に謁見して『評価する』なんてのたまう恩家宝氏、いかがなものか。私も言葉というものにそれほど明るくはありませんし、中国語のニュアンスというものも存じませんのでなんとも言いようが無いのですが、新聞記事などにある『評価する』ってこれ、目上の人間が目下のものに対してすることではないんでしょうか。『評価を下す』わけですしね。ちなみに『評価』という言葉を辞書で引いてみましたところ、『ある事物や人物について、その意義・価値を認めること(大辞泉)』とありました。つまり恩家宝とかいう御仁が畏れ多くも天皇陛下に対して『価値を認めてやる』とか言ってるんです。あり得ませんよ。引用するならするで『陛下のお心遣いに感謝しております』くらいのこと言えないんですか? 中川(昭)氏の言うように、『中国側の考えは「中華思想」であり、外国指導者の訪中に関して昔の「朝貢」のような感覚を持っている』んではないかと勘ぐってしまいます。(引用はYahoo News;時事通信 4月15日配信)
 閑話休題。
 ともわれ散々議論してきて、民主案もできるだけ汲み取り、まとまるかな、どうかなぁというところで自民と違うというところを見せたいが為だけに法案に反対。これを党利党略と言わずなんと言いましょう。
 というか、対案出しておきながら国会をサボタージュして、で、いざ採決となったら『うちは修正案出したのに審議されてない。拙速だ。十分議論されてない』と訳分からんことをのたまう民主党。だったら最初っからサボタージュするなよと言いたくなります。議論拒否して『十分議論されてない』ってあーた、ガキじゃないんですから。日本という国の国会議員には、せめて大人を選んでいただきたいと、心からそう思うわけであります。
 反対するだけの対案はもう結構。というか、憲法は改正できるけどその手段が無い、その異常を正すために成立させるべき法律も、党内事情かなんなのか知りませんが二転三転して成立できない。そんな酔っ払い運転をする『とろ烏賊体制』の各指導者方、それに牽引される民主党に政権を任せられるはずがありません。民主保守系と旧社会系で意見が対立し、結局一つの法案すら成立できない、なんてことにもなりかねませんからね。無意味な政府は必要ないのですよ。

 さて、このように日本国内の一部政治屋様方に呆れっぱなしの今日この頃でございますが、呆れさせるのがデフォルトの隣国のこの方は今日も元気にヤッているようです。
 こちらをご覧ください。

<以下引用>

盧大統領、日本に過去の歴史反省と実践求める
4月16日9時53分配信 YONHAP NEWS

【ソウル15日聯合】盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は15日、「日本がこれまで示してきた過去の歴史に対する反省の意をそのまま受け入れるとしても、これに相応する実践が伴わなければ真剣さを疑われることになる」と述べた。盧大統領は、外交通商部の下に設けられた非営利財団の東アジア財団が発行した英文ジャーナル「グローバルアジア」に、特別寄稿文を寄せた。その中で、日本自ら良識と合理的な知恵をもって過去の歴史問題を前向きに解決すると信じ、この問題を公式議題や争点として提起しなかったが、そうした期待は実現しなかったと述べている。
 日本軍の従軍慰安婦問題についても、日本の指導層の一部が最近公開的に否定するなど、これまでの反省までを覆す言行が韓国の国民をいたたまれなくしていると言及した。国際社会が批判するのは、日本のこうした動きが人類の普遍的な価値を否定し未来を暗くするからだと指摘した。

 盧大統領は、過去の歴史に対し反省せず歴史をゆがめれば、排他的な民族主義をもたらし、国と地域を紛争の渦に巻き込む可能性もあるとした。逆に、歴史に対する正しい理解は開かれた民族主義を可能にし、周辺国との和合と協力の共感を築くと強調している。

 平和と繁栄の北東アジア共同体建設を目指し、▼経済的な協力と統合の新たな秩序構築▼北東アジアに多者安保協力体制構築▼北東アジア共同体形成における米国の役割▼過去の歴史秩序と歴史認識に対する共通の土台作り――の4つの課題を挙げた。

<Yahoo Newsより>

 ……この方、たった半年前に自分が何したか憶えてないんでしょうか。というかもういいよ、この馬鹿は。頼むから退場してくれよ、ハングルの面汚し殿。
 ……いや失敬。思わず本音が出てしまいましたが……。
 思い返せば昨年十月。日韓首脳会談を見計らったのかは存じませんが、その直前に北朝鮮が核実験をしやがりました。これを受けて安倍首相は日韓共同で抗議声明を提起しようとしましたが、あろうことかアノ馬鹿はその話を遮って延々と歴史認識問題の話を繰り広げてくれやがりました。その現状が見えてない愚行、その後のとんちきっぷりと合わせて各所で語られているわけなんですが、それでいて『日本自ら良識と合理的な知恵をもって過去の歴史問題を前向きに解決すると信じ、この問題を公式議題や争点として提起しなかった』とかほざいていらっしゃいます。ホントどの口が言うのでしょう。もしかしたら彼には三つ、四つくらい口が付いているのかもしれません。よく二枚舌なんて言いますが、三つも四つも口があるんじゃ、そらペラペラと嘘も申しましょうよ。どうしましょう、今韓国では人間でない何者かが大統領の座についています、何とかしてください。
 あぁ、ご幼少のみぎりに何の根拠も無く『朝鮮(韓国)人は優秀だ』と聞いて喜んでいた記憶があります。
 ……愚かでしたね。

|

« やっぱし『人道上の懸念』なの……? | トップページ | 謹んでご冥福をお祈りいたします »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野党第一党を『酔っ払い運転』ってどうよ?:

« やっぱし『人道上の懸念』なの……? | トップページ | 謹んでご冥福をお祈りいたします »