« ホント、河野とか言う男は | トップページ | せめて高校生までは »

2007年4月 4日 (水)

そろそろ歴史、はっきりさせよう?

またも二週間、下手すると三週間ぶりの更新、いかがお過ごしでしょうか東雲です。
年度末でごちゃごちゃとあった上、風邪こじらせてちょっちヤバイ辺りまで逝ってまいりましたが、なんとか復帰することができました。
本格的再開はもう少し先になりそうですが、しばらくはこれまでよりも高い頻度で記事が更新できそうです。

さて、本日のお題であるが、朝鮮半島関連で二本取り上げてみようと思う。

まずはこちらをごらん頂きたい。
<以下引用>

日本の教科書問題を批判、北朝鮮外務省が談話
4月4日9時27分配信 YONHAP NEWS

【ソウル3日聯合】北朝鮮外務省は3日に報道官名義の談話を発表し、日本の高校歴史教科書検定問題について「教科書歪曲(わいきょく)は周辺国や国際社会に対する露骨な愚弄(ぐろう)であり挑戦だ」と強く非難した。
 朝鮮中央通信が報じた。報道官は、安倍政権は犯罪の過去をよみがえらそうとしているとし、「不純な目的を達成するためには卑劣な手段を使い、自らの罪過を認めることは死ぬより嫌だという安倍政権こそ、陰謀と偽善の典型だということを証明している」と主張した。歴史は歪曲したからといって変えられるものではなく、犯罪は否定したからといって消えるものではないということを日本当局はよく知るべきだと強調したほか、安倍政権が時代錯誤で愚かな行動をやめなければ日本には前途はなく、破滅の結果を招くだけだと強く述べた。

<Yahoo Newsより>

いやはや驚いた。
某氏的に言えば「ふー、びっくりした。」というもんだろう。
いやもう何に驚いたかって、日本の教科書歪曲とか言うものを北朝鮮が言うというこの事実である。
北朝鮮の教科書といえば「日帝野郎」だの「倭奴」だのといった卑称がふんだんに盛り込まれ、金正日を地球儀にある日本を塗りつぶすだけでこの地に天変地異を起こせる神の如きと吹聴し、算数の教科書には「3人の『日本兵』を殺しました。残りは何人でしょう」とわざわざ書かれていたりする、そんなものである。もはや歪曲だのなんだのといった次元ではないのだが、まさか『歴史教科書』じゃないから良いとでもいうつもりなのだろうか。んなわきゃない。
そんな教科書を書く彼らが「不純な目的を達成するためには卑劣な手段を使い、自らの罪過を認めることは死ぬより嫌だという安倍政権こそ、陰謀と偽善の典型だということを証明している」とか言っているのだから、本当に『どの口が』という話だ。
何だろう、以前書いた卒業式の日教組といい、北に関係のある連中のこの二面性。自分の信ずるものだけ真。後は全部偽と考える精神構造。
私は元来輻輳説を信仰しているのだが、これを見るとどうも人間の発達は環境論に支配されているのではとすら思えてくる。

そしてもう一報。
<以下引用>

安倍首相に謝罪要求、国会議員47人が公開書簡
4月3日13時27分配信 YONHAP NEWS

【ソウル3日聯合】国会議員47人が、日本の安倍晋三首相が第2次世界大戦当時の日帝による慰安婦強制動員を否定したことに対し、公開書簡を送付し謝罪を要求した。開かれたウリ党の蔡秀燦(チェ・スチャン)議員が3日に国会で記者会見を行い明らかにした。安倍晋三首相首相が日本軍の慰安婦強勢を明確に認めなければ関連当事国で共同調査団を構成するとし、日本は国の名をかけて慰安婦に謝罪し賠償しなければならないと要求したという。公開書簡にはウリ党のほかハンナラ党、民主党、統合新党の集まり、民生政治の集まりに所属する議員47人が署名した。

<Yahoo Newsより>

ああもう、恥ずかしいなぁもう。
強制動員した証拠が無いのは確かであり、それに反発したければまずその証拠を示せという話なのだが、どうにも『立証』という言葉が彼らの辞書からは抜け落ちているらしい。しかもそれを言っているのがそこらの幼稚園児でなく国政に携わる国会議員だというのだから情けない。というか、一人や二人でなく47人もの『議員先生』が退去してやってるというのだから、いやはや我が祖国の未来は暗い。
別に良識を持てなんていうつもりはさらさら無い。ああ、そんなことこそ今さらだ。そんな無茶を彼らに言うつもりなんて毛頭無い。ただ、せめて『常識』を持って行動して欲しいと思うのは、果たして私の我が侭だろうか。

これらはいずれも歴史をはっきりさせなかったための弊害である。この責任は、韓国や朝鮮、中国などはもちろん、日本にもあるだろう。言い訳に聞こえるかもしれないが、日本が頑として無根拠の話を否定していれば、ここまで大事にはならなかったと推測できる。我が祖国の現国民はまだ証拠もなしにぎゃあぎゃあ騒いでいるかもしれないが、少なくとも某国で慰安婦非難決議案などという戯けた提案がなされることも無かっただろう。

関連当事国で共同調査団を構成する、大いに結構なことである。
ぜひ日中韓の他、アメリカや東南アジアなど『当事国』を含めて調査団を構成し、きちっとした証拠、第一次資料に基づいた歴史認識を構築していただきたい。
そろそろ、歴史の真実をはっきりさせてよい頃であると私は思う。

|

« ホント、河野とか言う男は | トップページ | せめて高校生までは »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ歴史、はっきりさせよう?:

» 結婚式の電報 NTT以外でも打てるのね♪ [晴耕雨読]
これまで行った結婚式って、大人になってからなら3回、かな。いとこの結婚式と、同じ職場だった高校の先生の結婚式と、小・中学校からの友人の結婚式。ちなみに、小・中学校からの友人の結婚式は、新郎も新婦も私の友達。ていうか、悪友?しかも新婦... [続きを読む]

受信: 2007年4月 4日 (水) 16時54分

« ホント、河野とか言う男は | トップページ | せめて高校生までは »