« 野党第一党を『酔っ払い運転』ってどうよ? | トップページ | 落書いてみた (1) »

2007年4月20日 (金)

謹んでご冥福をお祈りいたします

 まずは16日のバージニア工科大銃乱射事件で亡くなられた被害者の方々、17日に銃撃され、亡くなられた伊藤一長長崎市長のご冥福をお祈りします。

 このような身勝手かつ卑劣な犯罪が、場所は違えど立て続けに起こったことには怒りを禁じえません。こういった犯罪を犯す輩には死刑ですら生ぬるい、そう私は思うわけであります。本来なら許されざる発言なのでしょうが、こういった卑怯極まりない犯罪を犯す連中に、何故人権を認めてやらねばならないのかと、ついつい思ってしまうのです。
 特にこのような記事を見てしまうと、もう百度殺しても殺し足らない、そんな感情を抱いてしまいます。

<以下引用>

<米大学乱射>チョ容疑者が自ら動画撮影 英雄視発言も
4月19日11時17分配信 毎日新聞

 【ブラックスバーグ(米バージニア州西部)和田浩明】米NBCテレビは18日夕(日本時間19日朝)、バージニア工科大銃乱射事件で自殺したチョ・スンヒ容疑者(23)が自らを撮影した動画や写真を放映した。同容疑者は事件に直接言及しないまま自分を被害者視し、「(乱射を)やらざるをえない」と話した。写真には2丁のけん銃を構える姿などが写っていた。同容疑者が2回の乱射の間に撮影し、米NBCテレビへ送ったとみられる。富裕層への怒りを示し、「弱い者を助ける」など自分を英雄視する発言も含まれている。
 同容疑者は「お前たちは私の心を踏みにじった」「追い詰められた」「お前の高級車にはウンザリだ」と話し、少数派の韓国系であるための被害者意識を示唆。「自分のためではなく、子供や兄弟姉妹のためにやった」「キリストのように弱い者を鼓舞するため死ぬ」などと独白し、自分を少数派を救う英雄のように描いている。 

<Yahoo Newsより>

 ふざけるな

 これがこの記事を見た際に思った、唯一のことでした。というか、これ以外に何を言えというのか分かりません。これまで二十数年間生きていて『呆れてものが言えない』なんてことも多々ございましたが、これは尋常じゃございませんでした。『ものが言えない』どころか『思考がまとまらない』というのは、さすがに初めての経験です。
 「お前たちは私の心を踏みにじった」「追い詰められた」など被害者意識丸出しで、それでいて「キリストのように弱い者を鼓舞するため死ぬ」。何を言ってるんだこの馬鹿は。イエスが罪無い人々を無差別に殺したか。なんら信念もなにも無い無差別殺戮者が、こともあろうに『汝の敵を愛せ』と垂訓したイエスのようにだと。侮辱するにもほどがある。こんな猟奇的殺戮犯に奮起させられる『弱く無防備な人々』も、それをして欲しいと思った『子供や兄弟姉妹』もいるまいよ。こんな馬鹿げた犯行声明で自身の愚行が何か神聖なものになるのだと、本気で思っていたのかこの男は。
 以下にYahoo News;毎日新聞 4月19日11時50分配信の記事から抜粋した、米NBCテレビに送り付けられた動画にあるチョの発言を示します。

<以下抜粋>

 お前たちには、今日(の惨劇)を避ける1000億回のチャンスと方法があったんだ。だがお前たちは私の血を流すことを決めた。お前たちは私を追い詰め、たった一つの選択肢を私に与えた。決めたのはお前たちだ。いまお前たちの手は二度と流し落とせない血に塗られるんだ。
 私はやらなくたってよかったんだ。去ってもよかった。逃げられたかもしれない。だが私はもう逃げない。私のためでなければ、私の子どもたち、兄弟姉妹のだめだ。彼らのためにやったんだ。
 お前たちは私を苦しめるために愛したんだ。お前たちは私の頭の腫瘍を愛し、私の心にある恐れを愛し、私の魂を引き裂き、哀れな1人の少年の人生を消し去った。ありがとう、お前たちのおかげで私は、弱く無防備な人々を奮起させるため、キリストのように死ぬ。
 顔につばを吐きかけられ、のどまでゴミを押し込まれる気持ちがわかるか。自分自身の墓を掘る気持ちを知っているか。舌が耳から耳まで切り裂かれるのがどんな気持ちか、わかるか。生きたまま火をつけられるのがどんな気持ちか、わかるか。屈辱を与えられ、十字架に突き刺され、お前たちの楽しみのために、血を流しながら死ぬまで放置される気持ちが、わかるか。
 お前たちは人生で少しの痛みも感じることはない。お前たちは私たちの人生に、みじめな気持ちを味わわせることを望んでいる。なぜなら、お前たちにはそうする力があるからだ。お前たちは望む物をすべて持っている。お前の高級車も、金のネックレスも、投資ファンドもたくさんだ。ウオツカもコニャックも、お前たちのぜいたくざんまいも、たくさんだ。お前たちはすべてを持っている。時が満ちた時、私はやった。やらざるをえなかった。

 一段落目にて『自分に責任は無い、お前らが悪いんだ』と言い放ち、二、三段落目にて『子供たち、兄弟姉妹のため』『弱く無防備な人々を奮起させるため』と自己犠牲を装い自己陶酔、挙句何もかもに難癖をつけて自らの愚行を正当化する。
 なんて醜い。
 何の意味も無く殺された、それだけで十分悲劇であるのに、それをやったこの男は実のところ、『自らが人を殺す』なんていう責任をこれっぽっちも持ってはいなかった。これほど哀れなことがありましょうか。もちろん『自分自身が他人を殺す』覚悟があるからといって罪無い人に対し殺戮を行うことが許されるはずがありません。しかし、すべての責任すら他者に擦り付けて無差別殺戮という異常な愚行を犯すという、もはやこの屑をののしる言葉すら思いつきません。
 重ねて、今回被害にあわれた方々のご冥福をお祈りします。

|

« 野党第一党を『酔っ払い運転』ってどうよ? | トップページ | 落書いてみた (1) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謹んでご冥福をお祈りいたします:

« 野党第一党を『酔っ払い運転』ってどうよ? | トップページ | 落書いてみた (1) »