« 風が吹いたら軍靴の音が…… | トップページ | 環境破壊大国チャイナ »

2007年5月16日 (水)

選挙のためには手段を選ばず?

 とゆーわけでありまして、先日の国民投票法可決からなにやらごちゃごちゃとヒダリっぱな方々が騒いでいるなんてことをレポートしたわけでございますが、その採択において賛成票を投じた渡辺秀央氏に対する処分が決定したようです。
 こちらをご覧ください。

<以下引用>

<民主党>国民投票法採決 渡辺氏を厳重注意の軽い「処分」
5月15日20時11分配信 毎日新聞

 民主党は15日の常任幹事会で、国民投票法を採決した14日の参院本会議で党議拘束に違反して与党案に賛成した渡辺秀央元郵政相を、郡司彰参院国対委員長による口頭の厳重注意とすることを決めた。同党の倫理規則で定めた7段階の処分は幹事長注意が最も軽いが、今回は規則にもない極めて軽い「処分」となった。平野達男氏ら欠席者4人は参院に欠席届を出しており処分しない。
 鳩山由紀夫幹事長は記者団に「国民投票法の中身は、党の中にも基本的にいいと思う人もいた」と指摘。厳しい処分を科せば、こうした党内の不満派を刺激しかねないと判断したようだ。
 一方、渡辺氏は14日、記者団に「選挙戦術の道具で党の賛否を決めた。非常に不純だ」と批判。小沢一郎代表が与党案への反対方針を主導したのは、護憲を掲げる社民党との選挙協力を優先したためとの見方を示した。これに対し、小沢氏は15日の常任幹事会で「選挙を軽んじる風潮があるが、選挙は主権者たる国民の意思表示の最大の場であり、唯一の場だ」と不快感を示した。【須藤孝】

<Yahoo Newsより>

 いやあ、漢ですねぇ渡辺氏。
 鳩山氏も言いますように、『国民投票法の中身は、党の中にも基本的にいいと思う人もいた』わけでありまして、それを考慮せず、とにもかくにも反対と言っているのですから、これを政争の具にしたと批判されても仕方ないわけであります。
 加えて党議拘束を破ったにもかかわらず極めて軽い『処分』しかできないというヘタレっぷり。どうですか。党内の不満派を考慮して、ということのようですが、だったらいっそ党議拘束かけなかったほうが良かったんじゃねぇの? とか思うのは私だけでしょうか。
 こんなフラフラフワフワのヘタレ政党が日本の野党第一党で、さらには政権奪取とか息巻いているんですから、いやはや世も末でありますなぁ。
 でもってその酔いどれトロ烏賊体制の主犯格、小沢一郎氏でありますが、『選挙を軽んじる風潮があるが、選挙は主権者たる国民の意思表示の最大の場であり、唯一の場だ』と不快感を示したんだそうであります。
 ……いやいやオザッち? 別にだーれも選挙を軽んじちゃあいないと思うんですけどね? ただ真摯にあたるべき重要な法案を政争の具にするとは何事かと、渡辺氏はそう言っていると思うんですがいかがですか?
 というか、選挙を軽んじる風潮があるかどうかは別として、選挙を重んじるがゆえにこれまでの議論内容なんぞ全てうっちゃっていいと、小沢氏はそう言うつもりなんでしょうか。
 まさに目的のためには手段を選ばずといった様相でございますが、ただ対立軸が欲しいためだけに意見が二転三転するような政党を、一体誰が支持するというんでしょうかね。

|

« 風が吹いたら軍靴の音が…… | トップページ | 環境破壊大国チャイナ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選挙のためには手段を選ばず?:

» 国民投票法に想う(2) [浅見貴一のここだけの話]
国民投票法の成立過程は、統一地方選挙までは、今までにない画期的な進め方であったよ [続きを読む]

受信: 2007年5月16日 (水) 18時35分

« 風が吹いたら軍靴の音が…… | トップページ | 環境破壊大国チャイナ »