« ほー 日米関係良好ですか | トップページ | 言うべきことをちゃんと言ったよ »

2007年6月27日 (水)

言うべきことをなぜ言わない?

 昨日26日、ついに米下院外交委員会で慰安婦対日非難決議案が可決したようです。昨年と二回目の可決だそうですが、今回はこの採決が行われる直前の安倍首相のコメントを紹介したいと思います。
 
 こちらをご覧ください。

<以下引用>

「日米関係揺るぎない」=慰安婦決議案で安倍首相
6月26日19時1分配信 時事通信

 安倍晋三首相は26日夕、米下院外交委員会での従軍慰安婦問題に関する対日謝罪要求決議案の採決について「先に訪米した際に、わたしの考えは既に述べている。それに付け加えることはない。米議会が判断することであり、コメントすべき事柄ではない」と言及を避けた。日米関係への影響に関しては「日米関係はかけがえのない同盟関係として揺るぎないと確信している」と強調した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

<Yahoo Newsより>

 なぜ『ふざけるな』と言ってやらない?
 『明確な根拠のない本決議案が可決された場合、堅固であるべき日米の友好関係に重大な懸念が生ずる』程度のことがなぜ言えないんですか?
 そんなアメリカ様の顔色を伺うようなことばかりしているから舐められてしまうんですよ。『日本人はバカにしたって付いてくる』なんて意識が連中にあるから、こいつがあるにもかかわらず『日米関係は良好』なんて楽天的に見る輩が67%やら86%もいるんじゃないですか。『こんなバカなことしたら日本が怒り出す』という危機感を持たせられないで何の外交努力ですか。
 そも決議案の内容には既に何度もされてるような事実誤認の『日本政府に公式かつ明確な謝罪』だけでなく『教育の徹底』も含まれてるんですよ。
 また根拠のない自虐史観を刷り込んで日本の子供たちに平身低頭させるつもりですか。根拠のない話を信じるなぞ、化学屋として日本の将来が心配ですよ。てか、何が教育改革か。
 
 日米関係があらゆる点で重要であることは存じております。できるならば強固なままで、というのは、当然誰でも考えることだと思います。
 しかし単なるイエスマンというのはいかがなものでしょうか。同盟国がバカやってるなら、全力をもってこれを諌める、でなければ、真の信頼関係なぞ構築できないと思います。

|

« ほー 日米関係良好ですか | トップページ | 言うべきことをちゃんと言ったよ »

コメント

とにかく慰安婦問題については、小林よしのり著『戦争論2』の「総括・従軍慰安婦」を読んでみてほしい。
あらゆる関連本の中で最も良い。
この問題の全容も把握できる。

投稿: 加藤 | 2007年6月27日 (水) 14時15分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言うべきことをなぜ言わない?:

« ほー 日米関係良好ですか | トップページ | 言うべきことをちゃんと言ったよ »