« 安倍政権はスケープゴートか | トップページ | これって単なる育児放棄じゃ? »

2007年6月15日 (金)

まいぽんホントにもういいよ

 とゆーわけで本日三投目でございます。
 
 ……いやもうなんといいますかね、この種の記事見ますと本当に我慢ならんのですよ。
 赤の他人に、民族の顔に泥塗られるなんて黙っていられんのですよ。
 ……もっとも、今の半島の連中は自ら泥パックしてくれちゃってるわけですが……。
 
 ともわれこちらをご覧ください。

<以下引用>

日本の議員ら、慰安婦問題でワシントンポストに広告
6月15日9時59分配信 YONHAP NEWS

【ワシントン14日聯合】従軍慰安婦問題に対する日本政府の謝罪を求める決議案が米下院で係留されるなか、日本の国会議員40人余りがワシントン・ポストの全面広告を通じ、慰安婦の動員に日本政府や軍の強制はなかったと主張した。
 日本の自民党と民主党、無所属の議員45人と教授、政治評論家、ジャーナリストらが共同で出した「事実」(THE FACTS)と題する広告で、当時の日本政府や日本軍が慰安婦動員に介入したという文書は見つかっておらず、日本軍が若い女性を性奴隷にしたとして日本を糾弾している米下院マイク・ホンダ議員の慰安婦決議案の内容は歴史的事実と異なると反論している。特に日本政府と軍は当時、女性を拉致して慰安婦にさせてはならないという命令を出しており、女性を慰安婦として連れ去ったブローカーが警察に摘発され処罰されたという韓国メディアの報道もあると指摘した。

 また、慰安婦が通常「性奴隷」と描写されているが、実際には許可を受けて売春行為をしており、慰安婦の収入は日本軍の将校よりも多かったと強調した。こうした売春行為は当時、世界的にも普遍的なものであり、米軍も1945年の日本占領後、米軍兵士による女性暴行を防ぐために衛生的で安全な「慰安所」を設置するよう日本政府に要請したとしている。

 一連の主張に対し、ホンダ議員の代理人を務める弁護士は「広告の主張はこれまで数十年間にわたり繰り返されてきた正確でないもの」とし、これらの主張はすでに誤りであることがわかっており、説得力もなく論評の価値もないと切り捨てた。

<Yahoo Newsより>

 ……頼む、まいぽん。これ以上民族に恥をかかせてくれるな。
 自ら恥をかこうとする連中がわんさといるのに、赤の他人にまで恥をかかされたんでは、まっこと堪らん。
 もっとも『赤の他人』じゃないなんて噂もあるが、いずれにせよこれ以上恥をかかせてくれるなホントに。

 といいますか、『広告の主張はこれまで数十年間にわたり繰り返されてきた正確でないもの』『これらの主張はすでに誤りであることがわかっており、説得力もなく論評の価値もない』って何ですか?
 その根拠がどこにあるんですか?
 もちろんあるんですよね、そう言い放つ『根拠』ってものが?
 『当時の日本政府や日本軍が慰安婦動員に介入したという文書は見つかっていない』ことが誤りであるという根拠とはすなわち、そういった文書が見つかったということでありますから、当然まいぽんはそういった文書をお持ちであられるわけでございますよね?
 少なくとも『無いものを無い』と証明することよりは遥かに楽なわけでございますから、近日中にこれを証明してくれるんですよね?
 まさかここまで言い張っておいて『証言』やら『河野談話』やらがその根拠だとか言いませんよね?
 
 いやぁ、楽しみです。
 どうやらまいぽんはこれまでいくら探しても見つからなかった『当時の日本政府や日本軍が慰安婦動員に関与した客観的な証拠』を提示してくれるそうですよ?

|

« 安倍政権はスケープゴートか | トップページ | これって単なる育児放棄じゃ? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まいぽんホントにもういいよ:

» 平沼元経産相らが米紙に「慰安婦強制性否定」の全面広告 [子育ちパパの航生日誌☆2.0]
Yahoo!ニュース - 時事通信 - 慰安婦強制性否定の全面広告=日本の議員・言論人有志−米紙6月15日8時1分配信 時事通信 【ワシントン14日時事】戦時中の従軍慰安婦問題で、日本の超党派国会議員有志や言論人グループなどが14日付の米紙ワシントン・ポストに、慰安婦らが日本軍によって強制的に慰安婦にされたことを示す歴史文書は存在しないなどとする全面広告を出した。 この広告は「事実」と題され、平沼赳夫元経済産業相(無所属)、島村宜伸元農水相(自民)、河村たかし衆院議員(民主)ら超党派の議員グループの... [続きを読む]

受信: 2007年6月15日 (金) 20時17分

« 安倍政権はスケープゴートか | トップページ | これって単なる育児放棄じゃ? »