« 安倍首相はも少ししっかり | トップページ | よく見てるよね、エコノミスト »

2007年7月31日 (火)

対日非難決議案採択 安倍首相またヘタれるのか?

 とゆーわけで本日(米国30日)、自称従軍慰安婦対日非難決議案が米下院で採択されました。
 いやもう呆れてものが言えないというか、そんなもの光速くらいですっ飛ばしてもう罵詈雑言があふれ出て止まらないような状況でございます。自称『じぇんとるまん』の東雲といたしましては口汚い言葉は使いたくないなぁ、と心にもないことを思うなどという器用な真似をしているわけでございますが、ともかくそれだけ呆れ果てているということが伝わりましたら幸いです。
 
 まずは関連記事を引っ張ってまいりましたので、こちらをご覧ください。

<以下引用>

<慰安婦問題>米下院が対日謝罪要求決議を採択
7月31日11時20分配信 毎日新聞

 【ワシントン及川正也】米下院は30日の本会議で、第二次大戦中のいわゆる従軍慰安婦問題をめぐる対日謝罪要求決議を採択した。同決議の本会議採択は初めて。決議に法的拘束力はないが、参院選で惨敗した安倍政権の外交政策や日米関係に影響が出る可能性もある。
 決議は発声投票により圧倒的賛成多数と認められた。採決に先立つ討論でラントス下院外交委員長(民主)は「日本政府が明確な謝罪を拒んでいることに、日米関係を重視するすべての人が困惑している。日本国内で続く歴史をねじ曲げようとする試みはとても不愉快だ」と批判した。
 決議は日系のマイケル・ホンダ議員(民主)が1月末に提出。旧日本軍が若い女性を「慰安婦という性奴隷制」のもとに強要したと非難し、日本政府に「明瞭(めいりょう)かつ明確な方法での公式謝罪」などを要求している。
 決議は6月26日の下院外交委員会で一部修正のうえ賛成39、反対2で可決。ペロシ下院議長(民主)も支持していた。
 日本政府は「決議は客観的な事実に基づいておらず、日米関係に悪影響を与える」と採決しないよう繰り返し要請。日系のダニエル・イノウエ上院議員(民主)も「94年以来、歴代首相が謝罪してきた」と決議に反論する声明を上院に提出している。
 与党・共和党を中心に慰安婦決議が日米関係に悪影響を及ぼすことを懸念する見方も強く、31日の下院外交委ではブッシュ政権が主導する「対テロ戦争」への日本の貢献を評価する決議案が可決される見通しだ。
 米議会では過去に慰安婦決議が4回提出されたが、本会議の採決には至らなかった。

「従軍慰安婦」で日本に公式謝罪要求、米下院が初の決議
7月31日11時28分配信 読売新聞

 【ワシントン=五十嵐文】米下院は30日午後(日本時間31日未明)の本会議で、旧日本軍によるいわゆる従軍慰安婦問題で日本に公式謝罪を求める決議案を採択した。

 慰安婦問題をめぐる対日批判決議の下院本会議での採択は、初めて。決議に法的拘束力はないが、安倍首相にとっては参院選での与党惨敗に続き、外交上の痛手が重なった。

 決議は、1930年代から第2次大戦にかけて、旧日本軍が若い女性を「性的奴隷」にした「慰安婦制度」について、「20世紀最大の人身売買事件の1つ」と位置づけた上で、日本政府に公式かつ明確な謝罪や、歴史教育の徹底などを要求している。

 決議は日系アメリカ人のマイケル・ホンダ議員(民主党)が1月に代表提案者として提出し、外交委員会で6月26日に39対2の賛成多数で可決された。共同提案者は30日現在で167人に達した。

慰安婦決議案採択 米下院
7月31日9時33分配信 産経新聞

 【ワシントン=有元隆志】米下院は30日の本会議で、慰安婦問題に関する対日非難決議案を採択した。決議に法的拘束力はないが、日本政府に公式謝罪を求めている。決議案の共同提案者は下院議員総数435人のうち167人に上ったものの、決議案が採決された際に本会議場にいたのは、わずか10人程度。発声による投票の結果、出席者から異論は出なかったため採択された。
 ペロシ議長ら下院指導部は、参院選に影響を与えることを避けるため、採決の日程を選挙後の30日に設定した。上院には提出されていない。
 この日、ラントス外交委員長(民主党)が趣旨説明を行った後、決議提案者のホンダ下院議員(民主)らが演説した。共和党からもロスレイティネン外交委筆頭理事らが賛成演説を行った。反対演説はなかった。
 ホンダ議員は採択後の記者会見で、「決議は日本政府に対し、公式で明確な謝罪を慰安婦に行うよう求める強いメッセージだ」と述べ、日本政府の公式謝罪を求めた。
 慰安婦問題をめぐっては、安倍晋三首相が4月末に訪米した際、ペロシ議長ら議会指導者との会談で、「人間として首相として心から同情している。そういう状況に置かれたことに申し訳ない思いだ」と語った。
 ブッシュ大統領は首脳会談後の共同記者会見で、「首相の謝罪を受け入れる」と首相の対応に理解を示しており、日米政府間では事実上解決済みとなっている。
 これまで慰安婦決議案は4回提出され、昨年秋には外交委で可決されたものの、本会議では採決されず廃案になった。
 一方、下院外交委員会は31日、アジア・太平洋地域の安定強化や、テロとの戦いにおける日本の役割について謝意を示す決議案を採決する。ラントス委員長やホンダ議員も共同提案者となっている。慰安婦決議で日本非難をしたため、日本への謝意を示すことでバランスをとるねらいがあるとみられる。

従軍慰安婦決議案、米下院が満場一致で採択
7月31日10時22分配信 YONHAP NEWS

【ワシントン30日聯合】米下院は30日、日本政府に対し従軍慰安婦の強制動員の事実を認め、公式な謝罪を求める決議案を採択した。日系のマイク・ホンダ議員が1月に提出したもので、下院議員435人のうち168人が署名した上で共同発議した。決議案は採決にはかけられず、満場一致で採択された。
 決議案に法的な拘束力はないが、日本軍による慰安婦強制動員を否認している日本政府の主張の不当性を、世界で最も影響力が大きく、日本にとって最大の友好国である米国の議会が公式に確認したという点から大きな意味がある。

 ラントス下院外交委員長は決議案の支持発言を通じ「いかなる国も過去を無視することはできない」と述べ、従軍慰安婦に強制の事実はなく自発的に売春行為をしたとする日本の主張は「強姦(ごうかん)」という言葉の意味を知らない強弁だと指摘した。また、歴史を歪曲(わいきょく)、否認し、犠牲者をなじるような日本の一部勢力の動きについて「吐き気がすること」と非難した。特にワシントン・ポスト紙に掲載された、日本の慰安婦が自発的に売春を行ったとする内容の意見広告については「憤怒すべき主張だ」とし、世界は日本が非人道的行為をすべて認め、全面的に責任をとることを待っていると強調した。

 決議案を発議したホンダ議員は、歴史的過誤に対する和解の一歩は傷を癒すことだとし、日本政府が従軍慰安婦の苦痛に対し明確に公式の謝罪をすべきだと主張した。ホンダ議員は、米下院での証言に立った元慰安婦の勇気に敬意を表するとした上で、「米下院はきょう、慰安婦が受けた侮辱に対し、日本政府が公式で明確な謝罪をすべきとのメッセージを送ることになった」と述べた。

 決議案は、慰安婦問題が20世紀最大の人身売買事件のひとつであり、日本の新しい教科書が慰安婦の悲劇や日本の戦争犯罪を縮小しようとしていると批判した。また、日本政府に対し、日本軍が強制的に若い女性を性奴隷にした事実を明確に認め謝罪し、歴史的な責任を取ること、日本軍による強制動員を否定する意見に対し公開の場で反論すること、現代と未来の世代を対象に関連した教育を行うことを要求している。日本政府の謝罪方法については、疑惑が解消するよう首相が公式な声明を通じて発表することを勧告した。

日米同盟の重要性確認へ決議案=両国関係に配慮-下院外交委
7月31日11時1分配信 時事通信

 【ワシントン30日時事】戦時中の旧日本軍従軍慰安婦問題で対日謝罪要求決議を採択した米下院外交委員会が31日、日米同盟の重要性を宣言する超党派決議案を採決に付すことが30日分かった。
 共和党のサックス議員が提出した決議案には、慰安婦決議提出者である日系のホンダ議員(民主)や日本の保守勢力批判の急先鋒(せんぽう)となったラントス下院外交委員長(同)らも共同提案者として名を連ねており、慰安婦決議採択による対日関係への影響に配慮する米議会のバランス感覚を示す形となっている。

<いずれもYahoo Newsより>

 もういろいろと凄ぅございますね。
 特にYonhap、アツすぎです。産経によれば本会議場に10人程度しかいなかった、しかも発声投票で『満場一致ニダッ!』
 いやまあ嘘じゃないかもしれませんが、それもどうよ。
 『世界で最も影響力が大きく、日本にとって最大の友好国である米国』なんてまあ大層な修飾語までつけての力の入れようで、『議会が公式に確認した』とまで言っております。
 はて、米上院で採択されたなんて情報はとんと聞いておりませんが。もちろん下院も議会ですが、米議会というなら上下両方欲しいところであります。ダニエル・イノウエ氏のようにちゃんと見えている方もいるようですから上院で通るってことはないと思いますが、万一上院でもこんなわけ分からん決議案が採択されるようであれば、今度こそ日本はアメリカとの関係を考え直さなくてはなりませんね。まあもっとも、上院の方には提出すらされてはいないようですが。
 果ては他紙と異なり『吐き気がする』『憤怒すべき主張』とまあ公人としてどうなのよ的口汚い台詞まで持ち出す始末。というか、そういう言葉を紙面に持ってくるというのもどうなのよ。もうとにかく誹謗中傷してやりたいという意思の表れなのかは知りませんが。
 こんな馬鹿げた決議案を採択しちまった米下院もまた無い事無い事言いたい放題でありまして、『日本政府が明確な謝罪を拒んでいる』(ラントス)と『94年以来、歴代首相が謝罪してきた』(ダニエル・イノウエ氏)という現実をすっぱり無視、『歴史をねじ曲げようとする試みはとても不愉快だ』と、そっくりそのまま返してやりたい台詞を吐いてくれるわけでございます。だから証拠がないんだよ、という批判もなんのその、『俺様だけが正しいんだ』というアメリカイズムを絶好調に振りかざしておられます。
 そも非人道的行為といえば『東京大空襲』や『原爆投下』ほど証拠が明確で残虐非道なものもないと思うのですが、これを連中は『必要なことだった』『戦争を終わらせた』と誇りに思っている。占領下において米国自身が慰安所を利用したことも、その設置の原因が米兵による暴行、強姦であることも華麗にスルー。まさにダブルスタンダードの本領発揮でございますな。
 一方で、さすがに対テロ戦のこともありますし日米関係が崩れるのはまずいと思ったのか『日米同盟の重要性を宣言する超党派決議案』『アジア・太平洋地域の安定強化や、テロとの戦いにおける日本の役割について謝意を示す決議案』を採決してお茶を濁すそうですが、いやはやなんともイヤラシイ。これにまいぽんやラントスが共同提案者として名を連ねているのもイヤラシイ。

 こんな口先程度の決議案、対日非難決議案とともに拒否し、政府には日米協力すら見直す覚悟で日本の誇りを守っていただきたい、それこそが『美しい国』を作る第一歩になると考えておるわけですが、それに対して政府、首相がヘタれているというんですから困ったもの。

<以下引用>

<慰安婦問題>日本政府は淡々と受け止め 米下院決議
7月31日11時51分配信 毎日新聞

 米下院での従軍慰安婦問題の決議採択について、日本政府は「予定されていたこと」(政府筋)と淡々と受け止めている。しかし、安倍晋三首相が4月の米国訪問で自ら米議会関係者と会談して理解を求めた経緯があるだけに、徒労感も漂う。外務省幹部も「淡々と見守るしかない」とあきらめ顔だ。

<Yahoo Newsより>

 なぜ声を大にして否定しないのか。
 政府、出来れば首相から決議に対する非難声明を出して欲しい、それだけの怒りをもってこの問題を見ているのだと、そういったメッセージを発して欲しい。それを今しなければ今後永遠に世界の誤解を解くことは出来ないと思うのです。
 なのに『予定されていたこと』などというヘタれっぷりを晒し、見ないフリをしようとする。今回の参院選の惨敗も、問題が起きたときの対応のまずさが響いたというのに、それが学習されていない。正直幻滅ここに極まれりといった感じでございます。
 昨日の記事で『今後はこれまでのようなヘタれっぷりではなく、毅然とした対応とがっちりとしたリーダーシップを示していただきたい』と書いたのですが、その矢先にこれではどうにも。
 これまでは『首相の失政ではない』との立場でありました東雲も、『もう首相変えたほうがいいんじゃねぇ?』と、どうしても思ってしまうわけであります。

|

« 安倍首相はも少ししっかり | トップページ | よく見てるよね、エコノミスト »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対日非難決議案採択 安倍首相またヘタれるのか?:

« 安倍首相はも少ししっかり | トップページ | よく見てるよね、エコノミスト »