« よく見てるよね、エコノミスト | トップページ | 誰か鏡を見せてあげて »

2007年8月10日 (金)

靖国行かず がっかりだ

 とゆーわけで夏の雰囲気にすっかりヘタレ気味の東雲です。
 ……てゆーか暑いよ。
 エアコンは電気代がものっそいことになりそうなんで扇風機全力作動でございますが、向かってくるのは灼熱の風。むっはー。
 
 とまあ、それはともかく。例のごとくニュースウォッチングをしておりましたところこんな記事を見かけました。ご覧ください。

<以下引用>

全閣僚が終戦記念日の靖国参拝見送り
8月10日13時7分配信 産経新聞

 安倍内閣の16閣僚全員が終戦記念日の15日に靖国神社に参拝しない意向を10日の記者会見などで表明した。
 終戦記念日の閣僚の大量参拝が始まった昭和30年ごろ以降、参拝ゼロの年は初めてになるとみられる。安倍晋三首相は昨年9月の就任以来、参拝していない。
 見送る理由として塩崎恭久官房長官は「私の信条でいつも決めていること」と説明。伊吹文明文部科学相は「宗務行政の所管大臣として、公平を期すため」と職務上の理由を挙げた。
 公明党の冬柴鉄三国土交通相は「宗旨が違うから」と明言した上で、他の閣僚の参拝について「信教の自由だが、枢要な地位にある人には隣人の気持ちをおもんばかる気持ちは必要」と述べ、首相、外相、官房長官の参拝は不適切との認識を示した。溝手顕正防災担当相は「行ったことがない」と述べた。
 山本有二金融担当相は「公的立場の参拝は歴史的経緯からアジアの政治的安定を害する」と語った。
 このほか、外遊など公務で参拝できないとしたのは麻生太郎外相、高市早苗沖縄北方担当相、柳沢伯夫厚生労働相ら。
 安倍首相は9日、記者団に対し「行く行かないについて明言する考えはない」と述べた。


<Yahoo Newsより>

 もうね、がっかりですよ。
 参院の大敗で気ぃ使ったんか公明党に気ぃ使ったんか知りませんがね、なんというかもうがっかりですよ。
 日本国行政府の人間がですよ? ただ一人として『日本』という国のために命を賭して戦った方々、その英霊に感謝と敬意を表せない。もはや閣僚としてどうかというよりも人としてどうよ、と思ってしまうわけですよ。
 
 まあ、外遊などであれば相手方の都合もございますし『靖国参拝するから外遊延期ね』とはいかないでしょう。

 しかし、『私の信条でいつも決めていること』って何だ塩崎。つまり自分のエゴそれだけで英霊を否定すると、そういう話か塩崎恭久。

 『宗務行政の所管大臣として、公平を期すため』というのもワケが分からん伊吹。その公平とやらは靖国行って二礼二拍手一礼する程度で崩れるほど柔なものなのか。じゃあアンタは在任中、追悼、婚礼などの一切の宗教的儀式に参加しないと、そういうのだな伊吹明文。
 いや楽しみです。伊吹は故宮沢氏の合同葬に出席しないそうですよ。
 まあその前に組閣して排除されればいいのかもしれませんが、任を解かれて一日二日で手のひらを返すはずもないですよね?

 加えて冬柴の『宗旨が違うから』。いやはやさすが池田教。
 まあでも『宗旨が違う』っていうのは、実は分からないでもないのですよ。特に死生観なんていうのは教義そのものを肯定、否定してしまうような話ですから。キリスト教徒に『輪廻転生』なんて言ったら怒られますよ。
 ま、本当にそういった観点から言っているのかは甚だ疑問ではございますが。
 しかしそれでもですね、日本のために戦った方々に敬意を表す、そのための儀式すらできないってどうなのさ。池田教ってのはそこまで厳格なものですか?
 加えて『信教の自由だが、枢要な地位にある人には隣人の気持ちをおもんばかる気持ちは必要』と。『隣人』を『特ア』に置き換えると非常に分かりやすいですね。まあ教祖様曰く『中国は父、韓国は兄、日本は弟』だそうですから、日本遺族の心中よりも特ア様の怒りを買わないほうが優先されるのでしょう。
 まったく、なぜ日本の国会には外国の国会議員がいるんでしょうかね。
 
 さらに山本有二。『公的立場の参拝は歴史的経緯からアジアの政治的安定を害する』ってあーた、もう聞き飽きたっちゅーねん。
 つか、靖国参拝でぎゃーぎゃー喚くの特アの連中だけだって。一部それ以外の国で『中国系人』などの話を聞いて、『ここでもやっぱり』なんていう連中はいるみたいですが。
 頼むから行政府の人間が特アを指してアジアとか言うな。
 
 そして真打、安倍晋三。もう敬称だの肩書きだのつけるのもアホらしくなってきましたよ。やるこたやるが、でもヘタレ。もう首相なんかせずにおとなしく参謀やってれば良かったんじゃないかとすら思う昨今。総裁選当時期待していただけにがっかり度倍増です。
 過去ログ見ていただければ分かるかと思いますが、最初は本当に期待していたんです。で、政調会長に中川昭一氏、外務大臣に麻生太郎氏でしょう? このラインならきっとやってくれると思っていたんですよ。その後いろいろ問題が発生し、それでも『いや、まだいける! やることはちゃんとやってる!』と、同情の念と頑張れという気持ちで見ていたわけですよ。
 だというのに肝心の安倍、ヘタレ化継続。参院選前後で私内支持率も急落というか暴落ですよ。ここで毅然と15日参拝決めてくれれば私内株価も持ち直したと思うのですが、いやはやホントにがっかりです。
 
 願わくは次の総理には毅然とした人間を選んでいただきたいものであります。

|

« よく見てるよね、エコノミスト | トップページ | 誰か鏡を見せてあげて »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 靖国行かず がっかりだ:

« よく見てるよね、エコノミスト | トップページ | 誰か鏡を見せてあげて »