« 自国で行かず、他国で慰霊 | トップページ | 狼少年が信じられるか »

2007年8月21日 (火)

相変わらずすっぱり言うね

 はい、連投三投目。まだまだ逝くよ~w
 とゆーわけで、今度は麻生外相に関する記事です。
 ご覧ください。

<以下引用>

アジアと違い「とげとげしくない」=麻生外相、日系人と懇談-ブラジル
8月21日11時1分配信 時事通信

 【サンパウロ20日時事】ブラジル訪問中の麻生太郎外相は20日、サンパウロ市で日系人団体代表と懇談し、ブラジル移民の労苦をねぎらった。その上で「日本と中南米(関係)はアジアと違ってとげとげしいことがない」と指摘。日系人らがはぐくんだ「善意の含み資産」を生かした中南米との関係強化を訴えた。
 また「日本とブラジルはそれぞれの国民が思う以上に大国となっており、さまざまな場面で協力できる」と述べ、来年の日本人移民100周年を機に両国関係が新時代を迎えるとの認識を示した。

<Yahoo Newsより>

 いやぁ、相変わらずいいですね、麻生首相。
 他の連中、特に媚中朝韓らでは口が裂けてもいえないようなことをすっぱりと言ってくれる御仁です。
 いやさすがですね。
 安倍にはぜひ閣下の爪の垢を煎じて飲んでいただきたい。
 
 それでも一つ気になるとすれば、比較を『アジア』としたことでしょうか。
 結局とげとげしいのはあくまで中朝韓の特ア三国で、それ以外のアジア諸国とはおおむね良好な関係にありますから。
 閣下にはぜひ『アジア』ではなく『特ア』と言って欲しかったです。
 
 ……まあ、さすがに外相という立場上問題はあるかもしれませんが、そうなったらそうなったで半島やら国内のヒダリっぱが『不適切だ!』『謝罪しる!』とか騒ぎ立てるんでしょうね。

|

« 自国で行かず、他国で慰霊 | トップページ | 狼少年が信じられるか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相変わらずすっぱり言うね:

« 自国で行かず、他国で慰霊 | トップページ | 狼少年が信じられるか »