« 靖国行かず がっかりだ | トップページ | 太陽と北風って両方とも実力行使? »

2007年8月16日 (木)

誰か鏡を見せてあげて

 とゆーわけでほぼ一週間ぶりの東雲です。
 所用で東京を離れておりましたが、ようやっと戻ってこれて一段落でございます。
 
 で、早速とばかりに溜まっていたニュース、ブログウォッチングをかましていたわけでございますが、そこでこんな記事を発見いたしました。
 ご覧ください。

<以下引用>

パール判事遺族との面会を批判=「政治的宣伝に利用」-福島・社民党首
8月15日19時0分配信 時事通信

 社民党の福島瑞穂党首は15日午後、安倍晋三首相がインド訪問の際、極東国際軍事裁判(東京裁判)でA級戦犯の無罪を主張した故パール判事の長男と面会することについて「東京裁判は無効だと言うためのパフォーマンスだ。政治的プロパガンダに使おうとしている」と批判した。

<Yahoo Newsより>

 もう、ね。
 どの口が言うのかと。
 きっと彼女は鏡を見たことがないんでしょうね。
 誰か小ジワの一本一本まで見られる大きな鏡をこの人に見せてあげてください。
 
 『戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案』でしたっけ?
 『従軍慰安婦』すら捏造、誤解であり、客観的な根拠がないのが現状というのに、わざわざ『戦時性的強制被害者』なんて分かりにくい言葉を作ってまで政治利用する法案。
 その発議者に名を連ねていたはずですがね、福島瑞穂。
 
 捏造してまで第二次大戦を未だ政治的プロパガンダに利用しているのはどちらかと、開いた口がふさがらないわけですよ。

|

« 靖国行かず がっかりだ | トップページ | 太陽と北風って両方とも実力行使? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰か鏡を見せてあげて:

« 靖国行かず がっかりだ | トップページ | 太陽と北風って両方とも実力行使? »