« 相変わらずすっぱり言うね | トップページ | まともになれよ 民主党 »

2007年8月21日 (火)

狼少年が信じられるか

 そんなこんなで連投四投目。……多いなぁ。
 さて今度は参院与党で反米政策を推し進めようかという民主党についてでございます。
 テロ対策特別措置法でぐちゃぐちゃ言ってる小沢率いる民主党、この件でこんなことをしているそうです。
 ご覧ください。

<以下引用>

<民主党>国際貢献のための「恒久法」議論へ
8月21日3時1分配信 毎日新聞

 民主党は20日、自衛隊の海外派遣など国際貢献のための「恒久法」制定に向けた議論を行う「総合安全保障調査会」の設置を決めた。21日に準備会合を開く。恒久法を小沢一郎代表が反対を表明しているテロ対策特別措置法の対案と位置づけ、「国際貢献に消極的」との批判をかわす狙いだ。

<Yahoo Newsより>

 そもそも国連待機軍の設置が持論の小沢ですから、まあそういう話も出てくるのかなぁとは思います。
 ですが現行で必要に迫られてるテロ対策特別措置法を否定して、新たにルールを構築し、
『私は国際貢献しますよ~』なんて言ってみたところで一体誰が信じてくれるというのでしょうか。
 特に同盟関係、協力なんていうのはどれだけ相手が信じられるかが重要なのであって、言動不一致ではそんな信頼を築けるわけがございません。
 アメリカからすれば『そんな新法なんていいからテロ特措法延長してくれよ』と言いたくなるでしょう。
 まして、『新法』を作るわけでなく、その『新法』を制定するための議論を行う『調査会』を設置する、と。
 当然『新法』が出来上がるのはだいぶ先の話になるわけで、そもそも旧社会党連中を抱える民主がそんな『新法』を提案できるのかすら危うい。
 いやはや、これでまた世界各国に『口と金だけ出すジャパン』なんて言われるんでしょうかねぇ。

|

« 相変わらずすっぱり言うね | トップページ | まともになれよ 民主党 »

コメント

初エントリーです。
これでもし、教育基本法や共謀罪の時のように否決を見越して「政権担当能力をアピール」する「ポーズ」をとるためだけに与党案より「より保守・先鋭的」な恒久法をテロ対策特別措置法の対案に出してきた際、与党側がテロ特措法廃止の条件として、「国際貢献活動は国連決議が前提」の後に「ただし例外として安保理が機能不全に陥った場合、決議不採択でもP5のうち3カ国以上を含む安保理メンバー15国の過半数以上の賛成と国会の事前承認、この二つを絶対前提条件として有志連合的PKOに参加可とする。」という文言を追加修正した恒久法の整備を丸呑みする構えに出たら、参院最大与党の奴ら、いったいどうするんでしょうかね。

投稿: bystander | 2007年8月22日 (水) 14時02分

bystander様、コメントありがとうございます。

 なるほど、否決を見越した『ポーズ』のための提案ですか。
 端から通るなんて思ってない民主党が、それでも否決されたら『うちは対案出したんだ! これを飲まない自民が悪い!』とそんなふうに吼えるわけですね。
 それがまかり間違って可決、となれば、まさに瓢箪から駒的状況でございますが、そうなったときの小沢一郎の慌てふためく顔を見て見たいものでございます。

 まあ、そうなったらそうなったで追加文言にいちゃもん付けてなかったことにするんでしょうが……。
 国民投票法も与党・民主党間でまとまるかなぁ、といったところまで行っておいて、手のひらを返したように『うちの提案丸呑みじゃなきゃ認めん!』でしたからね。

 加えて恒久法を『議論』することすら放棄した民主党ですから、すごく見てみたい気がする状況ですが実現する可能性が極めて低く、残念です。

投稿: 東雲一葉 | 2007年8月23日 (木) 01時17分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 狼少年が信じられるか:

» 小沢一郎代表,テロ特措法延長に反対を表明 メルケル独首相に [人生は面白い]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070830-00000911-san-pol>小沢氏は「全面的に賛成だ」と述べたが、インド洋への海上自衛隊の派遣については「軍隊の派遣は原則がはっきりしていなければいけない。国連がオーソライズしたものには積極的に関与すべきで、インド洋(への海自派遣)も、その観点から考えるべきだ。日本の最大の問題は、軍隊あるいは軍事力を海外に派遣する原則がないことだ」と述べ、反対の意向を示した。>海自派遣の根拠法であるテロ対策特別措置法の延長に... [続きを読む]

受信: 2007年8月30日 (木) 22時26分

« 相変わらずすっぱり言うね | トップページ | まともになれよ 民主党 »