« 謝罪要求する韓国 謝罪できない国でした | トップページ | 小沢辞意撤回……ね »

2007年11月 5日 (月)

小沢民主党党首辞任!?

 ……以前同じようなタイトル書きましたね。
 ほぼ一週間ぶり、東雲です。
 
 さて、本日はタイトルにも書きましたとおり小沢民主党党首辞任表明の件でございますが、いや、この一報を聞いたときには東雲も驚きました。
 何せ参院選で第一党に躍り出て『さあ政権奪取だ』と息巻いていたわけですから、驚くなってほうが無茶ってものです。
 言ってしまえば本国会はその為の見せ場。いかに国のために尽力できるかをアピールするまたとない機会なのでございます。
 だというのに、重要法案を前に辞任する、と。
 いやビックリですよ、本当に。
 なんですか? 最近では党首が突発的に辞めるのが流行りなんですか?
 じゃあ次は志位共産党委員長で福原社民党党首でしょうか?
 ……いや、社民は党が無くなるのが先かな?
 
 閑話休題。
 
 とにかくそんなわけで、まったくもって寝耳に水なお話でございましたが、よくよく調べてみると、何でも辞意を表明した理由が自民との大連立を役員会で拒否られたからだそうでして、小沢氏は乗り気で大連立案を持ち帰ったわけですが、小沢氏以外の全会一致で否決を食らったということらしいです。
 なんともゴシューショーサマなことでございますが、だからって『じゃあ辞める』ってのもないでしょう。

 なんですかそれは?
 あなたガキですか?
 
 かつて安倍前首相が辞意を表明した際にも結構辛辣に書きましたが、いやはやそれと同じくらいに酷い話でございます。
 いや、むしろ体調不良が一因となった安倍氏よりも悪いでしょうか。
 野党第一党であり参院第一党である民主党の党首が、我が通らないから辞任する。
 どこの我が侭なガキですか。
 これから新テロ法案など吟味精査していかなければならないこの重要局面で丸投げですかそうですか。
 一体全体小沢氏は野党をなんだと思っているんでしょうか。
 政権奪取を目指す、それもいいでしょうが、まずは政府、与党が出してきた法案を精査し、悪しき点があれば修正を要求、結果として上質の法に昇華させるのが第一でしょう。
 もちろん旧社会党や弱小野党のように何でもかんでも『ハンタイハンタイイイィィッ!』と叫んでればいい訳ではございません。
 あくまでも吟味精査なのでございますから、建設的な議論をせねばなりません。
 言うなればダイヤでダイヤを磨く、といったところでしょうか。
 そういった意味では与野党勢力はできるだけ均衡であるべきだと思うのです。
 もちろん、きちんと野党としての役割を果たさないどこぞの『ヤトウ』なぞは野党失格なのでありますが。
 政権奪取が野党の第一目的でなく、望まれる力関係を鑑みれば政権交代も可能という話だと東雲は思うのです。
 が、そんな重要な野党第一党の党首が重要法案を前に辞任表明。
 その責任は安倍前首相のそれと同様でしょう。
 
 また参院第一党となり政権奪取と意気込んでいる民主党議員からすれば裏切りですよこれは。
 あげく「民主党は力量不足だ。政権担当能力があるのか」と言い放つ始末。
 ……いや確かにですね、私もそう思いますよ。今の烏合の民主じゃ政権維持は100%無理ですよ。
 でもそれを党首が言っちゃダメでしょう。辞表提出したって受理されない以上はまだ党首なんですから。
 だいたいあなた、『政権奪取する』とつい最近までさんざっぱら言っていたじゃないですか。
 舌の根の乾く乾かぬ以前の話でございますよ。
 
 そもそもの話として、東雲には大連立自体が受け入れがたい話でございます。
 先に申しましたとおり、より良い政治には確固とした野党が必要であると考えているからです。
 ……『確かな野党』とかほざいてるどこぞのヤトウじゃないですよ?
 ともわれそういった意味で大連立は大きくバランスを崩します。
 自民と民主が連立組めば、公明いなくたって衆院418議席、参院203議席の大与党成立ですよ。
 まあもっともそうなったら、現時点で自民にブチブチ文句言ってる公明は『自民との間には強い絆がある』とかいって政権に擦り寄っていくんでしょうが。
 しかしそうなると衆院449、参院224。過半数どころの話じゃありません、90%オーバーの票数獲得ですよ。
 法案? ほぼ全会一致で通してやるさぁってな勢いですよ。
 そうなってしまえばもう切磋琢磨どころの話じゃありません。
 中にはドイツの大連立を例示する人間もいるようですが、あれはそれしか政権を運営する方法がなかったという、いわば苦肉の策でありまして、いかに参院で過半数割れしているとはいえ衆院で3分の2を与党が握っている現状でやる意味がないのです。
 まあもちろん自民にとってはやりやすくなるんでしょうが、そんななかで大連立を野党第一党党首が推進するんですから、『正気か?』と言われても無理ありません。
 そんな思いもあって東雲は現在の日本における大連立を否定するのです。
 
 ただ、ひとつだけ誤解していただきたくないのですが、私が大連立を否定するのは、そこらのヒダリっぱが言うような『民主党が政権を!』というのとは違います。
 先にも申しましたとおり、民主党が政権を担当するのは無理と確信しておりますので、某毎日新聞のように『次の衆院選で民主党が過半数を取れば「小沢政権」が誕生し、いくらでも自分たちの政策は実現できるはずだ』(毎日新聞:11月5日配信)なんて無責任な妄言を吐くつもりはさらさらありません。
 先にも申しましたとおり、民主党にはきちんと野党としての勤めを果たしていただきたいのです。
 政権奪取を叫ぶのはその後でしょう。
 ですから大連立は否定しますが、ここの法案に関する議論、協調はありだと思うのです。
 それが国益に適うなら与野党関係なく賛成すべきであるし、もし問題点があるのなら、ただ『反対』と叫ぶのでなく、『ここをこう直すべきなんじゃないか』と言うべきなのです。
 中には『政策協議もダメ!』とか抜かす連中もいるようですが、それこそ民主党の政権担当能力を疑われるってものです。
 
 一度ぶち上げた辞意を引っ込めたとして、どれだけの支持が回復するかは知りませんが、少なくとも責任ある野党第一党の党首としてきちんと働いて欲しいと、東雲はそう思うわけです。
 ……あぁ、もちろん『ヤトウ』としてではなく『野党』としてですよ?

|

« 謝罪要求する韓国 謝罪できない国でした | トップページ | 小沢辞意撤回……ね »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢民主党党首辞任!?:

« 謝罪要求する韓国 謝罪できない国でした | トップページ | 小沢辞意撤回……ね »