« 石原都知事、的確すぎるw | トップページ | 義援金 いつから義務になったんだ? »

2008年5月19日 (月)

おんぶ紐や抱っこ紐じゃダメなのか?

 1999年に電車内でのベビーカーの使用が許可されてから、そろそろ10年になろうとしていますが、親の負担が減るなどの利点がある一方、他の乗客の邪魔になるなどの問題点もあり、その扱いには賛否両論あるようです。
 東雲なんかはあれ、見ていると転倒とかしそうで危なっかしい上に、混雑しているような時などは急停車などで人が倒れてきて押しつぶされんじゃないかなんて不安もあり、どうかなこのシステム、なんて思うのですが、はてさて。
 
 そんなベビーカーの扱いに関してですが、取り上げている記事を発見いたしましたのでご紹介いたします。
 ご覧下さい。

<以下引用>

「折りたたむ」「そのままで」 電車内ベビーカーでマナー議論
5月19日12時16分配信 J-CASTニュース


 ベビーカーを開いたまま乗るか、それとも折りたたむか。電車内でのベビーカー使用マナーについて、議論が起こっている。折りたたむのは、ベビーカーを利用する母親には負担が重い。かといってそのままだと、場所を取りじゃまだ、と感じる人も多い。

■「配慮して欲しいが、折りたたみを義務付けてはいない」

 発端となったのは、JR東日本ほか関東・中部・関西の鉄道事業者30社が2008年3月末から実施している共同キャンペーンだ。ベビーカーでの乗降時に注意を呼びかけるものだが、そのポスターの一部には、混雑する車内でベビーカーを折り畳み、子供を抱いて乗車する夫婦の写真が使用されている。

 これに対し4月22日付けの産経新聞は、キャンペーンを開始した翌日の3月25日に、「折り畳めないなら電車に乗るなということか」という苦情の電話が読者サービス室にあったと報じている。電話の主は3人の小さな子供を持つ母親で

  「1人で子供を連れて移動することが多い。マナーの問題にするのではなく、女性専用車両のように、ベビーカー専用の車両を設置してほしい。これでは病院にもいけない」

と訴えた。

 JR東日本の広報担当者はJ-CASTニュースに対し、「今回のキャンペーンが、ベビーカーを折りたたむことを呼びかけるかのような報道がありましたが、ご利用のお客さまに折りたたむことをお願いしようとするものではありません」と回答、強制するものではないことを強調する。

 では、車内のベビーカーについて規定はあるのだろうか。

 キャンペーンに参加している東京メトロでは、1998年まではベビーカーを開いた状態で乗せることを禁じていた。99年からは、利用者の責任の範囲で認めている。広報担当者は、「混雑状況によっては配慮して欲しいが、折りたたむことを義務付けてはいない」と話した。他社でも「義務付け」をしているところはないようだ。

 ベビーカー使用時のマナーについては以前から論じられている。例えば、読売新聞が運営する投稿サイト「発言小町」にこんな書き込みが載った。2007年10月のことで、意見は大きく二つに分かれる。

 車内ではベビーカーをたたむべきだという意見では、

  「先日も地下鉄車内で荷物をいっぱい載せた互いのベビーカー2台!を通路にドーンと置いておしゃべりに興じるママグループがいました。おかげでドア付近が大混雑。
  又、赤ちゃんのママの母親も一緒で手があるのにベビーカーをたたむと言う発想は皆無のようなケースも」

  「娘が赤ん坊だった約10年前、ベビーカーは主流でしたが
  電車やエレベーターなどでは余程空いてない限りたたむことが
  普通の光景だったと思い返しました」

  「無言でベビーカーを押し込むように出口目指して押して来ました。
  友人と私は服をベビーカーの車輪で汚されないよう長めのスカートを手で押さえてましたがベビーカーは友人の靴の上を通過!しかも無言で!
  ビックリしましたよ~!
  最近のお子さん連れの方ってマナー違反が多いように思います。
  混んでいたらベビーカーは畳んでくれるか、空いている時間にお出掛けして頂きたいですね」

■バスには、ベビーカーを固定するベルトが設けられている

 たたまなくていいという意見では、

  「確かに赤ちゃん用の荷物を抱えて、赤ちゃんを抱いて、その上何kgもあるベビーカーを支えて、となると、転倒する可能性も高くなりますし、転倒したときも軽傷ではすまないかもしれません。他の乗客を巻き込む可能性もあります。
  だから畳まずに乗車してよいようですよ」

  「皆我先に他人を押し退けて電車に乗り、他人のことなどお構いなし、老人や妊婦さん、幼児連れに席を譲る人もほとんどいませんよね。子連れにマナーを守れというのなら、周囲もマナーを守らなければ母親にマナーを要求するのはアンフェアでしょう。
  ベビーカーを畳んで子供を抱っこしろ、荷物も持て、でも席は譲らないからね、、という輩に遠慮する必要がありますか?! 」

 今回のキャンペーンには、ベビーカーメーカーらによる業界団体「全国ベビー&シルバー用品連合会(JBSA)」も参加している。

 連合会の担当者は、「ベビーカーでの乗車は危険が伴うため、メーカーは折りたたんで欲しい、と取り扱い説明書に書いている」と話す。

 説明書に明記しているのは、万が一事故が起こった場合に、責任のありかを明確にするという目的もある。もっとも、「利用者の自己責任で」が簡単に受け入れられるとは思っていないようだ。

 ところでバスには、ベビーカーを固定するベルトが設けられていることが多い。

 横浜市営バスは04年1月から、全国で初めて固定ベルトを取り入れた。乗車の仕方は、車内に付けられた2本のベルトにベビーカーを固定するという簡単なものだ。この時ベビーカーは、ストッパーをかける。

 横浜市交通局自動車本部運輸サービス課によると、若いお母さんらの要望があって導入したという。バス1台につき、ベビーカーは最大2台まで乗車できる。こうした例もあり、電車にも固定できる場所を作って欲しいという要望もある。

<Yahoo Newsより>

 そもそも1998年までは電車内でのベビーカーの使用が禁止されており、それでも(面倒などの理由は除き)問題点はなかったわけで、どうにもこの記事においては『親の我が侭』のように東雲には感じられます。
 
「1人で子供を連れて移動することが多い。マナーの問題にするのではなく、女性専用車両のように、ベビーカー専用の車両を設置してほしい。これでは病院にもいけない」なんてのは言葉は悪いが愚の骨頂的発言であり、それではそれを実施したとして利用率はどれくらいなのか、朝夜のラッシュ時などでどの程度乗客率を落とすのか、それを作る上での費用や乗客率低下による損益をどう補填するのかなど、そんな事情をすっぱり抜いて、ただ自分の『楽』のために主張する、それを我が侭と言わずなんと言うのか、という話です。

 また「皆我先に他人を押し退けて電車に乗り、他人のことなどお構いなし、老人や妊婦さん、幼児連れに席を譲る人もほとんどいませんよね。子連れにマナーを守れというのなら、周囲もマナーを守らなければ母親にマナーを要求するのはアンフェアでしょう。ベビーカーを畳んで子供を抱っこしろ、荷物も持て、でも席は譲らないからね、、という輩に遠慮する必要がありますか?!」という発言もどうかと思いますね。
 人がマナー守らないから自分も守らなくていいって、一体どこのガキですか?
 これが人の親であるというのもまた、なんとも情けなく話であります。
 
 実際問題、赤ん坊はそれなりの重量がありまして、また折りたたんだベビーカーを持ちながらとなると結構な苦労を伴います。
 そういった中で乳幼児連れの親に席を譲るという『常識』がもう少し徹底されるべきだとは思いますが、それがベビーカーを畳まなくていいなんていう理由にはなりません。
 本来マナーは『誰しもが』守るべきものなんですから、『誰かがやってないから俺もやらない』と言い始めたら、それこそ無法地帯と成り果てますよ。
 
 大体、先述しましたようにベビーカーの社内利用には危険が伴います。
 JBSAもその旨説明書に織り込んでますし、また実際に事故も起こっています。
 本来ならば『自分の楽』よりも『子どもの安全』を考えるのが『親』だと思うのですが。
 
 というか、ぶっちゃけ『おんぶ紐』や『抱っこ紐』でいいんじゃね? とか東雲は思うのです。
 重くなってもせいぜい10kgやそこら、そこまで『重い』ってもんでもないでしょう。
 その程度の荷物を担いで山登るじっちゃんばっちゃんだって多いんですよ?
 (ちなみに東雲は高校の登山部在籍時、40kg担がされてました)
 電車外ならベビーカーでもいいですし、『畳むのが面倒』なんて声もありますが、そんな我が侭で周りに迷惑かけんじゃねぇ、と東雲などは思うわけです。
 加えて『畳み、おんぶ紐へ移行するのは大変』というなら周りの人に手伝ってもらえばいいんじゃないかな、とも思います。
 駅員でもいいです、『ちょっと手伝ってもらえませんか?』と一言言えば、んな10分も20分もかかるもんでもないですから、無碍にはしないと思いますよ。
 
 そもそもこれに限らず座席などでもそうですが、『どうぞ』と譲られるのを待つのではなく、『すみません、きついんで席譲ってもらえませんか?』と言ったらいいんじゃないかと東雲は思うのです。
 例えば妊婦は、まだあまりお腹が出てない頃など判別が付きにくいですし、老人も『どの程度』から席を譲れば分からないようなときもあります。
 他人に実年齢など分かりませんしね。
 以前東雲、席を譲りましたら『そんな歳じゃない』と怒られた事があります。
 大抵そういう場合は『いや大丈夫ですよ、ありがとう』と返されるのですが、あの時はさすがに面食らいましたですよ。
 以降『老人』が目の前にきたときは無言で席を立って別の場所へ移動するようにしてますが。
 それでも一声『譲って欲しい』と言ってくれれば、やりやすいものでもあります。
 例え目の前の人間が知らん顔したとしても、周囲の人間が動いてくれるんじゃないでしょうか。
 言いにくいと思うかもしれませんが、自分の意志を主張するなんてのは当然であり、他人にどうこうしてもらおうってんですから、それなりにお願いしなきゃならないと思いますよ、東雲は。
 王様じゃないんですから、黙っててもやってくれるだろうなんて思わないことです。
 
 話はそれましたが、ともわれそんなわけでベビーカーとおんぶ紐の併用が、子どもの安全の面でもマナーの面でも一番好ましいんじゃないかと東雲は思うわけです。
 それに対し周囲が極力手助けする環境が、やっぱり一番理想ではないかなと思います。
 
 ところで『おんぶ紐(または抱っこ紐)』として離脱できるベビーカーって売ってないんですかね?

|

« 石原都知事、的確すぎるw | トップページ | 義援金 いつから義務になったんだ? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おんぶ紐や抱っこ紐じゃダメなのか?:

» 「サスペンション」なんて [車の技術]
352 名無しさん@3周年 sage 2005/06/02(木) 23:32:01 ID:LdoRB9fd「サスペンション」なんて、2輪車用以外では 作ってる部品メーカーなんて無いぞ。 「ショックアブソーバ」「サスペンションアーム」等を それぞれ作ってる会社はあるだろうが。 [続きを読む]

受信: 2008年6月 1日 (日) 21時08分

« 石原都知事、的確すぎるw | トップページ | 義援金 いつから義務になったんだ? »