« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月25日 (月)

論点違いな菅直人

 何人かが出馬の意向を示しつつも結局取りやめ、オザーの無投票三選が確定しました民主党代表選。
 政策を戦わせて代表選を争うのは政治家として当然のことでありまして、政治家が集まっているはずの政党においてはこれが推奨されるべきであると考えるわけですが、『政権奪取に向けて一丸にならなきゃならない時に対立候補なんてけしからん!』とゆー、ワケワカラン脅迫に野田氏をはじめとする出馬予定者はことごとく潰されたわけであります。
 そもそも政策を実行するために政権を獲得しようとしているはずなのですが、ここまでくると本末転倒、まさに『手段のために目的を選ばず』といった様相を呈しております。
 
 結局のところ今回のこれは『政権のために異論は弾圧』ということでありまして、なんとも中国共産党的行為なのでありますが、しかしこれに関して麻生閣下が「(候補者が)出たかったにもかかわらず、出られなかった。小沢代表について疑問に思っていることを堂々と言えないのは、開かれた国民政党か」(時事通信:2008.08.23配信)と実に的確なツッコミを入れておられるのに対し、これに反論しようってんですからまったく始末に負えません。
 
 ともわれまずはこちらをご覧下さい。

<以下引用>

無投票批判「おこがましい」=自民に反論-民主・菅、鳩山氏
8月24日18時21分配信 時事通信

 民主党の菅直人代表代行24日、山口県宇部市内で記者会見し、小沢一郎代表の無投票3選が確実となった党代表選を自民党の麻生太郎幹事長らが批判していることについて、「他党のことを言う余裕があるなら、与党として責任ある政策を国民にきちんと出すべきだ。国会日程さえ決められない政府・与党が他党のことを批判するなんて、おこがましい」と反論した。
 鳩山由紀夫幹事長も北海道函館市内で開かれた党所属衆院議員のパーティーで「小沢代表の下で衆院選を戦いたいという候補者は多く、民主的でないとの批判は当たらない」と述べた。

<Yahoo Newsより>

 おこがましいのは一体どっちか
 
 と、東雲などはついツッコんでしまいたくなるわけですが、とりあえず申し上げておきますと、菅のこれは『反論』ではございません。
 ぶっちゃけただの『イチャモン』でございます。
 
 そもそも閣下の批判に反論するというなら『候補者は本当は出たくなかった』『小沢代表について言うべきことを言っている』『今回の出馬取り下げは十分に政策を議論した上での行為である』といったことを言わなければならないはずなんですが、そんなんとにかくケンチャナヨ。
 まぁ『反論』は時事通が書いた言葉で、実際の記者会見においてどういう流れで出てきた発言かは知りませんが、しかしどんな形であったとしても無投票批判と国会日程は関係ない話であり、そんなもんを持ち出してイチャモン、『与党に批判する資格はない』的なことを言うというのはなんとも情けない話であります。
 論点も理解できないで『論客』気取ってる辺り、ツラの皮が厚さ三メートルほどあるんだろうなぁなんて思ったりするわけですが、いやはやこんなのが代表代行やってるってんですから、やっぱり民主は信用ならねぇなあとか思ってしまうわけでございます。
 
 鳩山に関しても同じ。
 こちらは一応論点を理解しているように見えますが、やっぱり分かっていないようでありまして。
 閣下は結局『代表選で政策論争出来ないのは何事か』と仰ってるわけですが、『小沢の下で戦いたい候補者が多い』とこれまた返答的外れ。
 そもそも民主的言うなら政策戦わせてきちんと多数決すりゃええやんと、オザー支持多いなら投票三選するだろうよと、そう思って仕方ないんですが、どうもその辺りが理解できていないご様子。
 
 まぁね、政権奪取のチャンス、党内の足並みを崩したくないって気持ちはわからんでもないですが、そのために言論弾圧するのは違うでしょ、と、それは民主的とは言わないでしょ、と、東雲はそう思うわけでございます。

 『一度民主に任せてみよう』なんて血迷ってる方々、その『一度』が命取りでございます。
 話の論点も理解できないような党に政権なんぞ任せたら、一年もせずに日本終了ですよ。
 もう一度よ~く考え直してくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

チベット・ウイグルに真の自由を

 東雲が勉強させていただいております『博士の独り言』様にて、本日:日本時間8月8日午後9時8分に『Chandle For Tibet』が行われることを知りました。
 
 自身のアンテナの低さを恥じ入るばかりですが、私もこれに合わせてチベット、そしてウイグルに関しても自由が獲得できますよう、祈念を込めてこの稿を呈したいと思います。

246775

  本来なら『博士の独り言』様のようにキャンドルの写真を用意したかったんですが、残念ながら現在研究室(有機系ゆえ火気厳禁)にこもり中でありまして、同じく『博士の独り言』様から転載させていただきましたステッカーをもちまして、これに変えたいと思います。
 
 どうかチベット、ウイグルに真の自由が訪れますことを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

媚中とリベラル一緒にすんな

 毎度毎度トンデモ記事を書き上げてくれますパブリックニュース(PB)のオーマイニュース。
 同じPBでもツカサ新聞の方は割とまともなこと書いてくるんですが、このオーマイニュースはホントどうしようもない。
 東雲も時折ネタにさせていただいてますが、その支離滅裂さに時折頭痛を覚える次第です。
 
 さてそんなオーマイニュースですが、先に行われました内閣改造についてこんなこと書いているようですので取り上げます。
 ご覧ください。

<以下引用>

初入閣で最後のご奉公「鈴木恒夫」文科相
8月6日18時45分配信 オーマイニュース

 8月1日に発足した福田改造内閣の顔触れには、ほとんど期待できない、というよりも

◆「あ、そう」と さめた反応 新内閣
◆増税だけ やる気をみせた 新内閣

というところだが、強いて探せば、文部科学大臣に初入閣した鈴木恒夫氏に、少々関心がある。

 横浜出身で横浜選出、67歳の彼は、早稲田大学政治経済学部卒業後、毎日新聞政治部記者として15年ほど勤務した。

 その後、同じ神奈川県選出の大物「河野洋平」氏の秘書などを勤めて「新自由クラブ」で衆院議員になったが、同党解散後は、自民党員となった。

 「さきがけ」に参加するはずだったが、落選し、その後、また自民党で当選し、現在6回目のお勤めだが、次の総選挙には立候補しないと表明している。現在の派閥は麻生派である。

 文部行政には何度かかかわっている。また環境問題に熱心に取り組んできた。思想的には「リベラル」と思われる。

 今期限りで引退する政治家を初入閣させた福田首相の意図は、どこにあったのか分からないが、麻生氏を幹事長にと懇請したときに、条件として受け入れたのかもしれない。

 鈴木恒夫氏が文部行政のトップでいられるのがあと何カ月か分からないが、ぜひやって欲しい仕事がある。

 文部科学省内の「外交センスゼロ」のナショナリストが、学習指導要領に、これまで記述のなかった「竹島」について、日本の領土であると、あえて書き込もうとした。

 こんなことをすれば、韓国で就任早々低支持率にあえぐ「イ・ミョンバク」政権としては、日本に対して黙っていられるはずがない。外交問題化するのは必至である。

 福田内閣としても、今こんなことで韓国との間にあえて波風を立てたいはずがない。両国トップにとって迷惑なはなしだ。

 麻生派ではあるが河野洋平氏や田川誠一氏など「自民党リベラル」の系譜である鈴木氏には、引退前の最後のご奉公で、虎ノ門に巣くう偏狭なナショナリストと1戦交えてもらいたいと、私は期待している。

(記者:安住 るり)

<Yahoo Newsより>

 毎度毎度思うんですが、なんでこうアホなことを書く人間に『記者』なんて称号をつけるんでしょうね、オーマイは。
 大体言葉の意味知らねぇヤツが記者騙ってんじゃねぇよと、東雲などはそう思うわけです。
 
 そもそもと致しまして、河野や田川はリベラルじゃねぇって話です。
 単なる媚中派であり、あえて言うなら『自称リベラル』、リベラルの名を騙った詐欺師です。
 大体、日本においてリベラリズムとは社会自由主義、新自由主義を指すものでありまして、積極的自由の擁護を目的とし、そのためには国家による介入も(制限つきで)辞さず、という考え方であります。
 アナーキズム(無政府主義)じゃあるまいし、国家を否定するような連中を指す語じゃありません。
 ましてや『中国様マンセー』と叫ぶ連中でもありません。
 現にアメリカなどではリベラルと呼ばれる愛国者が大勢います。
 『リベラル=媚特ア派』なんて構図は日本固有のものであり、そもそもそれをリベラルと称すること自体が間違い、せいぜい『自称リベラル』という言葉程度の売国奴なワケです。
 
 そんな河野や田川を「自民党リベラル」と称し、そして持ち上げ、その系譜として鈴木氏にはナショナリストと一戦交えて欲しいと書く。
 アホ丸出しですな。
 だからリベラルとナショナリズムは関係ねぇ。
 加えて竹島とナショナリズムも関係ねぇ。
 
 そもそも竹島が日本領土であることは厳然とした事実であり、政府、外務省もそう主張しているわけで、自国領土について教育するのは当然。
 この度の指導要領解説に対する記述はむしろ遅すぎた感のあることであり、『これまで記述のなかった』ことが異常なのであります。
 
 然るに『外交センスゼロ』とこき下ろす。
 外交とは自国の利益のために立ち振る舞うことであり、その中で共通の利益を探していくものであります。
 ただ『お友達~♪』なんて理由でヘイコラ金だの領土だのを差し出すことじゃございません。
 しかしこの安住なる輩は『外交問題化するのは必至である』と、あたかも日本が悪いように書く。
 利害が一致しなければ二国間で問題となるわけで、議論を積み重ね、必要とあれば国際法廷にでも持っていくのが普通なのですが、コヤツは中国様、韓国様の言いなりになることが外交だと思っておりますようで、さてさて『外交センスゼロ』なのは一体全体誰なのかと、小一時間ほど問い詰めたいものでございます。
 
 も一つおまけに、『就任早々低支持率にあえぐ「イ・ミョンバク」政権』
 
 だからどうした
 
 って話です。
 
 そんなもん日本の知ったこっちゃない。
 何が悲しゅうて他国の政権の支持率のために竹島を献上しなきゃならんのかという話です。
 そんなことしたって日本に何もメリットはない。
 幻想の友好でも欲しいですか? 馬鹿ですね。
 
 『福田内閣としても、今こんなことで韓国との間にあえて波風を立てたいはずがない。両国トップにとって迷惑なはなしだ。』なんて言ってますが、東雲にはこれもさっぱり分からない。
 もしかしたらオメデタイのーみそで『外交問題で支持率低下あああぁぁっ!』なんて思っているのかもしれませんが、国家の権利を放棄すれば支持率低下どころの話じゃすみませんよ。
 再起不能です。
 むしろ韓国に厳然たる対応をすれば支持率も上がるように思えます。
 日本で嫌韓が増え、また麻生閣下が、福田が頼らざるを得ないほど多くの人気を博している理由、安住は理解できないんでしょうか。
 ……出来ないんでしょうねぇ。
 でなけりゃこんな記事書けませんよねぇ。
 
 自国の権利を阻害し、そして何のメリットもないのなら、外交問題にしてしかるべき。
 『波風を立てたいはずがない』『迷惑なはなし』と事なかれ主義を貫けば、相手にいい様にやられるだけです。
 それすなわち外交的敗北であります。
 
 …………常々思うんですが、オーマイの日本名使ってる『記者』って、本当に日本人ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エセ五輪 チャイニーズの二枚舌

 チベット問題が大きくなった際、各国首脳はその非人道的行為を非難し、五輪開会式ボイコットを示唆しておりました。
 しかし幾らかの首脳はヘタレて前言を撤回、参加。
 我が国首相たるチンパン君はむしろ意気揚々と中国に乗り込んだのです。
 
 さて、そんな北京エセ五輪でございますが、開会式、また本会の参加ボイコットが叫ばれておりました際、中国は『五輪と政治を絡めるな』と喚き散らしておりました。
 ちなみに中国自体は幾度となく政治に絡め五輪をボイコットした経歴を持ち、ホントどの口が言うのかと、もう呆れるのを通り越して感心すらしてしまう勢いでございましたが……。
 
 さてそんなチャイニーズ。
 その二枚舌っぷりは未だ健在でございまして、なにやらこんなんなっているようでございます。
 ご覧ください。
 
<以下引用>

人権演説への報復?米大統領同行記者団、北京で3時間「缶詰め」
8月8日11時26分配信 読売新聞

 【北京=黒瀬悦成】北京国際空港で8日、ブッシュ米大統領の同行記者団を乗せたチャーター旅客機が、到着後約3時間にわたって駐機場で足止めされ、記者約40人が機内に缶詰め状態にされた。

 通常は免除されている同行記者団の入国審査を中国当局が突然要求したためで、記者団の間では「大統領が7日のバンコクでの演説で中国の人権状況を批判したことへの報復では」との見方も広がっている。

 チャーター機は、7日夜(日本時間同)に専用機で到着済みのブッシュ大統領を追いかける形で8日午前2時(同3時)過ぎ、北京に着陸。大統領の同行記者団は、相手国との申し合わせで入国審査や税関審査を免除されるはずだが、今回は一連の審査と撮影機材の申告を急に求められた。

<Yahoo Newsより>

 人権演説の報復に入国審査で足止めですってよ。
 見事に政治に絡めてますな。
 
 まぁ、まだ報復と決まったわけではありませんので、そう考えるのは早計かも知れませんが……まぁ、実際そうだったとしても言わないでしょうし。
 むしろ何故突然入国審査が必要になったのか、是非きちんと説明していただきたいところでございます。
 
 テロ対策ですか? 大統領同行記者団ですよ?
 むしろテロなら大統領を先に狙いそうなもんですが?
 つか結局それってアメリカ政府を信用してないってことですよね?
 
 いやはや、むしろ『報復です』と断言しちまったほうが後々面倒にならないと思いますよ。
 中国が非人道的国家であることは周知ですし、報復であろうがなかろうが、人権状況を改善せよと言われるのは自明ですから。
 毒餃子の件もそうですが、ほんとガキのようなことしますよね、中国って。
 『お前のせいだ、お前のせいだ!』と喚き散らし、害をなし、自分のせいだと分かってもそっぽを向く。
 
 ……あぁ失礼。
 ガキなんて言ったら申し訳ありませんでしたね、お子様に。
 あんな連中と一緒にされてはさぞかし迷惑だったでしょう、お子様方。
 平にご容赦いただきたく存じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャイニーズ 謝罪よりまず逆切れする

 先日の稿でも書きました『日本のせいにするつもりが中国でも毒餃子出てきちゃったよ事件』。
 『捜査に影響するから公表するな』と言う中国も中国なら、それにヘイコラ従う日本も日本。
 いや、日本人全部がそうとは言いませんが、それでも福田を首相に押し上げた、その結果を導いた責任は大きい。
 少なくとも『麻生追い落とし』を画策した諸議員を当選させた方々は猛省していただきたいところであります。
 
 というかですね、8月6日のイザ!によれば『北京五輪の無事成功を至上命題とする中国側は、これまでに日中間の諸懸案の協議は五輪終了後に先送りしたいとの希望を伝えてきており、日本側も了承していた』とのことで、これぶっちゃけ日本人の命より中国様の五輪成功が大事と、そういうわけでございます。
 外務省筋によれば「基本的に五輪開催に祝意を示すための訪中」だそうで、これぶっちゃけ日本人の(以下略
 こんな野郎が『安心実現内閣』とは一体何の冗談だという勢いですが、むしろ『安心実現無い(核爆』と、まぁそんな感じです。
 
 一方民主党はこれを政府の『失政』として追及するようですが、それは当然中国に対しても『実態を公表しろ』と言うことだよな?
 まさか単に政府の隠蔽体質を突っつくだけとか言わんよな。
 国民の生活第一と言うなら、当然国民生活に害なす中国製品の全面輸入禁止を法案提出するんだろうな。
 もちろん国民から仕事を奪いかねない移民1000万人計画にも強硬に反対していくんだろうな。
 ……なんて、東雲今からワックワクです。

 え? もしかして民主に期待してるのかですって?
 まさか。
 民主がそういう言いにくいことをうやむやにして、グダグダになっていく様を楽しみにしてるんですよ。
 
 さて、話は大幅に逸れましたが、そんな『日本のせいにするつもりが中国でも毒餃子出てきちゃったよ事件』。
 いよいよ中国国内での混入が濃厚(元から)となり、『日本のせいアルよおおおぉぉぉっ!』と言えない状況になってきました。
 こういった状況においてごく普通の日本人なら……いえ、国際人ならまず謝罪し、『日本のせい』といったような発言を撤回し、全力をもって犯人を挙げると約束すべきところなんですが、その辺りはチャイニーズ。
 政府が政府なら国民も斜め上。
 こんなんなっているようでありまして、まずはこちらをご覧ください。

<以下引用>

「騒動起こした」中国ネットで日本メディア批判
8月8日1時25分配信 読売新聞

 【北京=佐伯聡士】中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、事件後に回収された「天洋食品」(河北省)製ギョーザが中国国内で流通し、中毒を起こした問題をめぐり、中国のインターネット上で6日深夜から7日にかけ、日本メディアや中国政府に対する批判が現れた。

 中国主要メディアは事実を報じておらず、数は少ないが、北京五輪開会式を8日に控えた当局は、過激な論調を徹底的に封じ込めるとみられる。

 大半が五輪直前に問題が発覚したことへのいらだちだ。対日食品輸出業者関係のネット論壇には「五輪がまさに開幕するという時に、『小日本』(日本に対する蔑称(べっしょう))がこうした騒動を起こした」と、日本メディア批判が書き込まれた。

 「ニセ物が多い中国の商品。靴下は2日も履けば、穴があく。五輪はこうした事実を隠しきれない」と自己批判的な論調もあった。

<Yahoo Newsより>

 すごいですね。
 謝るより前に逆切れします、チャイニーズ。
 まぁ連中は謝ったら負けと確信してる輩ですから、逆切れでも何でも罪を擦り付けたいんでしょうが。
 
 つかぶっちゃけ毒餃子に五輪関係ねぇ。
 ましてや欺瞞と虐殺に彩られたエセ五輪を人様の命がかかった問題に関係させるな汚らわしい。
 
 そもそも騒動になったのは、謝罪どころか罪も認めず、あまつさえ日本に罪を擦り付けて早々に自体を収拾しようとし、挙句中国国内での混入を決定付けるような事象を『公表するな』と脅迫したことが原因。
 半年も放置せず、早急に事実関係を割り出し謝罪し、対策措置を取っていれば『五輪がまさに開幕するという時』にゴタゴタする必要なんてなかった。
 まさに自業自得なワケでありますが、そんなん知ったこっちゃねぇと喚き散らすチャイニーズ。
 
 こんなのと『お友達♪』なんて気色悪いこと言いながら、言われたままにヘイコラしてるってんですから、ホント福田って人間が分かりません。
 んなことしてりゃ、そら支持率も上がらんわな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

ナチス発言 麻生閣下の釣りですか?

 先日自民党幹事長に就任し、早速民主党ナチス発言で話題を集めております麻生氏。
 今現在民主がやってること、状況がまんまナチスで、麻生氏はその歴史を紐解いたに過ぎないのですが、ヒステリックにそれに噛み付く民主鳩山。
 別に麻生氏は『民主はホロコーストをやるぞ』なんて言ってるわけでもないんですが(やりそうだけどね、日本民族浄化)、もうナチスといっただけでアレルギー反応が出てくるってんですから、何そのアナフィラキシーショック。
 
 まぁホロコーストについて同意するつもりなんぞさらさらありませんが、しかしそもそもヒトラーは異常なほどの愛国者。
 売国勢力たる(一部を除いた)民主と同列視するのもどうかとは思いますが。
 
 ともわれそんな麻生発言。
 民主の中の人は右へ左への大騒ぎでありまして、代表たる客寄せオザーがこんなこと言ってはるようです。
 ご覧ください。

<以下引用>

麻生発言に小沢代表が反論、民主は「ナチスどころか正反対」
8月5日19時3分配信 読売新聞

 民主党の小沢代表は5日、TBSラジオ番組で、自民党の麻生幹事長がナチスドイツを引き合いに民主党を批判したことについて、「民主党なんて、ナチスどころか正反対で、いつもバラバラだといわれているぐらい、非常に民主的な党だ。どういう思いで言ったのか理解できない」と反論した。

 麻生氏が国会審議の重要性を訴えるつもりで発言したと釈明していることに関しては、「僕らは国会審議で国民生活に必要なことをちゃんとやっている。ねじれ国会と言われるが、自公の言う通りに動かなかったというだけの話だ」と指摘した。

<Yahoo Newsより>

 言っちゃったよオザー代表。
 もう『むしろ麻生閣下の釣りじゃねぇの?』としか思えない釣れっぷりですね。
 まぁ周知の事実ですが、しかし党首が『自分の党はバラバラ』って、そんな党に政権なんか任せられませんよ、ごく普通に考えて。
 ホント、大連立反故にしたり、いきなり辞めると言い出したり、話題に事欠きませんねオザー代表。
 むしろ本心では『民主じゃダメだ』なんて思ってるんじゃないでしょうか。
 いやはやそんな気がしてなりません。
 
 大体ですね、『バラバラ=民主的』ってワケじゃないですよ。
 バラバラってのは烏合の衆ってことで、なにも決められないってことであります。
 様々な意見から大勢の占める意見を採用するのが民主主義であって、単にバラバラだからいいって話じゃありません。
 そりゃただ単に決定能力に欠くってことです。

 加えて言うならナチス政権は民主主義的に作られたものですよ?
 まぁその後の独裁云々は別ですが、その行程を否定するって民主主義を否定するってことですよ?
 むしろ『次期衆院選で民主に入れるな』と言ってるんですかオザー代表?
 
 いやはや民主代表がこんな発言をすること自体驚きですが、この発言は驚きを通り越して呆れ果てますね。
 
 『僕らは国会審議で国民生活に必要なことをちゃんとやっている』
 
 何当たり前のことを力説してるかな。
 
 国会議員だもの、国会審議するのは当たり前。
 むしろ国民生活云々に限らず、重要議題があるにも拘らず審議拒否したり中国参拝したりするのが問題だという話なんですが、そんなことも理解できないんですか、このオザーは。
 
 こんなのが代表する党が参院与党で次期政権を獲得するかもってこと自体ブラックジョークなわけですが、しかしそれが実現しそうってんですから、いやはやなんとも恐ろしい。
 
 有権者の皆々様には今一度『本当に民主でいいのか?』ということを自問していただきたく存じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国毒餃子事件 自爆

 『アレは一体どうなったのか!?』と諸所で言われております中国毒餃子事件。
 サミット中にちょこちょこっと話があったようですが、いかんせん日本首脳は『人の嫌がることをしない』福田。
 特に問い詰めることもなく、またメディアもそんなん知ったこっちゃねぇと詳細記事を出さなかったため、一般人の再認識は極めて薄いものでした。
 
 が、そんな毒餃子事件、なにやらこんなんなっているようでありまして、まずはこちらをご覧ください。
 
<以下引用>

天洋餃子、中国でも中毒=メタミドホス、現地混入濃厚に-回収品か、日本にも通告
8月6日9時38分配信 時事通信

 中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、製造元の「天洋食品」(中国河北省)のギョーザを食べた同国内の中国人が、有機リン系殺虫剤メタミドホスによる中毒症状を起こしていたことが分かった。関係筋が6日、明らかにした。日本の事件後に回収した品とみられ、中国国内でも同様の事件が発生したことで、殺虫剤は現地で混入した可能性が濃厚になった。
 日本政府は今後、中国側から事実関係の正式な伝達を受けた上で、日中の捜査協力を本格化させたい考え。
 関係筋によると、中国側は、7月に開かれた北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)の前、この事件を日本側に伝えてきたという。外務省幹部は「途中経過を知らせてきた。中国側がさらに詳しい調査をすることになっている」と語った。
 中毒症状の被害人数や症状は不明だが、千葉県や兵庫県の事件と同様、ギョーザに含まれていたメタミドホスが原因と特定されたという。
 中国の中毒事件が起きたのは6月ごろ。天洋食品は、日本で1月に事件が発覚した後、工場の操業を中止。現在に至るまで操業しておらず、問題のギョーザは事件後に回収した品が何らかの理由で流通したとみられる。

<Yahoo Newsより>

 『日本で混入した』とか言ってたヤツ誰だ?
 
 東雲も冷凍食品にメタミドホスを注射器注入するのは困難であるなんて話を書きましたが、これでいよいよ日本混入説は希薄。
 まぁ元からって話でもありますが。

 ともわれ政府には厳格な対応をお願いしたいところであります。
 
 ……でもなぁ、首相が福田、外務が高村で経産が二階だしなぁ。
 食品安全・消費者行政の特命が野田だし。
 麻生閣下が幹事長だけど、幹事長って結局党内業務だしなぁ。
 
 もういいじゃん、麻生閣下に禅譲で。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »