« 野田聖子 勘違いもはなはだしい | トップページ | だからどうした毎日新聞 »

2008年10月31日 (金)

正論を 言うと排除の この風潮

 とゆーわけで川柳風味の本タイトル(字余り)。
 正論→排除コンボは、当ブログでも何度か取り上げております中山前国交相が記憶に新しいところでございますが、公立高校でもこんなことがあったそうです。
 ご覧ください。
 
<以下引用>

神奈川県立高:服装、態度で22人不合格…平塚の神田高

 神奈川県教育委員会は28日、県立神田高(平塚市、渕野辰雄校長、生徒数347人)の05、06、08年度入試で、試験の成績が合格基準に達していながら、「つめが長い」「スカートが短い」など服装や態度を理由に計22人を不合格としていたと発表した。県教委は「不正な選考だった」とし、希望者に対して入学や編入などの対応を検討している。

 県教委によると、同校は05年度入試から、校長の指示で願書提出や受験時に「著しく目立つ点」がある受験生をチェック。特に問題点が多い受験生は「入学後の指導が困難」と判断し、05、06年度は各6人、08年度は10人を不合格にした。

 今年7月に県の内部通報制度で発覚し、県教委が8月から調査した。問題点の記入内容は「態度が悪い」「服装がだらしない」から「髪染めの跡」「ピアス」まであった。

 同県の県立高入試の選考基準では、調査票と学力検査などを点数化して合否を判定。いずれも服装や態度は対象にしていない。

 28日に記者会見した渕野校長は「基準を逸脱して大変申し訳ない」と陳謝。同校は中退者が年間100人以上の「課題校」とされ「教師の指示に従わない生徒が多く、まじめな子を取りたい思いだけだった」と釈明した。 県教委は「受験生や関係者に不安感を抱かせないため」として渕野校長を11月1日付で異動させ、関係者の処分も検討している。全県立高146校の過去5年の入試も調査する。【五味香織】

<毎日新聞:2008年10月29日配信>

 東雲、社会面はあんまり見ませんもので、よく勉強させていただいております『閣下の憂鬱』様、『博士の独り言』様、『依存症の独り言』様の記事を読ませていただいた際に知ったのですが、それにしても正論を言うと排除されるこの風潮、たまったもんじゃありませんね。
 そもそも『身だしなみ』を基準に不合格としたことが『不正な選考だった』理由が、東雲にはさっぱり分かりません。
 就活だって、まず第一に身だしなみじゃないですか。
 清潔な髪型をし、爪などもきちんと切り、きっちりしたスーツを着るのは当たり前。
 熟練した面接官などは腕時計と靴を見るそうですよ。
 何でもそういった小さな部分に、その本人の性格が出るそうです。
 もちろんそれらの『成績』が会社の『基準』に合致しなければ不合格とされるわけで、それに不服を申し立てるDQNが果たして存在するのかどうか。
 一部には『就活と一緒にするな』なんて声もありますが、冗談はよし子さんってな話です。
 高校やら大学やらで身だしなみ云々なんていう教育をすると思いますか?
 せいぜいが高校の校則に則って指導するくらいですが、そもそも校則による指導なら中学校にだってあります。
 高校受験でできない人間が就活でできる道理などこれっぽっちもないのです。
 
 そもそもとして、身だしなみも整えず『志望校』に行く、その思考が東雲にはさっぱり分からない。
 本当に行きたい学校であるなら少しでも心象を良くしようというのが普通です。
 いわば身だしなみは『どれだけその学校へ行きたいか』のバロメーターでありまして、東雲などは高校に推薦入学(内心点と面接のみ)でございましたが、制服に気を使うのはもちろん、ドライヤーで髪の色が薄くなると聞けば試験当日まで一切ドライヤー使いませんでしたよ。
 『身だしなみで判断するなら基準を公表すべき』なんて意見もあるようですが、東雲などはむしろ基準が必要なくらい『その学校へ行きたい』という気持ちが軽いのならば高校へなど行くなと考えます。
 義務教育じゃないんですし。
 どうせその程度の気持ちで高校行ったってすぐにやめちまいますよ。
 事実、『博士の独り言』様が掲載されておりますFNN動画の記事には『ここの学校に入りたいと思うのだったら、身だしなみを整えてくるのが普通だと思う』という生徒の意見が示されており、また校長に辞めてほしくないと思う生徒は実に8割にものぼるとのことです。
 つまり、おおよそほとんどの生徒がまともな思考をしている、その傍らでそんな当たり前のこともできない連中を擁護する側がいる、というのが、東雲には不思議でたまりません。
 
 加えて、こちらも『博士の独り言』様が掲載されております、今度は朝日新聞の記事なのですが、寄せられた意見に『子どもの学ぶ機会を奪ったのは良くない』『入学させてから育てるのが学校の本質ではないか』との意見もあったそうですが、東雲に言わせてもらえば『馬鹿言ってんじゃない』という発言です。
 断言しましょうか?
 入試の際ですら身だしなみを整えられないヤツは『高校で学ぼう』なんて思っちゃいません。
 先にも申しましたように、入試時における身だしなみは『そこへ行きたい』というバロメーター。
 その気がない連中が『高校に入って思いっきり勉強しよう』なんて思うわけないじゃないですか。
 東雲も長いこと塾講師やってましたが、往々にして身だしなみ整えられないヤツは勉強嫌いでしたよ。
 で、なんだかんだ理由つけてサボろうとしてましたね。
 身だしなみ整えられるヤツは、まぁ必ずしも勉強好きというわけでなく、また成績の悪いやつも多かった(もちろん勉強できるヤツは身だしなみ整えられるヤツが圧倒的だった)んですが、それでも『勉強しよう』という意気込みはありましたしね。
 少々話がそれましたが、とどのつまりは『子どもの学ぶ機会を奪ったのは良くない』なんて意見は、ちょっと知ってる人間なら噴飯ものの発言なのですよ。
 『入学させてから育てるのが学校の本質ではないか』という意見も同様。
 そもそも中学校にだって服装に関わる校則があり、それに伴う指導があるのです。
 それに従わなかった人間が高校に入ったら従うようになる?
 ありえませんて。
 よっぽどの社会経験をするというのなら分からないでもないですが、高校でそんなことはまったくと言っていいほどありません。
 むしろそれだったら高校に行かずコンビニででもバイトしてろと、東雲などは思いますよ。
 その方がよっぽど社会勉強になりますし。
 
 結局のところ基準どころか常識ですらそれ以前の話でありまして、そんな当たり前の判断を下した校長を更迭したことこそ『不正』と、東雲は思うわけでございます。

|

« 野田聖子 勘違いもはなはだしい | トップページ | だからどうした毎日新聞 »

コメント

全くもってその通りだと思います。

飛躍し過ぎとの誹りも甘んじて受けますが、
殺した人間の人権擁護を掲げる団体がいて、それを擁護する社会はオカシイです。
(ドラエモンが… の件)
ルールを守らないことよりも、ルールを守らない者の立場を慮り、犯罪さえも社会の責任とする風潮。オカシイです。
社会の混乱と崩壊を招く(もくろんでいる)ように思えてなりません。
色々な人間がいるからこそルールが作られているのですから、ルールを守らない者は排除(不合格、死刑)も已む無しとしなければなりません。
それが、社会の一員としてのケジメであり、覚悟であり、務めだと思います。

服装もルールです。
明記されてなくても、(暗黙でも)ルールです。
人に不快感を与えないこと、高校生として相応しいことは、最低限のルールです。
当たり前のルールも分からない(守らない)輩が社会(学校)にたて突こうなど、チャンチャラオカシイです。
高校は義務教育でも無いし、高校という社会の一部であり、団体生活の場でもあります。
腐ったミカンではありませんが、無責任に高校を弾劾し、校長を更迭することに憤りを感じます。
(思想的にヤバイ人の内部告発で発覚したらしいですよね)

本当に腹が立ってなりません!

投稿: 元気 | 2008年10月31日 (金) 18時30分

元気様、コメントありがとうございます。

>飛躍し過ぎとの誹りも甘んじて受けますが、殺した人間の人権擁護を掲げる団体がいて、それを擁護する社会はオカシイです

いやこれは本当にそう思いますよ。
そもそも他人の人権無視するような輩の人権を守ってやらなきゃなんないっていうのが分かりません。
よく『被害者の人権よりも加害者の人権が重視される』なんて聞きますが、私にはこれが異常に思えてなりません。
実刑は更生云々言う人間もおりますが、私などは悪質な人殺しに更生も、そもそも生きる価値もないと考えております。
『目には目を』ではありませんが、悪質な殺人においては厳格に死刑を適用すべきと考えます。


>それが、社会の一員としてのケジメであり、覚悟であり、務めだと思います

これも本来ならば当たり前のことなんですよね。
というか、社会に出ていなくても、それこそ幼稚園やら小学校あたりで『ルールは守らなきゃならない』と教わるはずなんですが、こういった輩は幼稚園以下ののーみそしか持っていないんでしょうかね。


>人に不快感を与えないこと、高校生として相応しいことは、最低限のルールです

これに関してはよく『服装は個人の自由じゃないか!』などと騒ぎ立てるガキがおりますね。
ちょっと(それこそほんの表面のちょびっとばかりですが)法律かじったガキなんかは『表現の自由だ!』なんて言っておりますが、どうにもそういった輩は『自由』と『身勝手』を履き違えているように思えてなりません。
『自由』には常に『責任』が付きまとうものであり、好き勝手に振舞う『身勝手』とは訳が違います。
今回不合格とされた連中が、どうしてもだらしない格好をしたい、それにポリシーがあるんだと言うなら、当然その結果である不合格も甘んじて受けるべき、と私などは思いますね。


>思想的にヤバイ人の内部告発で発覚したらしいですよね

これは私知りませんでした。
情報提供ありがとうございます。
前述のような『自由』と『身勝手』を履き違えているバカは、何もガキに限ったことではないのですが、今回告発した思想的にヤバイ人もきっとこういった類のバカなんでしょうね。

教育委は『受験生や関係者に不安感を抱かせないため』校長を更迭するそうですが、むしろ腐ったミカンが入学してくるほうが受験生や近隣住民に不安を抱かせるということすら、彼らは理解できないんでしょうか。
校長を更迭するよりも先に教育委を一新するほうが先じゃないかなと思う今日この頃でございます。

投稿: 東雲一葉 | 2008年11月 1日 (土) 19時24分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正論を 言うと排除の この風潮:

» 受験の面接 [受験の面接]
受験の面接はほんと緊張しますね。これで合否が決まるなんて考えてしまうと、余計に緊張してしまいます。 [続きを読む]

受信: 2008年11月24日 (月) 23時30分

« 野田聖子 勘違いもはなはだしい | トップページ | だからどうした毎日新聞 »