« 野党が野党なら政府も政府だ | トップページ | 切り抜き解釈はマスコミの常 »

2008年11月19日 (水)

……全会……一致?

<以下引用>

国籍法改正案が衆院通過
 親の結婚を国籍取得の要件とする規定を削除する国籍法改正案は18日午後の衆院本会議で、全会一致で可決、参院に送付された。今国会で成立する見通しだ。
 日本人の父と外国人の母をもつ子の日本国籍取得について最高裁は今年6月、親の結婚を要件とした現行国籍法の規定を違憲とする判決を下した。これを受け、改正案は同規定を削除。父親の認知だけで国籍が取得できるようになるため、日本人男性に金銭を払うなどして虚偽の認知で国籍を取得する「偽装認知」には、新たに罰則を設けた。 (了)

<Yahoo Newsより>

 ……………………え?
 ……全会……一致?
 ……え……あれ?
 ……だって……え? 反対議連は……?
 
 例によって詳細を報じるマスコミがあまりなく、実態はよく分からんのですが……。
 
 野党はもとより、国籍法云々に関わらず最近政府・与党もおかしくなってきている気がする……。

 なんかもうどうでも良くなってきたよ……。

|

« 野党が野党なら政府も政府だ | トップページ | 切り抜き解釈はマスコミの常 »

コメント

>なんかもうどうでも良くなってきたよ……

お疲れのようですね。
いっぱい寝て、いっぱい食べて下さい。

東雲さんが研究されている分野が何かも存じ上げないのですが、思い通りの結果が得られぬときはどうするのでしょうか?
方法を変えて、前提を変えて、材料を変えて…
アプローチを変えるのではないでしょうか?

諦めたら終わりです。
---------------------------------------
こんな言葉を見付けました。

政治とは「堅い板に力をこめてじわっじわっと穴をくり貫いていく作業」であり、
最善がだめなら、次善策、次善がだめなら三善策と、ネバーギブアップの戦いだと思っています。
どんなにかっこ悪くてもいい。私は、とことん足掻きます。
http://akaikemasaaki.spaces.live.com/blog/cns!27D9834FB685DFCD!1465.entry

私は、まだ何もしていません。(知ることを始めただけ)
せいぜい、はじめの数歩を踏み出したぐらいです。
頑張っている方々が居る限り、希望はあると信じます。

過去の日本人の上に今があるはずです。
私は、まだ、自分の務めを果たしているとはいえません。
将来の日本人に対して恥じない今を生きたいです。

その時代に生きた者(自分)の責任を放棄して、政府や官僚(他人)に責任を押し付ける卑怯者にはなりたくありません。

無力感にとらわれることは、売国論者のオモウツボです。
ピンチはチャンスと思いたいです。


投稿: 元気 | 2008年11月20日 (木) 17時37分

元気様、コメントおよび励ましのお言葉ありがとうございます。

そうですね、放り投げちゃいけませんよね。
最近私生活のほうでも色々ごちゃごちゃありまして疲れ気味ってこともあったんですが、改めて反省です。
ピンチだからこそ頑張っていかなきゃなりませんね。


追記:
重複コメントは削除させていただきました。

投稿: 東雲一葉 | 2008年11月20日 (木) 22時03分

前にコメントした時の名前は何だったかな?
私は、貴方様が元在日とは信じられないのです。
が、元在日の方で本当に日本が好きで日本を心配して
くれている。このような方なら日本国籍をとっていただい
てありがたいと思っています。ところがね、今後はね、
本当に恐ろしいです。国が崩壊する時ってあるんですね。
ましてや、私が生きている間に。そうならないように最後まで戦いましょう!

投稿: nanasi | 2008年11月20日 (木) 23時03分

nanasi様、コメントありがとうございます。

>元在日とは信じられない
実はこれ、よく言われますw
まぁ、特ア派……とまではいきませんがソッチ系の友人(共産党支持的日本人)と飲んでるときにボロクソこき下ろす元在日というのは、なかなかお目にかかれるもんじゃないのかもしれませんが。

しかし私、元在日とはいえ生まれも育ちも日本でありまして、むしろ本州から出たことすらないくらいに土着していたりします。
確かに親類関係から向こうの文化を聞いてはいますが、日本の教育を受け、日本人の友人に囲まれ、日本という国で生きている。
そういったわけで母国以上に『母国』として、この日本という国に愛着と誇りを抱いています。
むしろ何故日本に住みながら日本に愛着を抱かない人間がいるのか、私にはさっぱり理解できません。

nanasi様の仰るとおり、本当に日本が好きで日本を心配してくれる方が日本国籍を取得する、これはまったく問題の無いことだと思います。
……いやまぁこれが認められないと私、帰化した国籍を剥奪されてしまうわけですが。
しかし数年前から帰化する際に行われていた動機書の提出および読み上げが省かれ、最近さらに帰化手続きを簡略化しろなんてアホな主張が飛び交っています。
本当に日本が好きで日本人になりたいと願うなら、動機なんていくらでも書けるし、多少大変でもやってやろうという気になると思うのですが……。
加えて今回の国籍法改正案。
いよいよ日本国籍の大安売りが始まりそうです。

何とか日本の崩壊を食い止めたい。
弱音を吐いてる場合じゃありませんでしたね。

投稿: 東雲一葉 | 2008年11月21日 (金) 09時49分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ……全会……一致?:

« 野党が野党なら政府も政府だ | トップページ | 切り抜き解釈はマスコミの常 »