« ……全会……一致? | トップページ | 相変わらず絶好調 ヒダリっぱの二重基準 »

2008年11月27日 (木)

切り抜き解釈はマスコミの常

 何でも麻生首相が政府の経済財政諮問会議で、またしても『失言』したとのことで、与野党マスコミが騒いでおります。
 まずはこちらをご覧ください。

<以下引用>

<麻生首相>高齢者医療費「何もしない人の分なぜ払う」
11月27日1時24分配信 毎日新聞

 麻生太郎首相が20日の経済財政諮問会議で、社会保障費の抑制を巡り「たらたら飲んで、食べて、何もしない人(患者)の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」と発言していたことが26日公開された議事要旨で分かった。高齢者医療費の増大は患者側に原因があると受け取れる発言で、批判も出そうだ。

 首相は「67歳、68歳になって同窓会に行くと、よぼよぼしている、医者にやたらにかかっている者がいる」と指摘。「こちらの方がはるかに医療費がかかってない。毎朝歩いたり何かしているからである。私の方が税金は払っている」と述べ、理不尽さを訴えた。

 最後に首相は「努力して健康を保った人には何かしてくれるとか、インセンティブ(動機づけ)がないといけない。予防するとごそっと減る」と語った。

 首相は19日の全国知事会で「(医師は)社会的常識がかなり欠落している人が多い」と発言し、20日に撤回、陳謝していた。その日に不用意な発言を繰り返していたことになる。

<Yahoo Newsより>

もいっちょ。

<以下引用>

首相「何もしない人の医療費、なぜ払う」、諮問会議で発言
11月26日23時36分配信 読売新聞

 麻生首相が20日に開かれた政府の経済財政諮問会議で、社会保障費の抑制を巡って「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」と発言していたことが、26日に公開された議事要旨で分かった。

 与謝野経済財政相が社会保障費の抑制や効率化の重要性を指摘したのを受けて、首相は出席した同窓会の話を紹介しながら「67歳、68歳で同窓会にゆくとよぼよぼしている。医者にやたらかかっている者がいる」、「彼らは学生時代はとても元気だったが、今になるとこちら(首相)の方がはるかに医療費がかかってない。それは毎朝歩いたり何かしているから」と発言した。

 病気を予防することが社会保障費抑制につながることを強調する物言いとみられるが、病気になり医療サービスを受ける人が悪いとも受け取れる発言で波紋を呼びそうだ。

 首相は19日に行われた全国知事会議で「医師には社会的な常識がかなり欠落している人が多い」と発言し、謝罪に追い込まれたばかり。

<Yahoo Newsより>

 「たらたら飲んで、食べて、何もしない人(患者)の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」
 確かにこれだけ聞けば心無い発言に聞こえるかもしれません。
 しかしながら首相の他の発言を見れば、読売が書くように『病気を予防することが社会保障費抑制につながることを強調する物言い』であることは明らかでございます。
 これとセットで考えれば、東雲には先の発言の何処が悪いのかさっぱり分かりません。
 たらたら飲んで食べて、健康に気遣うこともなく好き勝手にやった挙句に病気になり、『病気になったから医療費よこせ』では、健康に気遣って生きてきた人がバカみたいじゃありませんか。
 健康に気遣って生きてきて、それでも病気になってしまった、そういった人が、だらだら生きてきたその必然として病気になった連中が多いあまりに十分な医療費もらえないとしたら、なんともバカみたいじゃありませんか。

 だいたいにして首相発言は先天的、あるいは後天的であっても不可抗力にて発症する方々を蔑むようなものではありません。
 それを、毎日のように一緒くたにして『高齢者医療費の増大は患者側に原因があると受け取れる発言』と書くのはお門違いってぇものです。
 読売は『病気を予防することが社会保障費抑制につながることを強調する物言いとみられるが』と前置きしておりますし、引用してませんが時事通信もそう書いています。
 だというのに、毎日にはそれもない。
 『患者側に原因があると受け取れる』って、そう受け取らせようとしているのは他ならぬ毎日であり、相変わらずの切り抜き解釈、卑怯千万この上ないと、東雲は憤るばかりです。
 
 生活保護にしたって同じ。
 一生懸命やって、必死にやりくりして、それでも足りないとなれば生活保護を受けるのもやむをえないでしょう。
 しかし一方で生活保護の金をパチンコに回すような不届き者だっている。
 パチンコ屋に行ってごらんなさい。
 真っ昼間っからチンチンジャラジャラやってるオッチャンオバチャンが結構な数おりますよ。
 しかも一部面子はほぼ毎日。
 もちろん全部が全部生活保護を受けているわけじゃありませんが、しかし毎日顔出してるような連中が一体いつ仕事しているというのか。
 こういった連中のために、本当に生活保護を必要とする方の受給額が下がるとなればそれこそ問題です。
 『行政のムダを省けええぇぇぇっ!』などと大合唱する野党や与党の一部勢力ですが、こういった『ムダ』を精査しようという人間が出てこないのが東雲にはまったく理解できません。
 
 民主の鳩山は『友愛精神や共生の理念がまるで分かっていない。このような人が首相にふさわしいのか、首をかしげる』なんてほざいてますがね、そういうのは『共生』でなく『寄生』と言うんですよ。
 何が悲しゅうてそんな寄生虫ごときに金をやらなきゃならないんですか。
 挙句、首相の『健康を保った人にはインセンティブがないといけない』との発言に『健康を保って税金を払っているから何かしてくれなんてとんでもない』なんてバカを言う。
 これつまり『健康保って税金払うのは当然。自堕落で病気になった人間の面倒を見るのは健康な人間の義務だ』と、そう言っているわけですよ。
 何ですかこの居丈高。
 昔『金を借りてやるのにビタ一銭まかりならん』とかほざいたどこぞの国の御大尽がいたようですが、それに勝るとも劣らない発言です。
 いやもうここまで開き直られると、むしろ感心してしまいますよ。
 納税意欲どん底です。
 まさに正直者がバカを見るってやつですよ。
 健康を保った人にインセンティブを与えれば、今よりも健康でいようと心がける人は増えてくるでしょう。
 そうなれば不要な医療費も削減できるし、仕事するにしても不健康時よりはかどるわけで、収入だって増えてくるかもしれない。
 そうなれば税金だってより多く集まります。
 何よりより長く健康に過ごせます。
 むしろそれを否定するほうが『とんでもない』わけでありますが、『何が何でも反麻生』ってなもんですから、ノーミソもろくに使わず『健康を保って税金を払っているから何かしてくれなんてとんでもない』なんて暴言を叩くわけです。
 つーか失言と言うならこれこそ失言と東雲などは思うのですが。
 
 麻生首相もぶら下がりで『そこのところだけ切りとられて、そこだけ読まれて、いかがなものか』と仰ってますが、まさにここ、これこそが毎日などマスコミの卑劣なやり方でありまして、それに乗っかって騒ぎ立てる連中もまた卑下されるべき存在だと、そう思うわけでございます。

|

« ……全会……一致? | トップページ | 相変わらず絶好調 ヒダリっぱの二重基準 »

コメント

テレビは余り見ていませんが、毎日、毎日麻生叩きが
激しく、私の昔から保守派の友人が「麻生さんも困ったものだ、こんな人だとは思わなかった」と落胆していましたが、
敵の手に乗ってはいけませんよね。この記事で全文を知りました。全く、問題ない発言だと思いますがね。マスコミや
特定国に歓迎されたり、非難されている政治家は日本にとっていい政治家なんですよ。それを知らせていかなければなりませんね。

投稿: nanasi | 2008年11月29日 (土) 10時22分

こんにちは。

近くで、ケーブルテレビのイベントが開催されています。
沢山の番組が満載のようで、いつ寝るんだ?
いつ考えるんだ?
情報が垂れ流し状態なのですよね。(一種の洗脳です)
そんな心配をしてしまいました。(お節介ですよねぇ)

結局、難しいこと、都合の悪いことは他人(政治家や官僚、大企業)のせい。
自分は、自分の世界に閉じこもる。
そんな世界観が透けてみえるようです。
民放もNHKもつまらないからとケーブルに走られてもねぇ… 

それでは、とくと、その世界観を拝見して来ることにします。
(行くんかい!? と、一人、ノリ、ツッコミ)

投稿: 元気 | 2008年11月30日 (日) 12時59分

nanasi様、元気様、コメントありがとうございます。

>nanasi様

正直に申し上げれば、中山前国交相や田母神前幕僚長の更迭、また政策方針を二転三転させるなど、麻生首相には私も少々落胆しております。
首相として大体の指示を出し、その上で閣僚・与党に任せているため、直接の責任が回ってくるかと言われれば微妙なところですが、しかしそれをまとめられないというのは明確に麻生首相の責任です。(まぁ官房長官が今ひとつという点もありますが)
小派閥であるため周りに気を使いすぎているのか知りませんが、どうにも首相になる前の『麻生太郎』がどこかへ行ってしまっているような気がしておりまして、もう少ししっかりして欲しいと思うのも事実であります。

しかしそれ以上につまらぬ小事でネガキャンをはっているマスコミにはうんざりします。
なんら問題ない『御名御璽』発言で『時代錯誤だ!』『国民主権を無視している!』『戦前復帰だ!』とバカみたいに騒いで見たり(国会により『指名』され、天皇陛下が『任命』されると憲法にきっちり書いており、陛下のご署名・ご公印を『御名御璽』と言う(法令にだってばっちり『御名御璽』とある)のでまったく問題ナッシング)、ポケットマネーで行っているバー通いに『庶民生活が分かっていない』と的外れなことを喚く(一方でオザーの十億超の不動産問題や庶民の敵のマルチ業者と民主の関係については華麗にスルー)。
挙句今回のように問題ない発言を切り貼りし、反麻生感情をあおろうとする。

nanasi様のご友人を悪く言うつもりはございませんが、もっとも『困ったもの』が朝日、毎日をはじめとした『エセマスコミ』であることをご理解いただければと思います。

安倍元首相の時もそうでしたが、まさにnanasi様の仰るとおりでありまして、朝日、毎日といったマスコミにネガキャン張られている政治家こそ日本にとっていい政治家である、逆もまた然りということを(ネット上ではかなり有名な話ですが)伝えていかなければなりませんね。
そういえばどこぞのジョーク紹介サイトで『朝日の反対をすれば繁栄する』なんて話がありましたが、これはもう事実ですよねぇ。


>元気様

いや、まぁ、テレビ関連で野次馬したいという感情はよく理解できますけれども……w
以前、私が通っていた大学も何とかいうドラマのロケに使われたことがありましたが、研究室の人間はその話題ばかりでした。
私はドラマ関係にあまり興味ない上、そのロケのせいで入構規制が行われていたこともあり、『早く終わってくんねぇかな』と思っていた側ではございますが。

閑話休題。

ともわれ『結局、難しいこと、都合の悪いことは他人(政治家や官僚、大企業)のせい』、いやこれ本当に仰るとおりでありまして、こと政治に関しては無関心な人間があまりにも多すぎます。
以前の記事にも書きましたが、バカがテレビで『政治が分からないうちは顔とか名前とか特技とかで投票する』なんてバカなことを恥ずかしげもなくのたまう、自分で政治について調べようなんてこれっぽっちも思っちゃいない。
そんな状況、しかもそれが一般大衆にも当てはまるってんですから頭痛がしてまいります。
これならいっそ古代ギリシアのように、兵役に従事するものにのみ市民として参政権を与える方針にしたほうがいいんじゃないかとすら思っちまいます。
少なくともこれなら国のことを真剣に考えるでしょうし。

大体にして学校における政治・経済教育について教科書を使ってるってのが私には理解できません。
もちろん基礎部分の学習には教科書が必要でしょうが、政治・経済はリアルタイムで推移しているものでありまして、興味を持たせるなら現在起こっている物事を取り上げるのが最も手っ取り早いやり方です。
特に現在はこれまでなかった『ねじれ国会』の状態でありまして、カーボンコピーと言われた参議院の意味合いが激変している状態です。
衆参の任期やら定員やら教えるのもいいですが、単にそれを言うだけでなく、こういったことと絡めてリアルな政治を教えりゃいいのにと私なんぞは思います。
大体いい大人でも二次補正出せない理由とか六十日規定使える使えないなんて話とか理解していない人間も多いんじゃないでしょうか。
小さい頃からこういったリアルに触れていれば、もう少し政治に関心を持っていくと思います。
『新聞読め』という教師や親は結構いるんですが、それをテーマに話をしようっていう教師や親って、なかなかいないんですよね。
それだから子どもがテレビ欄と四コマ欄しか見ない、そんな状況が出来上がると思うんですが、ね。

投稿: 東雲一葉 | 2008年11月30日 (日) 23時21分

>古代ギリシアのように、兵役に従事するものにのみ市民として参政権を与える

本当に。
国防の何たるかを考えることすら放棄する腑抜け状態です。
誰かに守ってもらうなら、それなりの代償が必要で、
代償を払って、誰かに国の根幹を乗っ取られてしまうのでは、愚かの極みですよね。
一昔前(?)、核抑止力云々の論議もありましたが…
核配備より、内部(国家の中枢)を手に入れる方が効果的かも。
攻撃して損壊すれば(利用)価値が落ちますものね。
抵抗するよりも、従順に思考停止して従う方が種の存続には適しているのかも知れません。
と、ネガティブ(自虐的?)な見方も出来ますね。

>政策方針を二転三転させるなど、麻生首相には私も少々落胆しております。

もしかして、意図的?
なんて、ポジティブに考えたりして… (笑)

別のブログで麻生首相の功績が載ってました。
騒ぎをよそに(隙をついて?)頑張っているようです。

--------------------- 転記 ----

麻生総理って、マスコミが揚げ足(ホテルのバー、カップ麺400円、漢字の読みなど)をとっている期間だけですら

・政府、市場の透明化を実施
・空売り、市場監視等強化
・政府が銀行のマネーロンダリングへの対応の甘さを指摘
・その翌日から、数件の経済ヤクザの逮捕のニュースが続く
・朝鮮総連、アーレフのガサ入れ等、公安の動きが活発化
・大物音楽プロデューサーが詐欺で逮捕、動いたのは異例の地検特捜(国籍法改正案の煙幕とも言われているが)
・大麻や麻薬等の摘発が増加 動いているのは厚生省の麻薬取締課、通称マトリ
・革マル派の活動家ら11人逮捕
・G20にて金融市場の透明化を共同合意
・同、IMFの拡充合意
・その前日、米当局がスイス銀行に口座が個人の脱税に使われている疑いでガサ入れ

の結果を出したりします。

---------------------------------

政治は複雑怪奇で魑魅魍魎の世界ですものね。
くわばらくわばら。

学校教育、社会の問題。
出るクギは打たれますが、出ようとする前からクギをさしている感じとでもいうか…
もう、周りを窺い、突出せぬように…
浮かぬように、イジメられぬように…
ヒキコモリやウツを作るほど重篤です。
良い子ほど、呪縛から抜け出るのは、困難です。よね。

投稿: 元気 | 2008年12月 1日 (月) 18時17分

元気様、コメントありがとうございます。

返信が遅れまして申し訳ありません。
最近ちょっとばかり博士論文の準備に追われてまして……。
俺、卒業できるかなぁ……orz

>核配備より、内部(国家の中枢)を手に入れる方が効果的かも

まずは国会ですね。
心の祖国が中国だったり北朝鮮だったりする人間が議事堂内を闊歩しているというのはなんともぞっとしない光景です。
こういった光景を見ているとなおさら『顔とか名前とか特技とかで投票する』バカを何とかしないとと思います。

>別のブログで麻生首相の功績が載ってました。
>騒ぎをよそに(隙をついて?)頑張っているようです。

まぁ、隙を突いて、というよりは、例のごとくマスコミが麻生首相に有利なことを報じないって話なんだとは思いますが。
(安倍元首相のときもそうでしたし)
ただ、やはり『目に見えるところ』できちっとした『仕事』をしていただきたいものでございます。
ここで『目に見えるところ』というのはマスコミが注目してくるところ、ぶっちゃけ連中がネガキャンに使えると勘違いするところであります。
たとえば中山前国交相発言とか、田母神論文とか。
もしあそこで『日教組に対する指導を強化する』『村山談話を見直す』と言っていれば、それこそ朝日やら毎日やらは歯をむき出して喚き散らすでしょうが、支持率は上がっていたんじゃないかと思います。

投稿: 東雲一葉 | 2008年12月 4日 (木) 12時19分

村山談話の踏襲とか、組閣人事とか…

もう、始めから、安倍首相の轍を踏んだ気がしています。
どんなにポディティブシンキングなキャラでも、
どんなに家柄が良くて、博識で、愛されキャラでも、
人工的につくられた国の流れには木の葉のようだと思えてなりません。
木の葉でなく、枝でも木でも岩でも、家(頑丈な建造物)とても同じです。

もしかしたら、今出来ること、成し遂げなければならないことに懸命なあまり、時流を見失っているのかも知れません。
切り捨てるべきは、田母神氏、中山氏ではなかったのに…
もう、がんじがらめに、内(自民党)からも外(自民党以外)からも包囲され、
外が見えない状態になっているのかも知れませんね。
首相に、そんな展望を見る余裕が無いとしたら、とても(日本の将来は)重篤な状態であると思います。

麻生氏に期待していた快活な政治が見えないのは、麻生氏が快活さを損ないつつあるからかも知れません。
とにかく、身体が心配です。
そして、日本の将来が心配です。

投稿: 元気 | 2008年12月 7日 (日) 09時46分

元気様、コメントありがとうございます。

『首相就任』ということで慎重になりすぎたんでしょうか、麻生さん。
少数派閥総裁の宿命なのかもしれませんが、しかしそれにしたってあまりにも気を回しすぎではないかなぁと思わずにいられません。
一閣僚としてならむしろ中山、田母神発言を擁護してたんじゃねぇかなとすら思ってしまいます。
そして麻生氏を首相にと願っていたほとんどの人間は、そういったスタンスのまま首相についてほしかったと思っているんじゃないでしょうか。
最近になってようやっと『麻生節』の復活を希望する声が議員からも出始めました。
ここらで気分一新して頑張っていただきたい、そう思います。

投稿: 東雲一葉 | 2008年12月10日 (水) 10時38分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 切り抜き解釈はマスコミの常:

« ……全会……一致? | トップページ | 相変わらず絶好調 ヒダリっぱの二重基準 »