« 民意とマスゴミ これほど違う | トップページ | 風邪と偏向にご注意を »

2009年1月24日 (土)

ミズポたん? まだ何にも始まってませんよ?

 とゆーわけで連投です。
 (しょーもないから)当ブログで取り上げることはほとんど無いんですが、しかしあまりにもバカな発言しておりましたので、この際晒しちまいましょうってことで、社民党の魔首領菜(まどんな)、福原ミズポでございます。
 こちらをご覧下さい。

<以下引用>

「オバマ氏の対極」と首相批判=福島社民党首
1月21日19時57分配信 時事通信

 オバマ米大統領が就任したことについて、社民党の福島瑞穂党首は21日の記者会見で「非常に感動した。就任演説のキーワードは社会連帯だ」と称賛した。一方、「人民の人民による人民のための政治という原点に戻ろうとしているオバマ新大統領と、自分の自分による自分のための政治、おれ様政治を強行しようとしている自民党政治は対極にある」と麻生太郎首相を批判した。

<Yahoo Newsより>

 すごいよねー。
 まだなーんにもしちゃいないのに、演説聞いただけで感極まって『人民の人民による人民のための政治という原点に戻ろうとしている』とか言っちゃうあたり、どんだけ脳内お花畑ですかってな話です。
 首脳などが変われば、しばらく様子見するのが常。
 まぁ抽象的に『友好関係を進化させる』とかなんとか言うリップサービスくらいはいいかもしれませんが、相手のやろうとしていることが見えない時点でこんだけベタ褒め。
 これでアメリカ国民や世界が納得しない執政したら、一体どう弁明するつもりなんでしょうか、ミズポたん。
 まぁ、もはや終わった残りカス、国会の井戸端政党である社民党、その党首程度なら、そんなこと気にしなくてもいいのかもしれませんが、ね。

|

« 民意とマスゴミ これほど違う | トップページ | 風邪と偏向にご注意を »

コメント

こんばんは。

>ミズポたん? まだ何にも始まってませんよ?
>どんだけ脳内お花畑ですかってな話です。
>もはや終わった残りカス、国会の井戸端政党である社民党

本当に、(日本にとって)迷惑な話です。
まだ、オバサンら(女性学、フェミニスト系)の支持層もあるのです。
(いかにも、井戸端好きそうです)
誤解を恐れずに言うと、(自分の過去の清算や夢の投影で)韓流スターを支持する層と似ているのです。

もう一つ、誤解を恐れずに言うと…
顔に品性が表れています。
政治家でないけれど、櫻井氏の上品なこと。(笑)
やはり、お肌の手入れは自分の言動の精査と似ています。
化粧しっぱなしで手入れを怠った肌は、年とともに醜悪になります。
それは、言いっぱなしで責任を取るとは思えない姿勢と同じなのです。
生きる姿勢があらわれているのだと思います。

それは、姿かたち、美形かどうかを超えたものだからです。
現実を受け入れ、真摯な将来を見据えた対応を忘れない。賢さ。ですね。
櫻井氏が、64歳とは… 凄過ぎます。
そんな、良い年の取り方を見習って欲しいものです。(笑)

投稿: 元気 | 2009年1月24日 (土) 23時45分

元気様、コメントありがとうございます。

>誤解を恐れずに言うと、(自分の過去の清算や夢の投影で)韓流スターを支持する層と似ているのです

 過去の清算、あたりは定かではありませんが、確かに韓流ミーハーが多いような気がしますね、社民支持って。
 ……むしろ社民支持が韓流支持なんでしょうか?

>化粧しっぱなしで手入れを怠った肌は、年とともに醜悪になります

 私は化粧したことがございませんので何ともいえないのですが、櫻井氏は実に毅然とした振る舞いをなさってると思いますね。

>言いっぱなしで責任を取るとは思えない姿勢と同じ

 確かにあの党(旧社会党)は、そもそも自衛隊違憲、非武装中立を指向していたくせに、政権とったら自衛隊合憲と言い、下野した途端、また『あれは誤り、やっぱり自衛隊は違憲』とか言ってましたね。
 『責任? 何それ美味しいの?』とか、そんな勢いの社民党。
 未だ政党の体を成しているのが私には不思議でたまりません。

>櫻井氏が、64歳とは… 凄過ぎます

 これは……知りませんでした。
 もっとお若く見えますが……。
 なんでしょう、毅然と生きると若さを保っていけるんでしょうか?w

投稿: 東雲一葉 | 2009年1月25日 (日) 04時33分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミズポたん? まだ何にも始まってませんよ?:

» 道を歩いていると法律条文が思い浮かんでくるようになりました [東京大学(東大)/大学院に合格する記憶力アップ法【宮口式記憶術のやり方】]
最初は、覚えたい内容が抽象的な法律条文だったのでイメージ化が難しかったが、道順とのアタッチメントを何度かトライしている内に、道を歩いていると法律条文が思い浮かんでくるようになりました。 以前は覚えては忘れの繰り返しで定着を図るような力づくのやり方でしたが、記憶術を利用すると記憶については楽になりました。 来年こそは目標の試験を突破したいです。 ●星野明弘さま 埼玉県 44歳  ... [続きを読む]

受信: 2009年1月24日 (土) 23時45分

« 民意とマスゴミ これほど違う | トップページ | 風邪と偏向にご注意を »