« 『やるやる詐欺』は民主じゃねぇか | トップページ | 定額給付 民主は貰っちゃいかんだろう »

2009年2月 5日 (木)

首相の『貰う』『貰わない』 そんなに重大な問題か?

 相変わらずやかましいですね、定額給付金問題。
 まぁマスゴミがこぞって騒いでいるというだけの話かもしれませんが、今度はまたぞろ首相の『貰う』『貰わない』で騒いでいるようですよ。

<以下引用>

<定額給付金>麻生首相「もらわない」
2月5日2時35分配信 毎日新聞

 麻生太郎首相が2日の自民党役員会で、定額給付金を自身は受け取らない意向を示したことが4日、明らかになった。首相はこれまで給付金受け取りについて態度表明を避けてきたが、辞退方針が表面化したことで、制度導入の是非や景気刺激効果などへの批判が再燃しそうだ。

 複数の党幹部によると、首相は出席者から給付金を受け取るかどうか聞かれ、いったんは「決めていない」と発言。笹川尭総務会長が「優柔不断に見られるので明言した方がいい」と促すと、「もらう意思はない」と答えたという。

<Yahoo Newsより>

 もいっちょ。

<以下引用>

給付金辞退発言を否定=首相「明言したことない」-衆院予算委
2月5日11時19分配信 時事通信

 麻生太郎首相は5日午前の衆院予算委員会で、定額給付金の受け取り辞退に言及したとされる先の自民党役員会での自らの発言について「誤報だと思う。このようなことをまだ、わたしは役員会で明言したことはない。新聞(報道)のような事実はない」と否定した。民主党の川内博史氏に対する答弁。
 自民党幹部は、首相が2日の役員会で、給付金への対応を問われて「受け取る気はない」と答えたとしていた。

<Yahoo Newsより>

 なにやら以前より、首相や閣僚の受給する、しないが取り上げられておりますが、東雲には、これの何が重要なのか、まったくもって分かりません。
 
 そもそも定額給付金の目的は二つ、

 1.低所得者支援
 2.景気対策

 であるわけでして、1.について言えば高額所得者に配布する意味はございません。
 しかし2.を考えた時に、いかに高額所得者だからといって『景気のために金を使おう』だなんて思わないでしょうから、『1万2千円上げるから、それプラスαで何か使って』と、購買を補助することはそれなりに有効であると考えられます。
 つまり政治家など経済に責任のある人間が『景気のために金を使おう』と思ってくれれば、もっと言ってしまえば一人頭1万2千円以上使ってくれれば、定額給付金を貰おうが貰うまいが関係ないのです。

 定額給付金について話すときには、以上の観点から低所得者への給付と高所得者へのそれを分けて考えなければなりません。
 普段はマスゴミはじめ給付反対者も1.をことさら強調し、『高所得者への給付けしからん!』と喚きたてるくせに、何故か本件に関しては低所得者も高所得者も一緒くたに扱って、『制度導入の是非や景気刺激効果などへの批判が再燃しそうだ』なんて馬鹿なことを喋りだす。

 『貰って使えばいいし、貰わなくても使えばいい』

 そんな、モラトリアムな学生すら理解できることをエリートを自称する記者が理解できないとは、日本のマスメディアも地に落ちたものでございます。

 麻生首相も『貰わないと言ったことは無い』なんてお茶を濁さず、『貰わんでも1万2千円以上使う』と言えばよろしいのに。

 むしろ闇不動産や西松からの闇献金で潤ってらっしゃるオザー大先生が、庄屋なんて使わずに総資産の80%くらい使って豪遊なされたほうが経済効果あるんじゃないでしょうか?w

|

« 『やるやる詐欺』は民主じゃねぇか | トップページ | 定額給付 民主は貰っちゃいかんだろう »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首相の『貰う』『貰わない』 そんなに重大な問題か?:

« 『やるやる詐欺』は民主じゃねぇか | トップページ | 定額給付 民主は貰っちゃいかんだろう »