« ポッポ首相 公約なんてケンチャナヨ | トップページ | まだまだばら撒き足りないッ! by民主 »

2009年10月10日 (土)

要は『何も考えてませんでした』ってことだろう?

 もうね、ポッポ政権樹立からこっち、ツッコミどころ満載の言動ばっかりしておりまして、どこからツッコんでいいやら分からない、正直手に余っております東雲です。
 以前、冗談めかしてブログのサブタイを『本日のバカジャネーノ?』にしたほうがいいかしらんとか書いておりましたが、それこそ本日を午前、午後に分けないと無理なんじゃないかと、そんな勢いの昨今です。
 さすがにサブタイ案を思いついた当初は『いくらなんでも毎日『バカジャネーノ?』的ニュースはねぇだろう』と、これを見送ったわけですが、さすが民主党といいますか、予想の遥か斜め上を逝く。
 東雲如き凡夫には到底ついていけません。
 まぁもっともだからといって、ブログ記事を書くのを辞めてやるつもりは無く、いっそ本気でサブタイを『本日の『バカジャネーノ?』』に変えちまいました。
 とりあえず『バカジャネーノ?』成分が減衰するまでは本サブタイで行こうと思いますが、まぁ民主政権であるうちはサブタイ変更ないでしょうねw

 とゆーわけで本日の『バカジャネーノ?』はこちら。

<以下引用>

「現実との乖離」に苦悩する鳩山首相 沖縄、景気対策で転換姿勢  
10月10日0時38分配信 産経新聞

 鳩山由紀夫首相は9日、衆院選マニフェスト(政権公約)について「金科玉条ではない」と柔軟対応に言及した。日々の国家運営を通して、野党時代の延長線上で作った公約や、自身の発言どおりに政策を実行することの難しさに直面したためだ。

 鳩山首相は景気刺激策としての2次補正予算の編成にも触れたが、野党時代に「これ以上は国家が持たない」と述べ、減額すら主張した赤字国債でも、景気刺激の必要性の前では、方針転換を迫られかねない。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題は深刻だ。民主党は選挙戦で県外移転を訴えたが、米政府は再交渉に応じる気配がない。岡田克也外相らは9日、首相官邸で対応を協議したが、「米国の態度は硬い」との声がもれた。

 今月20日にはゲーツ国防長官、来月にはオバマ大統領が相次ぎ来日する。ここで、日米の擦れ違いが顕在化する事態だけは避けたいのが本音だ。

 政府は合意経緯の再検証を進め、かつて浮上した米軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)への統合案や沖縄県などが求める移設地の沖合移動などで米国との再交渉の余地を探ろうとしている。「公約違反」の批判を避けたいためだが、沖縄の世論の行方も見えない。

 インド洋上での補給活動に代わるアフガニスタン支援策でも「公約と現実の乖離(かいり)」は進む。

 民主党はインド洋上の補給支援を延長しない代わりに、アフガンへの民生支援を検討するとしてきた。だが人的貢献など代替案はなく、党内からも「給油延長は現実的な選択肢」との声も出始めた。八ツ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)の建設中止も、建設方針を受け入れた地元住民や自治体と対立し、長期化する可能性もある。

 鳩山氏は「マニフェストは国民との契約」とする。だが、公約実現で不利益を被る国民に理解を求めるプロセスは不可欠だ。

 さらに、「公約違反」の批判を恐れず、本当の政治的判断ができるかどうか。その判断こそ、政権与党の責任といえるだろう。

<Yahoo Newsより>

 これってさ、とどのつまりが『何も考えてませんでした』ってことですよね。

 いやもうホントに

 バカジャネーノ?

 大体、国債に関しちゃそも不景気で税収減&景気対策で予算必須と、増発せざるを得ない状態だったことは明らかだったわけです。
 ましてや『子ども手当て』だの『高速無料化』だのといったバラマキを『公約』している以上、とてつもない財源が必要なのは自明の理。
 民主や一部自民勢力、また一部国民の中には『埋蔵金』だの『無駄遣い』だのといった幻想にとらわれ、『増税や国債増発なぞ不要!』なんて勘違いした輩がおりましたが、額面見てみりゃそんなことありえないなんてアフォでも分かるお話でございます。
 『無駄遣い』なんて言いながら『必要な部分』まで一切合財カットして『目標の3兆円に近い』なんてホルホルし、挙句それでも足りないと分かったら『やっぱりアレ無しね』と国債増発
 結局何も考えてなかったわけですよ。

 いやもうまったく

 バカジャネーノ?

 大体、普天間問題だって選挙前からずーっと言われてました。
 それを調子こいて『国外、少なくとも県外移設』なんて言い、今更『米国の態度は硬い』なんてほざく
 やっぱり何も考えてなかったわけですね。

 しつこいようですが

 バカジャネーノ?

 アフガン支援だって、海上給油は自衛隊を最も危険に晒さず、しかし国際貢献を強調できるかなりの良策であり、各国からも継続支援要請があるわけですが、旧社会党勢力か何か知りませんが自衛隊アレルギーから『撤退、民生支援』と。
 つーか情勢が不安定な土地で『民生支援』なんて無理、無茶、無駄だってことも分かりませんか?
 そもそもそんな危険な場所に一体誰を行かせるんですか?
 仮に『民生支援』が『金を出す』って話なら、その金はどこから出すんですか?
 つーか湾岸戦争の話はノーミソからすっぽ抜けてますか?
 まさに思慮の欠片も見出せない愚挙でございまして、本当に

 バカジャネーノ?

 いやもうホント、呆れ返るばかりですが、これは何も民主だけのせいでは無いわけで民主に入れた有権者には猛省していただきたいところでございます。
 大体、看板マニフェストに過半数が反対と言いながら民主に投票するその思考メカニズムが東雲にはさっぱり理解できない。

 誰だ『自民におしおき』なんて中二病丸出しで投票用紙書いた奴!

 もう本格的に

 バカジャネーノ?

 政権も国民も『バカジャネーノ?』のオンパレード。
 一体、こんな日本に誰がした?

|

« ポッポ首相 公約なんてケンチャナヨ | トップページ | まだまだばら撒き足りないッ! by民主 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 要は『何も考えてませんでした』ってことだろう?:

» 今、このCMの意味するところを噛み締めてみよう。 [中小企業診断士えんさんの視点!]
概算要求、過去最大の90兆円台前半=再提出、15日締め切り10月14日19時2分 [続きを読む]

受信: 2009年10月14日 (水) 23時33分

» 実録!ポッポ政権:マエハラ大臣の巻 雲國齊世録(129) [雲國齊の無謀]
インターネットの巨大掲示板の人気(?)シリーズのつづき。 今度はマエハラ大臣の巻 [続きを読む]

受信: 2009年10月19日 (月) 20時54分

« ポッポ首相 公約なんてケンチャナヨ | トップページ | まだまだばら撒き足りないッ! by民主 »