« 人様のせいにするなよ | トップページ | 危機管理もできないぽっぽ »

2009年10月22日 (木)

もう『鳩山嘘つき内閣』で良いんじゃね?

 もう既に諸ブログ様で書かれており、今更感漂うネタでございますが、それでも書かずにはおられません。

 そんなわけで本日の『バカジャネーノ?』はこちら。

<以下引用>

脱官僚は看板倒れか 日本郵政新社長人事
10月21日19時45分配信 産経新聞

 政府が日本郵政の次期社長に旧大蔵(現財務)省の斎藤次郎元事務次官を内定したことで、鳩山由紀夫首相が掲げる「脱官僚依存」「天下り禁止」が看板倒れになるとの懸念が出始めている。政府が臨時国会に提出する日本郵政の株式売却凍結法案もあいまって、今後は日本郵政の官業色が強まることが予想されるためだ。「官から民へ」と訴えた小泉純一郎元首相の構造改革の本丸に乗り込む斎藤氏。「官僚中の官僚」と呼ばれた人物の登用は、官僚依存から抜け出せない鳩山政権の実情を象徴しているようだ。(酒井充)

 日本郵政社長に斎藤氏が内定したとの一報が駆けめぐった21日、財務省内には驚きと歓迎の声が上がる一方、民主党の対応への疑問も広がった。

 「あの日銀総裁選びの騒ぎは何だったんだ」

 民主党や社民党は野党だった昨年3月、政府が日銀次期総裁として提案した元大蔵事務次官の武藤敏郎、田波耕治両氏について、相次いで不同意とした。理由は「財政と金融の分離」の原則に反するから。民主党幹事長だった鳩山首相も当時、「日銀総裁は財務省の究極の天下りポストだ」と批判していた。

 こうした過去もあり、政府は21日、火消しに躍起となった。平野博文官房長官は記者会見で、「斎藤氏は郵政事業の見直しができる人物だ。(昨年は)日銀の独立性が担保できないと考えて反対した。今回の人事とは違う」と強調した。ただ、民主党関係者は「斎藤氏の場合、『渡り』を経ての天下りだといわれても仕方ない」と漏らす。

 自民党の大島理森幹事長は21日、「日銀総裁選びでは財務省出身だからいけないと強烈な抵抗にあった。一貫性があるのか」と政府の対応を批判した。

 ある財務省幹部は、「斎藤氏を通じて日本郵政とのパイプが太くなるのは悪い話ではない」と語る。日本郵政は郵便貯金と簡易保険による資金の8割を国債で運用している。平成22年度予算は50兆円超の国債発行がほぼ確実で、「今後も国債の買い手として郵政に期待している」(幹部)というわけだ。

 政府は民営路線は堅持するとした日本郵政の見直しの基本方針を20日に閣議決定した。だが、制度設計は定まっておらず、「少しずつ郵政国営化に向かうのでは」(自民党幹部)との指摘も出ている。

<Yahoo Newsより>

 はいはい脱官僚脱官僚。

 閣僚に官僚OBが一杯いるのも脱官僚。
 質問取りに官僚使うのも脱官僚。
 み~んな、全部脱官僚。

 バカジャネーノ?

 そんな現実目の当たりにして未だ支持率60%超とか。

 ホント有権者も

 バカジャネーノ?

 まぁぶっちゃけますとね、東雲は優秀であれば誰起用したって良いと思ってるんですよ。
 斉藤氏が有能であれば使えばいいし、官僚だからダメってこたない。
 官僚、特に事務次官なんてのは国家一種受かって過酷な次官レースに生き残った人間ですよ。
 良くも悪くも一般人なんかよりよっぽど優秀でしょう。
 方向性さえ見誤らなければいいと、そう東雲は思うわけです。

 しかし『官僚はダメ! 何であろうととにかく官僚がダメ!』と言っていたのは、他でもない、民主ですよ?
 それがこれ、あまりにもお粗末。

 『日銀の独立性が担保できないと考えて反対した。今回の人事とは違う』とかなんとか言っているようですが、元官僚であることに変わりは無いでしょ。

 またか?
 また嘘吐くわけですか?
 政権取得からこっち、あーたがた嘘ばっかり言ってませんか?

 これまで多くの内閣にあだ名が付いていましたが、

 もう現内閣は『鳩山嘘つき内閣』でいいじゃん。

 そんな風に思う今日この頃です。

|

« 人様のせいにするなよ | トップページ | 危機管理もできないぽっぽ »

コメント

 鳩山由紀夫がいかにごまかしの言い訳をしても、斎藤次郎は明らかに天下り・渡りである。
天下り・渡りを問題にしてきた民主党が自ら天下り・渡りをさせるわけであるから、鳩山由紀夫は責任を取るべきである。
民主党は異様な特異体質であり、亀井静香や千葉景子などのアキレス腱が多い。
鳩山・亀井・斉藤の社会主義国営の郵便局は決して使わず、コンビニとヤマト運輸と銀行等を利用しよう。
そして、官営郵政を衰退させて、預金が国債の購入に使われないようにしたい。

投稿: 民主党の渡り人事 | 2009年10月22日 (木) 19時31分

民主党の渡り人事様、コメントありがとうございます。

>鳩山由紀夫がいかにごまかしの言い訳をしても、斎藤次郎は明らかに天下り・渡りである

ですよねぇ、どう見ても。


>天下り・渡りを問題にしてきた民主党が自ら天下り・渡りをさせるわけであるから、鳩山由紀夫は責任を取るべきである

自分の言葉には責任を持っていただきたいところですね。
野党だからって好き勝手言ってきた、そのツケが回ってきたってことでしょうか。
相変わらずブーメラン好きな政党ですが、許されることじゃありません。


>民主党は異様な特異体質であり、亀井静香や千葉景子などのアキレス腱が多い。

全くです。
以前、『鳩山内閣のそうそうたるメンバー(嗤』でも書きましたが、亀井、千葉に限らず、ホントあり得ないくらいにめちゃくちゃなメンバーばかり。
それこそホントに『ツッコミ待ちじゃねぇの?』と思わせるくらいに。
『アキレス腱が多い』というよりも『全身アキレス腱』と形容した方が良いかもしれません。

投稿: 東雲一葉 | 2009年10月23日 (金) 10時23分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう『鳩山嘘つき内閣』で良いんじゃね?:

» 斎藤次郎 天下り [アスヨミ!ニュースダイジェスト]
[ニュース] さっそく矛盾が露呈してきた 日本郵政の後任社長に元大蔵省(現財務省)事務次官の斎藤次郎氏(73)が決まった。今でも古巣の財務省に影響力を持つと言われる官僚トップOBの起用は、「脱官僚依存」を掲げる鳩山政権の理念とは大きく異なる人選だ。asahi.com(朝日(続きを読む) もう『鳩山嘘つき内閣』で良いんじゃ 脱官僚は看板倒れか 日本郵政新社長人事10月21日19時45分配信 産経新聞 政府が日本郵政の次期社長に旧大蔵(現財務)省の斎藤次郎元事務次官を内定したことで、鳩山由紀夫... [続きを読む]

受信: 2009年10月22日 (木) 19時22分

» 保険見直し [保険見直し]
保険見直しについてのまとめ [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 15時34分

« 人様のせいにするなよ | トップページ | 危機管理もできないぽっぽ »