« 奉祝 天皇陛下御在位20周年 | トップページ | 貴様はどこの国の総理大臣だ? »

2009年11月13日 (金)

能力なんか必要ない! by 仙谷

 基本、グループのトップには能力がある人間が立つものでございます。
 古来より無能がトップに立った場合の惨劇は官民問わず酷いものでした。
 現総理見りゃ分かりやすいとは存じますが。

 そんなことを考えつつこの記事を読みますと、まず間違いなく『バカジャネーノ?』と感じられるだろう、そう思います。
 ご覧ください。

<以下引用>

競争に敗れたら独法役員になろう!? 超不人気でPR躍起
11月13日7時57分配信 産経新聞

 仙谷由人行政刷新担当相が、官僚OBの天下り根絶に向け鳴り物入りで始めた独立行政法人・特殊法人役員の公募に希望者が集まらず、25日の締め切りを控え関係者が頭を抱えている。募集ポストの任期が2~3年と短いことなどが原因とみられるが、「脱官僚依存」を掲げる鳩山政権の目玉政策は意外な不人気に見舞われている。

 仙谷氏は先月30日、これまで官僚OBが就いていた理事や監事50ポストについて、後任者の公募を始め、インターネット上で専用サイトも立ち上げた。ところが、ふたを開けてみると、今月中旬になっても9法人11ポストにわずか12人の応募しかない状態だ。

 このため、仙谷氏は10日の記者会見で「私も広告塔になる」と宣言。さらに、「民間企業でラインから外れ、力量発揮の場を探さざるを得ない方の積極的な応募をお願いしたい」と、企業内競争に敗れた民間人にラブコールを送った。

<Yahoo Newsより>

 もう本格的に

 バカジャネーノ?

 と。

 独立行政法人だの特殊法人だのってのは、国民にとって重要な意味を持つものが多いわけですが、そんな重要なところの役員ポストを、言葉は悪いですが、民間で生き残れなかった負け犬に任せると?

 寝言は寝てから言ってください。

 そもそも民主は『天下り根絶』だとか『脱官僚』だとか喚いてますが、これまでそれに近い仕事に携わってきた官僚OBにやらせるのと、ズブの素人でしかも民間での敗退者にやらせるの、どっちが合理的ですかって話です。

 無論、無能なOBを無条件に『天下り』させろなんて言いませんが、官僚を目の敵にする理由が東雲にはさっぱり分からない。
 特に高級官僚なんてのは曲がりなりにも国家一種なり何なり難関を突破し、過酷な出世レースに生き残ってきた人間ですよ。
 ズブの素人と比べるまでも無く『使える』でしょうよ。

 かつて、当時の麻生首相が『官僚を排除するのではなく、いかに使うか』と言っておられましたが、まさにその通り。
 それをただ『元官僚だから』というだけで排除。

 バカジャネーノ?

 しかし一方で日本郵政の斉藤氏や人事院人事官の江利川氏には『天下りには当たらない』と苦しい言い訳。

 バカジャネーノ?

 斉藤氏や江利川氏に限らず、有能だと思うなら使えば良いじゃねぇのと、そう思わずにはいられません。

 官僚を悪者に仕立て上げヒーロー気取ってた民主党
 今更ながらにそのツケが回ってきておりますが、ホント、ブーメランが好きな政党ですねぇw

|

« 奉祝 天皇陛下御在位20周年 | トップページ | 貴様はどこの国の総理大臣だ? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 能力なんか必要ない! by 仙谷:

« 奉祝 天皇陛下御在位20周年 | トップページ | 貴様はどこの国の総理大臣だ? »