« 何で氷酢酸飲もうとするかな…… | トップページ | 仕分け人 科学技術知りもせず »

2009年11月25日 (水)

変態毎日 擁護記事にも程がある

 ぶっちゃけますと本日東雲、ちょいと仕事関係で徹夜明けでございまして、ブログ更新をするつもりはなかったんですが、こんな記事見てしまうともう書かずにいられない。

 そんなわけでやたら短い上、文章がところどころおかしいかもしれませんが、しばしの間お付き合いください。

 つーわけで本日の『バカジャネーノ?』はこちら。

<以下引用>

<サンデー時評>「ヒトラー呼ばわり」をめぐって
11月25日17時1分配信 毎日新聞

 前任者の麻生太郎さんにくらべると、鳩山由紀夫首相は失言、放言がほとんどない。麻生さんが多すぎたからでもあるが、鳩山さんは国会答弁などを割合器用にこなしている。

 戦後の歴代首相のなかで、国会論議の想定問答を事前に用意する官僚たちが、

「任せていても安心だ」

 と答弁能力を買っていたのは、岸信介、福田康夫、宮沢喜一の三人だった。三人とも、上手というよりはソツがない。高級官僚出身で頭脳明晰、言葉じりをつかまえられることがなかった。

 その点、鳩山さんもソツのなさはあるが、最近は発言にぶれがみられる。失言とまでは言えないにしても、気になる言い回しが時折ある。そのひとつ、衆院本会議の論戦で、自民党の谷垣禎一総裁が財政再建問題をただしたのに対し、

「あなた方に言われたくない」

 と反駁したのは、不評だった。このあとの衆院予算委員会で自民党の加藤紘一元幹事長が、

「首相があんなことを言ってはいけない。野党ボケだ」

 とたしなめると、鳩山さんは、

「つい反射的に出た。谷垣さんに不信感を与えたのは遺憾だ」

 と答えた。謝るのも早い。

 ところで、谷垣さんにも尾を引いている発言がある。鳩山さんの初の所信表明演説(十月二十六日)の直後、本会議場での若い民主党議員たちの反応について、

「ヒトラー・ユーゲントがヒトラーの演説に賛成しているような印象を受けた」

 と批評したのだ。日ごろ温厚な谷垣さんにしては、思い切った発言だなあと私も驚いた。

 確かに、民主党席の前方に陣取る新人議員百数十人の振る舞いはだれの目にも異常に映った。鳩山さんがワン・センテンス言い終わるたび、いっせいに拍手の渦、

「そうだっ」

 と唱和し、終了時にはスタンディング・オベーションまで演じたのだ。この仕掛け人は二列目に座っていた新人の斉藤進さん(静岡八区・三十八歳)で、

「だれに指示されたわけでもなく、(鳩山演説の)自殺で息子を亡くしたお年寄りのくだりに感極まって思わず立ち上がった」

 とインタビューで述べていたが、そうなのだろう。別におかしい行動ではないが、斉藤さんにほかの新人たちがこぞって同調したのは国会では見慣れない異様な風景だった。

 さて、谷垣さんが比喩に持ち出したヒトラー・ユーゲントは、ナチス(国家社会主義労働者党の通称。ファシズムの代名詞になっている)の青少年団のことだ。一九二六(大正十五)年、ヒトラーがナチスによるドイツ支配を徹底させるために組織した。十年後、すべての青少年に加入が義務づけられたという。

 教養人として定評のある谷垣さんの目に、民主党新人の行動とヒトラー・ユーゲントの狂信的なイメージが二重写しになったのだ。刺激的な批評というだけでなく、二人の党首にかかわることだから、見過ごしにできないものを感じる。

 ◇民主党批判の谷垣発言 念頭には剛腕・小沢氏

 やはり反論がでた。谷垣発言に対して、東京都八王子市在住のドイツ人大学院生、シュテファン・ゼーベルさん(三十三歳)が、『毎日新聞』の投書欄(十一月十六日付)で、

〈ドイツ人として、このようにドイツのナチ時代が、相手を誹謗中傷するために利用されるのは非常に軽率だと思い、個人的に不快感を抱いた〉

 と異を唱えたが、その気持ちはわかる。問題は次のゼーベルさんの主張だ。

〈民主党政権とナチス政権の一体どこに共通点があるのか。自民党は、民主党に政権交代した途端、日本が再びナチスのように侵略戦争を起こし、何百万人もの死者を出すと本気で考えているのだろうか。

 むしろ、私自身はいまの民主党政権について正反対の印象を受けている。ようやく市民主体の生き生きとした民主主義の時代が始まった……〉

 これはゼーベルさんの過剰反応である。谷垣さんは民主党をナチスと同一視したのではない。いわんや鳩山さんをヒトラーみたいと批判したわけでもない。

 新人議員たちの付和雷同的な集団行動が、ヒトラー・ユーゲントをほうふつさせる、と言っただけなのだが、それなら比喩の仕方がおかしい、という批判はまぬがれない。なぜなら、谷垣発言を、そのまま聞けば、

「ヒトラーの演説に……」

 と鳩山さんとヒトラーを重ねていると受け取られかねない言い回しになっているからだ。

 では、谷垣さんの意識のなかに、〈ヒトラー〉がまったくなかったかといえば、だれもが、あの発言を聴いた瞬間に、

「あ、鳩山さんでなく、小沢さん(一郎・民主党幹事長)を念頭に置いているな」

 と感じたはずである。

 鳩山政権が発足してから二カ月あまりが過ぎたが、新聞報道のなかには、

〈民主党の最高実力者、小沢一郎幹事長は……〉

 という表現がみられだした。かつて中国の?小平にも同じ言葉が用いられたが、いまや小沢さんが民主党の頂点に君臨しているとみられている。

 しかも、小沢さんによる党内統治、国会改革などの政治手法について、自民党首脳は、

「上意下達、中央統制、国家社会主義的な政治で、自民党が闘うべき対象だ」

 と警戒し、谷垣さんも似たような批判をした。国家社会主義はまさにナチスが掲げた政治思想で、自民党は小沢さんをヒトラー的リーダーとみ始めていることがわかる。そういう背景があったからこそ、谷垣さんは思わず口走ったのだろう。

 民主党は当然、ヒトラー呼ばわりは見当違いの誹謗と反発する。大勝・民主党と大敗・自民党の対立は、意外な展開をみせることになりそうだ。ことは民主主義の質にかかわる。しっかり議論を深めてもらいたい。

<今週のひと言>

 普天間移設は沖縄県外を探せ。

(サンデー毎日 2009年12月6日号)

<Yahoo Newsより>

 先生、もうどこからツッコんでいいか分かりませんorz

 だっていきなり『鳩山由紀夫首相は失言、放言がほとんどない』ですよ?
 発言が二転三転、毎日ネタに事欠かない、失言というか存在自体間違っている我らがぽっぽ首相に対して『鳩山由紀夫首相は失言、放言がほとんどない』ですよ?

 お前それ釣り針デカすぎるわ

 いやまぁまんまと釣られるわけですがw

 大体、麻生前首相の『失言』は言葉の上っ面や漢字の読み間違い(中には間違ってないような言葉もあったり)を殊更騒ぎ立てただけのこと。
 一方ぽっぽは本質的に問題発言を連発しているわけです。
 それを言うに事欠いて『鳩山由紀夫首相は失言、放言がほとんどない』『国会答弁などを割合器用にこなしている』と。

 バカジャネーノ?

 『失言とまでは言えない』どころじゃねぇよ。
 立派に問題発言の嵐だよ。

 で、それでもぽっぽの『ブレ』を取り上げるのかと思ったら、いきなり谷垣氏の『ヒトラー・ユーゲント発言』批判ですよ。

 あ…ありのまま今起こったことを話すぜ!

『おれは毎日のぽっぽ『ブレ』批判を聞いていたと思ったらいつの間にか谷垣氏批判を聞いていた』

 な…何を言ってるのか分から(ry

 いやもぅさすがは変態毎日。
 常人には理解できない思考回路ですねぇ。
 
 で、挙句『<今週のひと言> 普天間移設は沖縄県外を探せ。』

 いやいやいやいや訳分かんねーよ!

 一体何の話してんだよ!

 ポルナレフ二回目はくどすぎるわっ!

 もうね、こんなアホ記事載せる新聞社が未だ存続できるってぇ現状が東雲には理解できません
 今日日小学生の方がまだマシな作文書けますよ。

 イヤー、ニポンジン優シクテ、ホント良カタデスネ変態サン。

|

« 何で氷酢酸飲もうとするかな…… | トップページ | 仕分け人 科学技術知りもせず »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変態毎日 擁護記事にも程がある:

» ガラス瓶に手紙を入れて [ガラス瓶に手紙を入れて]
少し前の日本を知る方々が、手紙をガラス瓶に入れ海原へと流して下さいました。このブログの浜辺へとたどり着いた、これらのメッセージが、現代・未来を生きる皆さまの心へ届きますように---。 [続きを読む]

受信: 2009年11月25日 (水) 21時47分

« 何で氷酢酸飲もうとするかな…… | トップページ | 仕分け人 科学技術知りもせず »