« 科学発展? ケンチャナヨ! by 必殺仕分け人(嗤 | トップページ | 誰かこの馬鹿を黙らせろ!(2) »

2009年11月16日 (月)

誰かこの馬鹿を黙らせろ!(1)

 つくづくノーナシぽっぽの馬鹿っぷりに辟易です。
 しかもそれが本稿含めてシリーズ三部作ってんですからシャレになりません。

 とりあえずこちらをご覧ください。

<以下引用>

「背信行為」と石破氏 米の対応硬化招く可能性も
11月15日17時32分配信 産経新聞

 鳩山由紀夫首相が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、13日の日米首脳会談で合意した日米閣僚級作業グループでの検討は、名護市への移設を決めた平成18年の日米合意を前提としないと述べたことが波紋を広げている。岡田克也外相は首相の考えに同調したが、自民党の石破茂政調会長は15日、「背信行為とも言うべきだ」と批判し、民主党の長島昭久防衛政務官も「正直びっくりした」と語った。

 「オバマ大統領とすれば日米合意を前提と思っていたいだろうが、それが前提なら作業グループを作る必要がない」

 首相は14日夜、訪問中のシンガポールで記者団と懇談しこう語った。一方、大統領は同日の演説で「(作業グループは)すでに達した合意を履行するためのものだ」と述べており、認識の違いは明確だ。

 岡田氏は15日、フジテレビの「新報道2001」で、「日米首脳会談で合意したのは検証作業だ」と述べ、あくまで現行計画に至る経緯の解明が目的だとして首相に同調。ただ、「検証するということは『変える』と言っているわけではない」とも語った。

 これに対し、石破氏は15日、記者団に「こんなことなら首脳会談をしない方がよかった」と強調。さらに「大統領の言ったことが合意の中身だと思う。首相は自分の言ってきたことと整合性を取るために合意をなかったと言ったとしか思えない」と指摘。長島氏もNHKの番組で「オバマ大統領が『今の日米合意を迅速に実行する』と言ったにも関わらず、首相が(打ち消すような)話をして正直びっくりした」と述べた。

 日米間の懸案となっている普天間飛行場の移設問題をめぐっては、首相は衆院選の最中、国外・県外移設を目指す考えを表明していた。9月の就任後、「移設先は名護市しかない」とする米側の姿勢が硬いことから対応に苦慮。13日の首脳会談では、主要議題を「個人的信頼関係の構築」に置き、ひとまず結論を先送りすることでどうにか米側の配慮を取り付けた。

 オバマ政権は普天間移設に伴う米海兵隊のグアム移転費も含む2010年度予算編成を年末に固める必要がある。タイムリミットは迫っており、大統領も首脳会談で「迅速な決着」を促している。そうした中で大統領の発言を否定するかのような首相発言は、「不確実な状況が続くことは望ましくない」(クリントン国務長官)とクギを刺してきた米側の態度を一気に硬化させる可能性もある。

<Yahoo Newsより>

 もいっちょ。

<以下引用>

普天間先送り発言、米の鳩山首相不信に拍車も
11月15日6時18分配信 読売新聞

 【シンガポール=川嶋三恵子】鳩山首相は14日、訪問先のシンガポールでの同行記者団との懇談で、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題について、「迅速な結論」で合意した13日の日米首脳会談から、一転して結論先送りの可能性に触れた。

 米側は「首脳レベルでの公約は極めて重い」とみなしており、鳩山政権に対する不信感に拍車がかかるのは必至の情勢だ。

 首相は、現行移設先の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部を抱える沖縄県名護市長選(来年1月)の結果を見極めることも、改めて選択肢の一つだと述べた。選挙の結果、移設反対派が当選すれば、現行計画が暗礁に乗り上げる恐れが出てくることを「織り込み済み」と受け取られかねないものだ。

 さらに、この問題に関する日米の外務・防衛担当閣僚級の作業部会での協議について、オバマ大統領は首脳会談後の共同記者会見と14日の演説で「日米合意の履行」が前提だと繰り返したが、首相は14日、「答えが決まっているなら、作業部会を作る意味がない」と述べ、作業部会の位置づけについても共通見解がないことが明らかになった。

 米側は「首相が『できるだけ早く結論を出す』ことで同意した以上、日米合意に基づいて移設を履行する」と受け止めていただけに、今週中にも開かれる予定の作業部会での協議は冒頭から難航が予想される。

<Yahoo Newsより>

 バカジャネーノ?

 と、言うことすらもうウンザリだ。

 『オバマ大統領とすれば日米合意を前提と思っていたいだろうが、それが前提なら作業グループを作る必要がない』なんて言ってますが、迅速に結論を出すことで一致しておきながらそれを反故にするって何なの? 馬鹿なの?

 『沖縄県名護市長選(来年1月)の結果を見極める』ってさ、沖縄県民が反対だったら国際公約破っていいのか?
 大体もしそうなった場合に『また議論し直す』とか言うのか?
 現行案が出るまでにどれだけ紆余曲折し、時間がかかったかも知らねぇのかこの馬鹿は?

 バカジャネーノ?

 どころじゃない。

 アンタのーみそありますか?

 ってな勢いですよ。

 しかもそんなことを首脳会談直後にぶっちゃける
 首脳会談で何くっちゃべったのか、あるいは問題自体に触れてないのか知りませんが、相手がいるときには何も言わずに、終わった後で好き勝手言う
 約束だって反故にする
 これで『対等な同盟関係』?
 東雲がアメリカ人なら『ふざけんな!』となりますよ
 ワシントン・ポストに『今や、最もやっかいな国は中国でなく日本だ』なんて書かれたそうですが、そのうち『北朝鮮よりも厄介』と言われかねませんな。

 また、現状を『アメリカのポチ脱却』なんて言う馬鹿もいるようですが、脱却したけりゃまず憲法改正で自衛隊を国防軍して、核のひとつも作ってからにしろって話です。
 脳内お花畑な連中は『平和経』や『憲法九条のお題目』を唱えれば平和になると勘違いしているようですが、現状、在日米軍と核の傘なしで一体どうやって日本を守りきるというのか。
 核どころかきちんとした空母すらなく、何するにつけてガチガチに制約が付く自衛隊で日本が守りきれると?

 バカジャネーノ?

 国防・安全保障もろくに考えず『対等な関係』とは、ホントめでてぇのーみそしてますな!

|

« 科学発展? ケンチャナヨ! by 必殺仕分け人(嗤 | トップページ | 誰かこの馬鹿を黙らせろ!(2) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰かこの馬鹿を黙らせろ!(1):

« 科学発展? ケンチャナヨ! by 必殺仕分け人(嗤 | トップページ | 誰かこの馬鹿を黙らせろ!(2) »