« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月24日 (木)

マスゴミ 政権変わっても麻生氏叩き

 いい加減キショいわぁ……。

<以下引用>

「ルービン・ブラザーズ」?麻生節、相変わらず
12月23日20時13分配信 読売新聞

 自民党の麻生前首相は23日、奈良県十津川村で開かれた党主催の集会に出席し、約30人の党員と2時間意見交換した。

 8月の衆院選以降、麻生氏が地方の党行事に姿を見せるのは初めて。

 麻生氏は冒頭、「政権交代を余儀なくされ、力不足を誠に恥じている」と衆院選敗北を謝罪。党員からは「(麻生総裁時代は)富裕層にはいい政治だった。なぜ国民が政権を変えたかったか、よく分析して」などの厳しい意見も出たが、うなずきながら耳を傾けた。

 民主党政権に対しては、「国家社会主義的にだれか一人がやれと言えばそう(なり)、ダメと言えばダメ。自由民主党の自由がなくなったのが民主党かね」と鋭く皮肉った。

 一方で、世界的な金融危機の震源となった米大手証券会社「リーマン・ブラザーズ」を「ルービン・ブラザーズ」と言い間違えるなど、相変わらずの麻生節だった。

<Yahoo Newsより>

 もいっちょ。

<以下引用>

麻生前首相 十津川を「中津川」と言い間違え…対話集会
12月23日20時29分配信 毎日新聞

 自民党の麻生太郎前首相は23日、奈良県十津川村で開かれた「党ふるさと対話集会」に出席した。衆院選の大敗を「恥じている」と述べたが、地名を言い間違えるなど「麻生節」も健在だった。

 麻生氏は「皆さんの意見を党の政策に反映させ、日本がどうなるのか考える糧にしたい」とあいさつした。

 質疑では、政府の事業仕分けについて「(国民は)違和感を覚えたのではないか。この国の将来を考えるのではなく、今年、来年の予算額を合わせるために補助金を削るのはちょっと違うのではないか。原点が違う」と批判。十津川を「中津川」と言い間違える場面もあった。【栗栖健】

<Yahoo Newsより>

 政権変わってすら『読み間違いニダ!』『言い間違いニダ!』と麻生氏叩き。

 バカジャネーノ?

 ぽっぽが違法献金だの普天間問題だの失言どころの騒ぎじゃないようなことばかりやっている時に『読み間違いニダ!』『言い間違いニダ!』と麻生氏叩き。

 バカジャネーノ?

 公約破りまくり、『ガソリン値下げ隊? 何それ美味しいの?』的元ガソリン値下げ隊が現れようと、それをスルーして『読み間違いニダ!』『言い間違いニダ!』と麻生氏叩き。

 バカジャネーノ?

 つかさ、2時間の意見交換の中で取り上げるのが『ルービン・ブラザーズ』? 『中津川』?

 いよいよもって

 バカジャネーノ?

 こんなことに紙面使ってないでもっとまともな報道しろと、そろそろ購読者は声を上げた方がいいんじゃねぇの?
 それともそんな批判も思い浮かばないほど、新聞ユーザーって馬鹿なんですか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

ちょっと一言

 最近ちょっと時間がないんで、今日はちょっとした呟きを。

 どうにも最近ぽっぽやオザーが言い訳がましく『国民が』『国民が』と申しておりますが、世論とはずいぶんと離れておりまして、いやはやどこの国民か分かりません
 テメェらの脳内国民相手に政治すんのはやめてくれって勢いですが。

 まぁ国民も国民で『マニフェスト破りもやむをえない』なんて馬鹿言ってる辺り、大層な馬鹿ですが。

 そろそろ目ぇ覚ましても良い頃じゃねぇかなと、そんな風に思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

毎日新聞問題記事

本当は前稿で今日は打ち止め、と思っていたんですが。
こんなもん見ちまったら掲載せずにはいられない。

つーわけでこちらをご覧ください。

Mainichi_mondai

Yahooの皇室関連情報のトピ(12月15日12:34現在)だけど。
最初このキャプが何を言っているのか分からなかったですよ。
いつから陛下は式部副長になりましたか?

これってトンデモねぇ問題記事じゃね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普天間問題 決めないことを決めました(キリッ

 バカジャネーノ?

 おっと失礼。
 あまりにも馬鹿馬鹿しくてフライングです。

 つーわけで本稿の『バカジャネーノ?』はこちら。

<以下引用>

普天間移設先、3党で検討=「5月期限」、社民反発
12月15日10時23分配信 時事通信

 政府は15日午前、首相官邸で与党党首級による基本政策閣僚委員会を開き、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、移設先は当面決めず、与党3党で協議していくことを確認した。平野博文官房長官は移設先の決定時期について「来年5月を期限とする」との案を示したが、社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は「無期限とすべきだ」と主張した。
 基本政策閣僚委では、(1)3党の実務者レベルの小委員会を設置し、検討作業を続ける(2)現行計画に基づく沖縄県名護市辺野古への移設関連経費を2010年度予算案に計上し、辺野古沿岸部の環境影響評価(アセスメント)を続ける-ことでも合意した。政府は15日中にも、こうした方針を米政府に伝達する。
 席上、平野長官は決着期限を来年5月とする理由について「日米首脳会談や外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)に間に合わせたい」と説明した。与党幹部は「社民党は反対したが、事実上の決定だ」と語った。
 閣僚委には、福島氏のほか、亀井静香国民新党代表(金融・郵政改革担当相)、菅直人副総理・国家戦略担当相、平野長官らが出席。鳩山由紀夫首相は出席しなかった。
 首相は同日朝、記者団に「政府の方針が決定されれば、その決定を米国との交渉の中で実現するために全力を尽くしていきたい」と述べた。
 米政府は普天間問題について、日本政府が現行計画履行を前提に18日までに結論を出すよう要求。これまでの日米閣僚級作業グループでも、辺野古への移設を「唯一実行可能」と主張している。日本側が正式に見直しを提起すれば協議は難航必至で、日米間の摩擦が一層強まることも予想される。

<Yahoo Newsより>

 もうね、馬鹿かと、アホかと。
 18日までに結論出せと最後通牒まで突きつけられて『移設先は当面決めず』ってさ、

 アメリカ怒らせてそんなに楽しい?

 実際アメリカはよく耐えてると思いますよ。
 普通、外交なんてのは、政権交代したからっておいそれと反故にしていいもんじゃない
 こと普天間問題は協議に協議を重ね、長い時間をかけてようやっと合意に取り付けたんです。
 それを『やっぱそれ無しね』とは、正気の沙汰とは思えない

 それでも辛抱強く『現行案しかない』と言い続け、ぽっぽに『Trust Me』と言わしめた。
 オバマ大統領でなくとも、普通の感覚なら『Trust Me=意に沿うようにする』と解釈するでしょう。
 然るに直後『知ったこっちゃねぇ』。
 挙句、『連立組んでる社民が反対してるから』なんて暴言吐かれりゃ、『同盟国と社民党、一体どっちが重要なんだ』と言いたくもなるってもんです。
 そりゃ大使が外務大臣を怒鳴りつけるなんて異常事態も生じるでしょうよ。
 そもそもぽっぽ政権がやってること自体が異常なんですから。

 で、18日までに回答を求められ、ダメならセットのグァム移転も無しねと最後通牒まで突きつけられて、『移設先決めません』

 バカジャネーノ?

 現状分かってるかノーナシぽっぽ?
 『決めないことを決めました』なんて馬鹿げた回答、アメリカが納得すると思ってやがりますか?

 かつて小泉元首相は『自民党をぶっ壊す!』と言っておりましたが、現在は『日本をぶっ壊す』男が総理の座にあるようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『中国様第一』が外交的配慮なんだそうで

 前回衆院選時、恥ずかしくも民主支持の我が父は『自民はアメリカの犬』と、まぁテンプレな物言いをしていたので『民主は中韓の犬だがな』と言い返してやったところ、『そんなことはない。(沖縄ビジョンなどの)そういう政策は党内左派へのリップサービスで、政権取ったらまともになる』なんつーてましたが、この現状、どう説明するんでしょうね

 つーわけで本稿の『バカジャネーノ?』はこちら。

<以下引用>

中国国旗のみ掲揚 ウルグアイ元首来日も国旗なし
12月15日7時56分配信 産経新聞

 中国の習近平副主席来日に合わせ、東京・霞が関や首相官邸周辺の街頭に14日、中国国旗「五星紅旗」が日本の国旗と並んで掲揚された。

 鳩山由紀夫首相は同日、官邸で習副主席のほか、ウルグアイのバスケス大統領との首脳会談にも臨んだが、「外交的配慮を相対的に勘案した」(外務省)結果、中国国旗だけの掲揚が決まった。

<Yahoo Newsより>

 えーっと、ちょっと整理してみましょうか。

 ウルグアイはバスケス大統領、まごうことなきウルグアイのトップです。
 一方、中国は習国家副主席、当然トップではなく、ポストコキントーとか言われているようですが、党内順位は第6位
 その上で中国国旗だけ掲揚するという……。

 どう外交的配慮すればそうなりますか?

 いやはやビックリですよ。
 
 例の天皇陛下謁見問題にしてもそうですが、どんだけ中国に配慮するのかと。
 その割に普天間問題などアメリカ、及びその他の国々に対しては配慮の『は』の字も見えないんですが?
 普天間問題に関して『連立維持が大事だから』とかほざきおったラブぽっぽ、天皇陛下謁見問題でも連立与党から批判が出ているんですが、それはさっぱり無視ですか?

 馬鹿やるのもいい加減にしとけ

 ブレるための軸がどこにあるかも分からないくせに、媚中売国はしっかりと。
 誰だこんなクソ政権作った馬鹿は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇よりも中国様が大事! by 山岡

 与野党から一斉に批判の声が上がっております、中国副国家主席の天皇陛下謁見に関する民主のルール無視的政治利用
 オザーやぽっぽは言い訳にならぬ言い訳を言い続けているわけですが、今度は民主党国対委員長の山岡が失言でございます。

 つーわけで本日の『バカジャネーノ?』はこちら。

<以下引用>

陛下会見問題 「政治利用」与党も批判 内閣総辞職求める声明も
12月15日7時56分配信 産経新聞

 天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見が特例措置で決まった問題に対して、政府内から自民党まで強い反発が広がり始めた。自民党系議連からは内閣総辞職を求める声も出ている。「間違っていない」と中央突破を図ろうとした鳩山由紀夫首相だが、厳しい立場に立たされている。

 批判は政府内でもくすぶっている。福山哲郎外務副大臣は14日の記者会見で、「宮内庁の意向、天皇陛下の健康のこともある。なるべく例外にした方がいい」と述べ、外国要人が陛下との会見を希望する場合は1カ月前までに申請してもらう慣行(30日ルール)を、今後は順守すべきだとの認識を示した。渡辺周総務副大臣も13日のテレビ番組で「天皇陛下の政治利用と思われるようなことを要請したのは誠に遺憾」と異例の批判を展開した。

 連立与党からも批判は噴き出した。「特例でも認めてはならない」(社民党の阿部知子政審会長)、「(政治利用への懸念を示した)羽毛田信吾宮内庁長官の話はもっともだ」(国民新党の亀井亜紀子参院議員)と批判は止まらない。

 野党第一党の自民党も批判を強めている。谷垣禎一総裁は14日、大阪市北区のホテル「ヒルトン大阪」で開かれた「フォーラム22」(産経新聞社主催)の講演で「天皇陛下と政治の関係は極めてデリケート。今の政権にはそういう考え方があるのか」と指摘。安倍晋三元首相も「天皇陛下を政治利用したと断じざるを得ない」と訴えた。大島理森(ただもり)幹事長は「独善的、強権的で危機すら感じる。自分の意見に合わなければ辞表を出せというのが政治主導か」と述べた。

 共産党の志位和夫委員長ですら「一定のルールもあったようだから(政府は)丁寧な対応が望ましい」と苦言を呈している。

 また「神道政治連盟国会議員懇談会」「真・保守政策研究会」など保守派の議員連盟3団体は14日、会見中止や内閣総辞職を求める声明を相次いで出した。

 平沼赳夫元経済産業相は「中国にとっては、天皇と会見できないと訪日の意味がない。政治判断以外の何ものでもない」と指摘した。

 与野党からの批判に対して、民主党の山岡賢次国対委員長は14日、訪問先の上海で「宮内庁長官が官房長官とのやりとりを公表する自体が異常」と羽毛田長官を強く批判。「国際的な観点から政府の判断は適切。会えないなら中国の皆さんの感情は非常に傷つけられると感じた」と政府の対応を擁護した。

<Yahoo Newsより>

 上述のように、与野党関わらず批判の声が上がっているのは周知であり(阿部知子の本音がどの辺にあるかは別として)、これはまぁ当然の反応でございますが、とかく聞き捨てならないのが山岡のこの発言。

『会えないなら中国の皆さんの感情は非常に傷つけられると感じた』

 これってつまり、陛下のお身体より中国のほうが大事と公言しているっつー話ですよね。
 テメェはどこの国の政治家かと。

 そもそも『国民感情が~』『民族感情が~』なんてのは特アの常套句でございまして、民潭とズブズブの民主党、その本質が見える気がいたします。
 まぁ一部では山岡が日本人じゃないっつー話もあるようですが、実際のところどうなんでしょうね?

 ともあれ、何から何まで優先順位間違っちまっている連中には早々に退陣いただき、早いとこまともな政権に復帰していただきたい、そう切に願う昨今にございます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年12月14日 (月)

ラブぽっぽ 怒られて『だってボク悪くないもん』だと

 いつから日本国首相ってのは小学校の学級委員になったのか?

 つーわけで本日の『バカジャネーノ?』はこちら。

<以下引用>

「間違ってない」と鳩山首相 陛下と中国副主席の会見問題に
12月14日10時16分配信 産経新聞

 鳩山由紀夫首相は14日朝、天皇陛下と中国の習近平国家副主席の会見を特例措置として指示したことに政府内からも批判が出ていることについて、「日中関係をさらに未来的に発展させるために大変大きな意味がある。私は判断は間違ってなかった」と述べ、正当性を強調した。首相公邸前で記者団に答えた。

 首相は「本当に大事な方であれば、天皇陛下のお体が一番だが、その中で許す限りお会いになっていただく」と述べた。

<Yahoo Newsより>

 ルール破って怒られて、で『ボク悪くないもん』ときたもんだ。

 バカジャネーノ?

 そもそも間違ってるから多方面、それこそ党内からも批判の声が上がってるっつーのに、そういったことは認識できないんでしょうか。
 できないんでしょうね、だって馬鹿だもの

 日中関係云々以前にルール守れよという話が理解できないってなんですか?
 未来的な日中関係っつーのは中国のゴリ押しに『はい、はい』と黙って頷くことなんか?

 それってなんて土下座外交?

 せっかく安倍、麻生、故中川氏らが土下座外交から脱却する道筋を作り始めてたのに、それすらぶち壊しますか、このノーナシ首相は。
 これじゃ中川氏も浮かばれませんよ。

 そもそも我が国は我が国であって『中国日本省』じゃござんせん
 省委書記も省長もまったく不要でございますから、ノーナシぽっぽには早々に辞表を提出していただきたいところでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

一体ぽっぽは何様だ?

 もうね、反吐が出る。

<以下引用>

「悪しき前例」天皇陛下面会の一カ月ルールを逸脱した官邸のごり押し
12月11日22時4分配信 産経新聞

 中国の胡錦濤国家主席の最有力後継者候補とされる習近平国家副主席の14日からの来日に合わせ、鳩山由紀夫首相は特例的に天皇陛下との会見ができるよう自ら動いた。中国政府のメンツに配慮した格好だが、「政治主導」という名のもとでの「天皇陛下の政治利用」だとの批判が出ている。

 中国政府が日本側に会見を要請したのは11月下旬。外務省は希望日の1カ月前までに申請する「1カ月ルール」を理由に断ったが、首相は今週初め、平野博文官房長官に「何とかならないか」と調整を指示した。

 平野氏は今月7日と10日の2度にわたって宮内庁に電話をかけ、会見実現を要請したという。その背景には、小沢氏一郎幹事長から首相への働きかけがあったとされる。首相自身は11日夜、記者団に「小沢氏から指示があったわけではない」と否定したが、関係者によると、小沢氏は8日ごろ、首相に電話で「会見はやらないとだめだ」と申し入れたという。

 首相はまた、陛下が前立腺がんの手術を受けられた後は厳格に運用されてきた「1カ月ルール」については「杓子(しやくし)定規でダメだということで国際親善の意味で正しいのか」と疑問を示した。

 一方、宮内庁の羽毛田信吾長官は11日、「心苦しい思いで陛下にお願いした。こういったことは二度とあってはほしくないというのが私の切なる願いだ」と表明。「国の間に懸案があったら陛下を打開役にということになったら、憲法上の陛下のありようから大きく狂ってしまう」と懸念を示した。

 日本には「天皇陛下の政治利用」をめぐり、苦い経験がある。

 宮沢内閣は平成4年、天皇、皇后両陛下ご訪中を決めた。当時の中国は天安門事件による国際制裁や国家イメージの悪化にあえぎ、両陛下のご訪中を度々要請しており、それに押し切られた形だ。ご訪中について、中国の銭其●(=王へんに深のつくり)元外相は回想録で「西側の制裁を打ち破る最も適切な突破口になった」と、その政治的効果を評価した。ご訪中は中国に政治利用されたのだ。

 今回の措置について、百地章・日大教授(憲法)は「明らかに陛下の政治利用そのものだ。1カ月ルールには、ご接見される陛下ご自身にも準備が必要だという理由もある。あしき先例になりかねない」と語る。

 小沢氏ら民主党議員143人の訪中など、鳩山政権は対中傾斜を強めている。しかし、中国に特例を認めたことで今後、他国からも特例を求められかねない。

<Yahoo Newsより>

 こともあろうに天皇陛下にかかるルールを無視とは

 ぽっぽは一体何様だ?

 まぁ、ぽっぽはオザーの操り人形、元凶はオザーにあるのかもしれませんが。

 それにしたって、陛下云々に関わらず、ルールを守るなんてのは法治国家の人間として常識の範囲内
 ぽっぽ脱税システムといい、千葉の最高裁判決無視といい、菅の『憲法に三権分立書いてない』発言といい、こいつら法をなんだと思ってやがりますか?

 で、無理をごり押しした理由が『コクサイシンゼン』ときたもんだ。

 嗤うぞマジで

 そもそも外交なんてのはまず自国の国益を考えるもの
 友愛教の狂祖様には理解不能か知れませんが、メリットとデメリットのバランスを考えたとき、デメリットが大きい場合は基本としてやっちゃいけない
 然るに、他国からも特例を求められかねない前例を付け、陛下にご負担をかけるデメリットを上回るメリットが中国副主席の謁見如きにありましょうか?
 あるっつーんなら教えてくれよ、頼むから。

 ちなみにその黒幕といえば韓国にて『天皇陛下の訪韓について「韓国の皆さんが受け入れ、歓迎してくださるなら結構なことだ」と語った』そうな(時事通信12月12日)。

 陛下がいつ訪韓することになっただよ?

 もうここまで来ると『政治利用』どころか陛下を特アに売ってるようにしか思えません。
 陛下は日本国及び日本国民統合の象徴であらせられるわけで、これを売るっつーことはまさに売国行為じゃございません?

 陛下に限らず、いよいよ民主の民主による民主のための日本叩き売りが始まります。
 それを最小限に食い止めるには来年参院選で民主を大敗させにゃなりません
 『自民におしおき』だの『何か変わるかも』なんてアフォ丸出しで民主に投票かました馬鹿どもはいい加減目を覚ましてくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

日本の首相って誰だっけ?

 ラブぽっぽはいらない子。

<以下引用>

独りぼっち?の首相 「子ども手当」…閣内黙殺 方針明示も異論反論
12月10日7時57分配信 産経新聞

 鳩山由紀夫首相の発言が閣僚から「無視される」という異常事態が続出している。子ども手当や環境税で、首相が明確な方針を示したにもかかわらず、その後、閣僚が平然と異論反論。首相の威信を揺るがしている。(酒井充)

                   ◇

 首相の発言無視といえば長妻昭厚生労働相かもしれない。テーマは来年度に実施する子ども手当。政権発足直後から、国と地方の負担分担論議があった。

 突如、裁定を下したのは鳩山首相だ。首相は10月20日、「全額、国が負担するのは当たり前」と珍しく断言。「この方向で必ずまとめる」とまで言い切った。総務省関係者は「流れが決まった」と笑顔をみせた。

 ところが、首相が言い切ったにもかかわらず、長妻氏は12月に入ると、現在の児童手当の地方負担分約5700億円を財源に充てる案を念頭に「地方負担が選択肢としてある」とあっさり首相の決意を否定。首相の女房役、平野博文官房長官も「国と地方が互いに支えあう考え方もある」と、あっさり語ってしまった。

 「環境税(地球温暖化対策税)」でも同じ構図が繰り返されている。

 首相は2日、約2兆5千億円の減収になる揮発油税などの暫定税率廃止と、約2兆円の増収を見込む環境税導入を一体化しようとする「衣替え構想」を一刀両断に否定した。「国民に『正しいやり方じゃない』と批判される」。首相としては最大限の否定で、メディアも大きく取り上げた。

 ところが、首相の言葉をかみ締める閣僚が少ない。

 3日には菅直人副総理・国家戦略担当相ら関係閣僚が協議したが、首相発言を聞かなかったかのように、財源確保を目指す藤井裕久財務相と、直嶋正行経済産業相の拙速批判が対立したまま、政府が目指した税制改正大綱決定のスケジュールすら壊してしまった。

 当の首相は、この事態をどうみているのか。

 「熱心な議論が行われていることは、決して間違っていない。最終的に決めるときは決める」

 9日に首相は、自らの過去の発言を忘れたかのように記者団に語っている。

<Yahoo Newsより>

 『熱心な議論が行われていることは、決して間違っていない。最終的に決めるときは決める』ってさ、もういい加減聞き飽きたんだけど。
 つかその決めたことを閣僚に反故にされてるんですけど、それは華麗にスルーですかそうですか。

 バカジャネーノ?

 もう馬鹿らしくて語る言葉も出てきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二階と邦夫をさっさと切れよ

 ぽっぽ首相の『違法子ども手当て』から飛び火しました弟鳩の『違法子ども手当て』問題
 またオザー=ニシマツ献金問題から延々と期待され、ようやっと動きが出てまいりました二階=ニシマツ献金問題

 ここで邦夫、二階を除名処分にでもすればグダグダ民主との違いを明確に出来るわ、有害勢力を排除できるわと良いことずくめなわけですが、何でかそれができない自民党。

 つーわけで本稿の『バカジャネーノ?』はこちら。

<以下引用>

<自民>火消しに躍起 二階氏秘書略式起訴で追及に水差され
12月9日21時38分配信 毎日新聞

 自民党の二階俊博選対局長の政策秘書が9日、政治資金規正法違反で略式起訴されたことで、同党は、鳩山由紀夫首相や小沢一郎民主党幹事長の「政治とカネ」の追及に水を差された格好になった。大島理森幹事長は「(影響は)まったくない」と強弁したが、民主党への批判はそのまま自民党にはね返るだけに早期の火消しに躍起になっている。

 秘書の略式起訴を受けて、二階氏は党本部で記者団の質問に応じた。進んで説明責任を果たした方がダメージが少ないとの判断だったが、小沢氏の公設秘書と同じ西松建設からの献金という点には「話が比較にならない」と開き直った。

 大島氏も、「来年の参院選を戦えるか」との記者団の問いかけに「選挙責任者は総裁であり、私だ」と語気を強めて二階氏を擁護し、選対局長を留任させる考えを示した。

 しかし、同党は先の臨時国会で、首相の「秘書の罪は政治家の責任」発言に付け込んで偽装献金問題を繰り返し追及してきた経緯があり、二階氏を擁護する姿勢には「反転攻勢に打って出られない」(若手)などの不満もくすぶる。

 一方、首相と同様に実母からの資金提供問題が発覚した鳩山邦夫元総務相は8日、「兄(首相)と違うのは政治資金収支報告書に虚偽記載がないことだ」と弁明。「親子の貸し借りは国民常識で通用しない。贈与税を納めることが私の責任だ」と明言し、首相との違いを強調してみせた。

 同党は年明けの通常国会に照準を合わせ、首相の「巨額脱税追及チーム」を中心に攻撃材料をそろえたい考え。今月18日には小沢氏の秘書の初公判も予定され、党内の「政治とカネ」の問題には一刻も早く幕引きを図りたいのが本音だ。

 石破茂政調会長は9日の記者会見で「鳩山元総務相は(提供資金を)どう認識し、どう使ったかをきちんと明らかにすると思う。首相を追及するためには、私どもに一点の曇りもあってはならない」と述べ、説明責任を果たすよう求めた。【木下訓明】

<Yahoo Newsより>

 「(影響は)まったくない」って、

 そんなわけないだろう

 何故か未だ高い内閣支持率の中、ぽっぽの汚いカネ問題には批判的意見が大多数ですよ?
 一種過敏になってる昨今、影響がないなんてわけがない。

 産経によれば大島幹事長が「小沢氏とは比較になる話でない。鳩山(首相の)問題は脱税の問題があるし、金額のスケールも違う」とか抜かしたそうですが、『小額だから問題ない』ってこれ、一番言っちゃいけない台詞でしょ。
 そんなことも分かりませんか?
 本格的に

 バカジャネーノ?

 『「反転攻勢に打って出られない」(若手)などの不満もくすぶる』のは当然ですよ。
 上述したとおり、むしろこの二人を切ることで攻勢を強められるっつーのにねぇ。

 代表質問で谷垣氏に対し『外交云々はともかくとして、実は結構やるのかも』なんて思ったりもしましたが、やっぱり予想通りということなんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だったら普天間移設しなくていいんじゃね?

 バカ増殖中で忙しいですわ、いやホント。

<以下引用>

社民党首 辺野古移設案「きちんと調査」
12月10日7時56分配信 産経新聞

 社民党の福島瑞穂党首は9日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のキャンプ・シュワブ(同県名護市辺野古)沿岸部への移設案について「(埋め立て)利権のため基地をつくるのは許されない。党としてきちんと調査する」と述べた。

<Yahoo Newsより>

 いやまた利権ときたもんだ。
 さっすがミズポ、パネェっすw
 首相がアレだもんで、どうにも影が薄かったんですが、やっぱし決めるときは決めてくれますな。

 つーかさ、利権云々言うんだったら普天間移設しないでいいんじゃね?
 グァム移設だのなんだのするより現行施設改修したほうが遥かに安上がりじゃございません?
 そっちの方が利権発生しにくいと思うんだけど?
 その上であえて国外移設を主張する理由って何?
 むしろちゃんと考えて発言しておられますか?

 ホントもう、

 バカジャネーノ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結論ないのに首脳会談なぞ開けるか

 先日、COP15でぽっぽ首相がオバマ大統領に『政府の考え』とやらを伝えるなんつーておりましたことに対し、『事前調整で結論の『け』の字も出てこなかったら、アメリカは首脳会談受けない』と書きました(参照:一体何を伝えるつもりだ?)が、どうにも事態は予想通りに進行しているようでございます。

 つーわけで本稿の『バカジャネーノ?』はこちら。

<以下引用>

日米首脳会談、要請もできず…米側も消極的
12月9日21時22分配信 読売新聞

 鳩山首相は9日、沖縄の米軍普天間飛行場の移設問題を巡る日米首脳会談を米側に申し入れていないことを明らかにした。

 首相はコペンハーゲンで17、18日に開かれる国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)首脳級会合の際の首脳会談に意欲を示しているが、調整が進んでいないことが明確になった。米側も消極的で、本格的な会談の実現は難しいという見方が強まっている。

 首相は9日午後、首相官邸で記者団に、「(普天間移設に関する)政府の考え方をまとめるのが最初で、必要、機会があれば(会談したい)と思っている。正式に申し入れをしている状況ではない」と述べた。

 首相はCOP15までに、普天間問題への政府の対処方針をまとめたい意向を示している。沖縄県名護市のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行計画の見直しを模索し、結論を年明け以降に先送りする構えだ。

<Yahoo Newsより>

 いやもうなんつーかね。
 しがない理系ポスドクにすら予想できるような事態を考えてなかったのかね、このぽっぽノーナシ首相殿は。

 『正式に申し入れをしている状況ではない』とか抜かしてますがね、『申し入れを出来る状況ではない』が正解ですよ。
 大体、『(普天間移設に関する)政府の考え方をまとめるのが最初』ってオメェ、

 今頃何言ってんだ?

 いやまぁ状況見りゃ分かるけどさ、アンタ一体今まで何やってたのよ?
 嫁と遊び呆けてる間に仕事したらどうですか?
 いやもう仕事しなくて良いからさ、ホント辞任してください。
 議員バッジも返上していただけると幸いです。

 しっかしホント、政府の考え方もまとまっていない(つーかまとまっていたのを単に引っ掻き回してるだけ)状況で「そのときまでの政府の考えを伝え、何らかの形で理解を得たい」とか、よくホザけますな。
 本気で『やっぱ年内はムリぽ』とか伝えるつもりだったのか?
 あるいは『そのときまでの』考え方だから、後で変わっても問題ないとか言うつもりなのか?

 もうバカってレベルの話じゃねーぞ?

 もうね、当ブログサブタイ『本日の『バカジャネーノ?』』が、幾重ものオブラートに包んだ物言いに思えてきましたよ。
 こんな連中相手にしなきゃならないアメリカに心底同情いたしますわ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月 8日 (火)

皆さんには分かりますか?

 本稿はちょっと『バカジャネーノ?』から離れまして。

 今朝方ちょいと体調不良だったため、久方ぶりに電車通勤(普段は自転車通勤)かました東雲ですが、そんな車中、ちょっと興味深い広告を見つけました。
 某○能研の広告なんですが、光塩女子学院中の入試問題が取り上げられており、そのテーマが『投票率の低下』について。
 東雲は中学入試および中学入試指導の経験がございませんため、中学校入試ってここまでやるんだと少しばかり感心したんですが、さてこの問題、当ブログをご覧の皆様は解けますでしょうか。
 転載させていただきますんで、ちょっと考えてみてください。

<以下転載>

今行われている選挙制度について、その課題の一つが「投票率の低下」です。この対策として以下の三つを考えるとします。この中から二つ選び、その短所をそれぞれ述べなさい。

1.18歳以上から投票権を認める
2.投票した人に対し、商店街などで使える優待券を発行する
3.投票しない人に対し、刑罰をあたえる

<光塩女子学院中等科入試問題より>

 いかがでしょうか?

 当該問題では二つ選べとなっておりますが、おそらくここをご覧の皆様の大半は大人かと存じますので、中学生(厳密には小六)に負けているわけにはいきません。
 つーことで三つすべてについて考えてみてください。

 このあたりを考えてみると、前回衆院選の衆愚っぷりも理解できるかもしれませんよ。

 東雲の思う解答は週末あたりにコメント欄で公開予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

一体何を伝えるつもりだ?

 もうくどいくらいに書いております普天間移設問題。
 それもこれもノーナシ首相のアホっぷりに起因するものでございますが、またぞろ宇宙的アホ発言をかましたようで、東雲もう辟易です。

 そんなわけで本稿の『バカジャネーノ?』はこちら。

<以下引用>

普天間18日までに米へ伝達 首相「移設先特定しない場合も」…
12月7日20時1分配信 産経新聞

 鳩山由紀夫首相は7日夕、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し、18日にコペンハーゲンで開かれる気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)の首脳級会合の場を利用して日米首脳会談を行うよう米側に働きかけていく考えを明らかにした。

 首相は、「そのときまでの政府の考えを伝え、何らかの形で理解を得たい」と述べ、オバマ米大統領に直接日本側の方針を伝達する考えを示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相はオバマ大統領に伝達する日本側の方針について、「(結論とは)必ずしも申し上げていない」と述べ、移設先を特定しない可能性を示唆した。移設先に関しては「あらゆる選択肢が残っている」と強調。現行案の沖縄県名護市辺野古(へのこ)を移設先として年内決着させる可能性についても、排除しない意向を表明した。

 普天間移設問題をめぐっては、首相が年内決着を見送る意向を示したことに米側が強く反発しており、政府として一定の方針を米側に早急に伝える必要があると判断したものとみられる。ただ、移設先を特定しない場合、辺野古移設が唯一の案との立場をとる米側が、日本の説明に納得するかは不透明だ。

 これに先立ち、首相は7日午後、首相官邸に岡田克也外相、北沢俊美防衛相、前原誠司沖縄北方担当相を呼び、平野博文官房長官を交えて移設問題への対応を協議した。平野氏は7日午後の記者会見で、「首相自身が方針、指示を出すために情報収集している。結論が出たということではない」と述べた。協議に先立ち、岡田氏は外務省でルース米駐日大使と会談した。

 一方、社民党の重野安正幹事長は7日の与党幹事長会談で、現行計画に改めて反対する考えを表明。民主党の小沢一郎幹事長は「政府に伝える」と応じた。

 小沢氏は7日午後の記者会見で、移設問題への対応について「新しい政権をつくった仲間として協力し合うということは、党務を預かる者として努力していかねばならない」と述べ、社民党との連立関係を重視する考えを示した。

<Yahoo Newsより>

 もうね。
 アホだアホだと思ってはおりましたが、こりゃもう想像を絶するね。

 『日本側の方針について、「(結論とは)必ずしも申し上げていない」』ってさ、

 遺憾の意でも伝えるつもりか?

 アメリカはずっと現在の日米合意しかないと主張し、結論を待ち続けている
 そこに伝える結論以外って何ですか?
 まさか『やっぱ年内はムリぽ』とか言うつもりですか?

 バカジャネーノ?

 んなこと言ったらいよいよアメリカぶち切れですよ。
 『Trust Meは何だったのか!?』とね、ルース大使が激怒するのも当然です。
 いよいよ北朝鮮と同列扱いですな。
 『いっそ全在日米軍引き上げてやろうか?』とか言われるかもね。
 まぁヒダリっぱどもにしちゃ、それこそが本願なんでしょうが。

 つーかさ、ぽっぽは首脳会談をなんと心得ておりますか?
 井戸端会議じゃねぇんだから、何某かの結果を出さなきゃならない
 今望まれている結果こそ普天間問題の解決であって、結論が出せない以上、首脳会談をやる意味は一体全体なんなのかと。
 むしろ事前調整で結論の『け』の字も出てこなかったら、アメリカは首脳会談受けないでしょうね。

 ほんと国防も国益もズタボロにしてくれやがります。
 来年の参院選で民主が過半数取れば、いよいよ衆院満期まで民主が政権に居座ることになるわけですが、さてこの4年で日本はどこまで崩壊するんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

だったら何で下手に煽った?

 荒れに荒れている普天間問題に関して関西・神戸両空港での受け入れを示唆した橋下大阪府知事
 橋下知事には当初期待していたものの選挙時の民主支援、さらに『(CO2削減25%に関して)できる目標を掲げても仕方ない』(参照:ダメだコイツら 早く何とかしないと)なんてアフォ抜かした時点で『もうどうでもいいや』ってな勢いになり、当該発言の際も『また馬鹿言ってやがる』とスルー決め込んだ東雲でしたが、今日付けの新聞記事を読みまして、こればっかりは黙ってられないと筆を取らせていただきました。

 そんなわけで本稿の『バカジャネーノ?』はこちら。

<以下引用>

普天間問題で橋下知事「僕が動くことではない」
12月7日12時43分配信 読売新聞

 大阪府の橋下徹知事は7日、報道陣に対し、米軍普天間飛行場の一部機能の関西空港への移転可能性について、「(防衛政策は)国の権限。僕が動くことではない」と述べ、府として具体的な検討や国への提案を行う考えがないことを明らかにした。

 橋下知事はこれまで、関空への移転の可能性について「国から提案があれば、積極的に議論に参加したい」と話し、神戸空港への移設案も例示。沖縄県外への移設を探る与党国会議員らが関心を示すなど、波紋が広がっている。

<Yahoo Newsより>

 もうホントに呆れるわ。
 こんなのに期待していた自分が情けのうごじゃります。

 『(防衛政策は)国の権限。僕が動くことではない』ってぇ分かってるならさ、なんだって下手に発言して場を引っ掻き回すようなことするかな?
 受け入れの可能性を調査した上、各方面のコンセンサスを得ている上での提案ならいざ知らず、何ら根回しもしないどころか欠片も考えずに思いつきで物を言う。
 橋下府知事、いよいよ鳩インフルエンザに感染ですか?

 大体、いきなり管轄の神戸空港を指名された神戸市の抗議に対し、『神戸市はダメ』『アホらしい』ってぇ一体なんだ?
 あぁ、つまりなんですか?
 何にも考えず、しかも自分の管轄外のところにまで口を出し、勝手に提案することは『真っ当』で、それに対し抗議するのは『アホらしい』と?

 バカジャネーノ?

 隣の家の庭が広いからそこを使えば良いなんて勝手言われて『はいどうぞ』なんて言う家主が一体全体どこにいるよ?
 『自分たちの空港だから口を出すなというのは勘違いも甚だしい』なんて言ったようですが、他人の空港に口出すほうがよっぽど勘違い甚だしいと思いますが、違いますか?
 で、挙句『「『いちいち口を出すな』と言うなら、3空港問題から神戸空港を除いて神戸市で全部責任を取ればいい』なんて意趣返し
 私怨で行政やる奴ほど危ねぇ奴はいねぇわな。
 そのうち和製アウシュビッツとか作んじゃねぇの?
 管轄外の神戸空港に口出すくらいだし、管轄外の神戸市民にも『全員収容所送り!』とか言い出しますよ、きっと。
 支援していた民主政権も着々と独裁体制構築中だしさ。

 で、さんざ引っ掻き回して、『ONE FOR ALL ALL FOR ONE』なんてかっちょいいことまで言って、じゃあ肝心の検討はと聞かれると『僕何も考えてましぇーん』

 バカジャネーノ?

 あぁ、ホントに恥ずかしい。
 こんなのに期待していたとは。
 東雲もまだまだ人を見る目が足りないようですorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民未だに目が覚めぬ

 ブレにブレブレブレまくり、もはやブレるための軸がどこにあるのかも分からないラブぽっぽノーナシ内閣
 主たる原因に閣内不一致や首相自身の『鳩内不一致』(この造語作った人、ホント天才だと思います)がございますが、麻生前首相時にあれだけブレたブレたと騒ぎ立てていたマスゴミがだんまりを決め込んでいる辺り、連中の本質が見えようってものです。
 しかし恥ずべき我が国国民は未だその事実に気付いていないようで、直近の世論調査ではこんな結果が出ているようです。

 つーわけで本日の『バカジャネーノ?』はこちら。

<以下引用>

内閣支持続落59%、「首相指導力ない」急増
12月7日3時0分配信 読売新聞

 読売新聞社が4~6日に実施した全国世論調査(電話方式)で、鳩山内閣の支持率は59%となり、前回11月調査の63%から4ポイント下がった。

 不支持率は29%(前回27%)だった。鳩山内閣の支持率は初めて6割を切った。内閣を支持しない理由では「首相に指導力がない」が27%(同13%)に急増した。米軍普天間飛行場の移設問題で、鳩山首相が年内決着を先送りする方針を固めたことなどが影響したとみられる。

 沖縄県名護市を移設先とする日米合意については「少しは修正する方がよい」32%(同32%)、「合意通りに進める方がよい」26%(同31%)、「大幅に見直す方がよい」26%(同19%)となった。「少しは修正」と「合意通り」を合わせ、県内移設の現行計画を軸にすべきだと思う人は6割近かった。

 首相が偽装献金など自らの「政治とカネ」の問題について、説明責任を果たしているとは思わない人は85%(同73%)に達した。偽装献金問題は母親からの巨額の資金提供疑惑に発展し、首相に向けられる国民の視線は厳しさを増しているようだ。元秘書が起訴された場合の首相の対応については、「辞任する必要はない」が54%だったが、「辞任すべきだ」も37%に上った。鳩山内閣の政策に関してデフレや円高など今の経済情勢に適切に対応していると思う人は20%で、「そうは思わない」68%が大きく上回った。

 行政刷新会議の事業仕分けを「評価する」は71%、「評価しない」は20%となった。ただ、今回の事業仕分けに問題があると思う人も63%いた。このうち、問題点として「仕分けにかける時間が短い」を挙げた人が39%で、「仕分け人の議論の進め方がよくない」20%、「対象とした事業が適切でない」「仕分け人の判断が適切でない」各17%が続いた。

 民主党が衆院選の政権公約(マニフェスト)に掲げた内容については「必ず守るべきだ」は18%にとどまり、「守れなくても仕方がない」46%、「こだわる必要はない」34%となった。

 政党支持率は民主42%(前回43%)、自民19%(同19%)などだった。

<Yahoo Newsより>

 首相に指導力がないどころかのーみそ自体が存在しないのは既に周知ですが、それはともかく。

 あれだけ馬鹿やっていながら内閣支持率が未だ6割近くを占めるこの状況。
 東雲にはさっぱり理解できません。
 ぽっぽが迷惑以外の何をした?
 できれば教えていただきたいところでございますが。

 そも読売は『「首相に指導力がない」が27%(同13%)に急増した』なんて書いておりますが、あれだけの醜態を晒して3割に満たないのは異常です。
 そしてその異常はマスゴミのスルー、あるいは擁護報道に支えられているものでありまして、それを垂れ流す輩はまず論外としても、それを鵜呑みにする国民にはホント

 バカジャネーノ?

 の一言を進呈いたしましょう。

 事業仕分けの支持にしても『今回の事業仕分けに問題があると思う人も63%いた』にも関わらず、『「評価する」は71%』と理解不能。
 『方法は問題あるけど国民に見える形にしたのは良かった』ってことかもしれませんが、それってまんまマスゴミの論調じゃね?
 なんで今回の仕分けがダメダメだったのに『仕分け自体はいいもの』と思えるわけ?
 その根拠ない自信はどこから来るの?
 そもそも『国民に見える部分』がほんの一部ってぇこと理解してます?
 つーか仕分け結果無視で話が進みそうなこの現状は華麗にスルー決め込みますか?

 つくづく

 バカジャネーノ?

 マニフェストについてもさ、「守れなくても仕方がない」「こだわる必要はない」が占めて80%って、

 アンタら政権公約なんだと思ってやがりますか?

 と。

 だったら何か?
 選挙中はどんな滅茶苦茶破天荒なこと言っても許されるってか?
 だったら東雲、『税金ゼロ、給付金個人に毎年一千万』を公約にして立候補してみようかしらん?
 もちろん当選した暁には『公約にこだわる必要はありませんから』。

 ホント

 バカジャネーノ?

 マスゴミの『マニフェストに縛られる必要はない』なんて馬鹿な論調に引きずられるな馬鹿!
 マニフェストの重要性を理解して、きちんとマニフェスト確認してりゃあこんな結果にはならないんだよバカちんが!

 あぁ、こういう記事書くと民主教信者の方々は『自民だって公約果たせなかったじゃないか!』と騒ぎ立てるんですが、しかしそれが本来なんですよ。
 どんな政権だろうと、公約果たせなきゃ非難されて当たり前
 だから政権は公約達成のための根拠を提示しなければならず、国民はそれをきちんと監視しなければなりません。
 それを『マニフェスト守らなくていい』なんざ、もはや論外

 加えて言うなら『自民ができなかったから民主も』なんてのは言い訳にならねぇんですよ。
 ガキじゃねぇんだから、『○○君だってやってたじゃん!』で済むと思うなアホンダラ。

 ……あぁ、民主が政権取ってからこっち、どんどん口汚くなっていくなぁ……。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月 2日 (水)

コメント承認制とさせていただきます

今後、コメント/トラックバックを承認制とさせていただきます

 まことに申し訳ありませんが、今後コメント及びトラックバックを承認制とさせていただきます

 自由闊達な意見交換が出来れば、と、これまで随時反映の方針で行ってまいりましたが、最近、卑猥なサイトへ誘導するコメントやトラックバックが増えておりまして、いよいよ我慢の限界です
 これまではニフティに通知した上で削除しておりましたが、現行方針では、東雲の気付かない限り、こういったクズどものコメント等が当ブログを訪れてくださった方々の目に触れてしまいます。
 そこで本日を境に承認制を導入、これらカスどもを駆除したく存じます。

 意見の迅速性が失われるなど、実に心苦しい、苦渋の選択でございますが、何卒ご理解いただけますようよろしくお願い申し上げます。

 なおコメント等規制は本筋に全く関係ない卑猥なコメント等に適用されるものであり、それ以外のコメント等には適用されません
 反対意見は掲載しないというような姑息な手段は有り得ませんのでご安心を。
 これまでのログを確認していただければ分かるかと存じますが、むしろそういう意見には、東雲、納得いかない限り徹底的に反論させていただきます。
 そんなわけで、『アンタおかしい!』というご意見をお持ちの方、どしどし反論をお寄せください。
 もちろん賛成意見やブログに対する感想などもお待ちしております。
 特に激励なんかされると、東雲、舞い上がりますので、何卒よろしくお願い申し上げますw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »