« 『中国様第一』が外交的配慮なんだそうで | トップページ | 毎日新聞問題記事 »

2009年12月15日 (火)

普天間問題 決めないことを決めました(キリッ

 バカジャネーノ?

 おっと失礼。
 あまりにも馬鹿馬鹿しくてフライングです。

 つーわけで本稿の『バカジャネーノ?』はこちら。

<以下引用>

普天間移設先、3党で検討=「5月期限」、社民反発
12月15日10時23分配信 時事通信

 政府は15日午前、首相官邸で与党党首級による基本政策閣僚委員会を開き、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、移設先は当面決めず、与党3党で協議していくことを確認した。平野博文官房長官は移設先の決定時期について「来年5月を期限とする」との案を示したが、社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は「無期限とすべきだ」と主張した。
 基本政策閣僚委では、(1)3党の実務者レベルの小委員会を設置し、検討作業を続ける(2)現行計画に基づく沖縄県名護市辺野古への移設関連経費を2010年度予算案に計上し、辺野古沿岸部の環境影響評価(アセスメント)を続ける-ことでも合意した。政府は15日中にも、こうした方針を米政府に伝達する。
 席上、平野長官は決着期限を来年5月とする理由について「日米首脳会談や外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)に間に合わせたい」と説明した。与党幹部は「社民党は反対したが、事実上の決定だ」と語った。
 閣僚委には、福島氏のほか、亀井静香国民新党代表(金融・郵政改革担当相)、菅直人副総理・国家戦略担当相、平野長官らが出席。鳩山由紀夫首相は出席しなかった。
 首相は同日朝、記者団に「政府の方針が決定されれば、その決定を米国との交渉の中で実現するために全力を尽くしていきたい」と述べた。
 米政府は普天間問題について、日本政府が現行計画履行を前提に18日までに結論を出すよう要求。これまでの日米閣僚級作業グループでも、辺野古への移設を「唯一実行可能」と主張している。日本側が正式に見直しを提起すれば協議は難航必至で、日米間の摩擦が一層強まることも予想される。

<Yahoo Newsより>

 もうね、馬鹿かと、アホかと。
 18日までに結論出せと最後通牒まで突きつけられて『移設先は当面決めず』ってさ、

 アメリカ怒らせてそんなに楽しい?

 実際アメリカはよく耐えてると思いますよ。
 普通、外交なんてのは、政権交代したからっておいそれと反故にしていいもんじゃない
 こと普天間問題は協議に協議を重ね、長い時間をかけてようやっと合意に取り付けたんです。
 それを『やっぱそれ無しね』とは、正気の沙汰とは思えない

 それでも辛抱強く『現行案しかない』と言い続け、ぽっぽに『Trust Me』と言わしめた。
 オバマ大統領でなくとも、普通の感覚なら『Trust Me=意に沿うようにする』と解釈するでしょう。
 然るに直後『知ったこっちゃねぇ』。
 挙句、『連立組んでる社民が反対してるから』なんて暴言吐かれりゃ、『同盟国と社民党、一体どっちが重要なんだ』と言いたくもなるってもんです。
 そりゃ大使が外務大臣を怒鳴りつけるなんて異常事態も生じるでしょうよ。
 そもそもぽっぽ政権がやってること自体が異常なんですから。

 で、18日までに回答を求められ、ダメならセットのグァム移転も無しねと最後通牒まで突きつけられて、『移設先決めません』

 バカジャネーノ?

 現状分かってるかノーナシぽっぽ?
 『決めないことを決めました』なんて馬鹿げた回答、アメリカが納得すると思ってやがりますか?

 かつて小泉元首相は『自民党をぶっ壊す!』と言っておりましたが、現在は『日本をぶっ壊す』男が総理の座にあるようです

|

« 『中国様第一』が外交的配慮なんだそうで | トップページ | 毎日新聞問題記事 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普天間問題 決めないことを決めました(キリッ:

« 『中国様第一』が外交的配慮なんだそうで | トップページ | 毎日新聞問題記事 »