« 謹賀新年 | トップページ | 今年もブーメランは健在です »

2010年1月 5日 (火)

国防は環境問題?

 馬鹿は死ななきゃ直らない、なんて昔から言いまして、やっぱし与党になったくらいじゃノーミソぷーなままでした。

 とゆーわけで今年一発目の『バカジャネーノ?』はこちら。

<以下引用>

福島消費者相、普天間県外移設「沖縄の環境問題として訴えたい」
1月5日1時0分配信 産経新聞

 【パリ=山口昌子】訪仏中の福島瑞穂消費者・少子化担当相は4日、ダルコス仏労働相と会談した。

 会談後、福島氏はパリの日本大使館で記者会見し、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題に関して、県外・国外移設を求める社民党の従来の方針を「変更するつもりはない」と重ねて表明。欧州などで「沖縄の環境問題として理解を訴えていきたい」と述べた。

 また、福島氏はフランスなどが設置している「子供基金」に強い関心を寄せ、「日本でも模索したい」と述べた。

 福島氏は5日にはブリュッセルで欧州連合(EU)欧州委員会の消費担当委員らと会談する予定となっている。

<Yahoo Newsより>

 さすが、さすがですよミズポたん。

 国防に関わる話を『環境問題』と言い切るセンスに脱帽ですよ。
 さすが国内産業ケンチャナヨでCO2の25%削減をのたまった我らがラブぽっぽ首相率いる内閣の閣僚です。

 ホント頭だいじょぶですか?

 もうね、新年早々激しいよ。
 いくらなんでも激しすぎるよ。

 そういや北朝鮮のミサイル撃墜に関しても『破片が落ちてきたらどうするのか!?』なんて言ってたよなぁ……。
 撃墜必要圏内に来るってことは本体が落ちてくる可能性高いっつー話なのに……。

 まぁどうせ『安全保障』なんて言葉、彼女の辞書には存在しないんでしょうが、それにしたって

 バカジャネーノ?

 と、そう言わずにはおられません。

|

« 謹賀新年 | トップページ | 今年もブーメランは健在です »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国防は環境問題?:

« 謹賀新年 | トップページ | 今年もブーメランは健在です »