« ルール守れぬ民主党 | トップページ | 正当化になってねぇ »

2010年6月26日 (土)

どうにも争点がはっきりしない

 いよいよ参院選でございますが、いまいち争点がハッキリいたしません。
 
 『4年間は消費増税ない!』『埋蔵金で万事OK!』と息巻いていた民主党が方針転換、『自民党の仰るとおり』と消費増税10%を掲げ、争点をごまかした上、『詐欺フェスト』の統括もしない。

 自民は自民で鳩山前首相の問責出すタイミングを見誤り、その後の強引な展開にもいまいち目立った動きがなく、ぶっちゃけ地味。
 『詐欺フェスト』とこの数ヶ月の政権能力の無さを徹底的に追求していくべきが、未だ野党慣れしていないのか、どうにも民主のごまかしに踊らされているように感じられます。

 二大政党がそんなもんで、周りの小政党も何ぞ呟いておりますが、斬り捨てられた社民党に口だけのみん党改革じゃあ、いささか盛り上がりに欠けるってもんです。
 
 このままじゃまた、いや、前回以上に政策を見ず、イメージだけで投票する有権者がいるんじゃねーかな、と、東雲今から憂鬱です。
 
 とりあえず東雲は当該選挙区の候補者数名に、政策に関する質問メールを送っておきましたが、有権者各位には少なくとも候補者および政党のウェブサイトを確認し、主張を理解しておく程度のことはしていただきたいと、そのように思います。

|

« ルール守れぬ民主党 | トップページ | 正当化になってねぇ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうにも争点がはっきりしない:

« ルール守れぬ民主党 | トップページ | 正当化になってねぇ »