« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月25日 (日)

いっそ小泉氏を幹事長代理辺りにしてみたら?

 先日参院選で改選第一党となりました自民党
 一方民主党は改選を四十台前半とし、与党どころかみんなの党合わせても参院過半数に届かず、東雲としましてはホッと一安心といった心持です。
 
 しかしこれで主導権を握れるかと言われれば、それは否。
 未だ民主が衆参いずれも第一党であることには変わらず、自民が参院で主導権を握ろうとするなら社民や共産とすら結ばなければなりません
 公明と結んだだけでも保守離れを引き起こしてまして、いやほんと無茶言うなと。
 国会運営には民主以上に厳しい対応を迫られる、そんな自民党でございます。
 
 加えて先日の参院選においても、議席数的には勝っておりますが、比例代表および総得票数では民主に惨敗しておりまして、谷垣氏の責任についてはあまり言われないものの、執行部刷新、世代交代を求める声は上がっているようでございます。
 
 若けりゃいいってものじゃないってのは、東雲、以前より申しておりますが、現在の影薄い執行部では次期衆院選に勝てそうも無いのも事実。
 いっそ小泉新次郎氏辺りを幹事長代理くらいに据えてみたらどうかと思うこの頃です。
 政治家の経験や信条、政策より若さやイメージばかり見ている有権者には良い客寄せパンダになるでしょう
 正直、小泉氏が政治家としてどのような人間か、未だ判断材料が乏しいこともあり、氏についてはなんとも言いがたいところでありますが、何も考えて無い大多数の有権者相手なんですから、深謀遠慮なんぞ必要ないと思いますよ?
 
 ……まぁ何にせよ、河野太郎だきゃ有り得ませんがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

投票行ってきたよ

 つーわけで本日参院選投票行ってきました。
 東雲、4月より広島県民となっておりまして、今回参院選までは前住所の選挙権行使なんだそうです。
 おかげで投票通知受け取り→不在者投票申請→不在者投票用紙受け取り→期日前投票と、少々面倒な段取りを踏むこととなりました。
 不在者投票の場合でも投票用紙を当該選挙管理委員会へ郵送するそうで、本来の選挙日前までに投票しなければならないそうです。
 不在者投票をなさる方は気をつけてくださいね。
 
 それにしても以前出した各候補への質問について、いくらか回答が得られなかったのは残念でございました。
 まぁご多忙であると思いますし、回答するしないは事務所の自由ですからやむを得ないことですが、それでも真剣な質問についてノーリアクションってのは少々切ないものがあります。

 特に某たちあがれ日本候補の方は政策に教育を掲げておられ、教育畑出身の東雲としては興味深いところであり、結構突っ込んだ質問をしたつもりなのですが、返答はなしのつぶて。
 期待していただけに残念でなりません。
 もちろん疑問が解消されない以上、この方は投票候補から除外。
 返答いただいた方から投票先を選択しました。
 
 いっそ電話したほうが良かったかとも思いましたが、メールで意見・質問を受け付ける以上、簡単でも何がしかのリアクションをしたほうが、有権者には印象がいいんじゃなかろうかと、そのように思う東雲でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本語できなきゃ看護師無理だろ

 これも実に馬鹿馬鹿しい話。

<以下引用>

「日本で看護師」断念の帰国続々…漢字など壁
7月9日3時4分配信 読売新聞

 EPA(経済連携協定)に基づきインドネシアとフィリピンから来日した外国人看護師・介護福祉士候補者の中途帰国が相次ぎ、受け入れが始まった2008年以降、計33人(今年7月1日現在)に上っていることがわかった。

 日本の国家試験突破の難しさなどから、将来の展望が見いだせずに就労をあきらめた人が少なくないと見られる。

 候補者は、これまで998人が来日。国内の施設で働きながら勉強し、3~4年の在留期間に国家試験に合格すれば本格的に日本で就労でき、そうでなければ帰国するのが条件だ。しかし、漢字や難解な専門用語が試験突破の壁になり、合格者は昨年がゼロで、今年は看護師3人のみ。

 あっせん機関の国際厚生事業団によると、中途帰国したのは、今年度来日したばかりの118人を除く880人中、インドネシア15人(うち看護師12人)とフィリピン18人(同11人)の計33人。特に、合格率1・2%だった国家試験の合格発表後に当たる今年4月以降に中途帰国した看護師が計11人に上っていた。

 こうした問題を受け、厚生労働省は今月、看護師国家試験に使われる難解な専門用語について、平易な言葉への言い換えなど、何らかの見直し方法を有識者検討会で集中的に審議。来月初めにも提言にまとめ、来年行われる次回の国家試験に反映させる方針だ。

 また、政府は6月に閣議決定した「新成長戦略」で、2011年度中に実施すべき事項として「看護師・介護福祉士試験の在り方の見直し(コミュニケーション能力、母国語・英語での試験実施等の検討を含む)」と明記、外国語による国家試験実施の可能性に言及している。

 ◆看護師国家試験=看護師の免許を取得するための国家試験。保健師助産師看護師法に基づき、国が年1回実施している。日本の大学看護学科や看護学校を卒業するなどした人のほか、EPAに基づく看護師候補者も、日本語などの研修を受けたうえで病院などで就労し、同等の知識、技能があると認められれば受験資格が得られる。

<Yahoo Newsより>

 まあ収入のいい(その分物価も高いですが)日本で働きたいという、この方々の気持ちも分からんでもありませんし、日本人に比べてより優秀であるというなら、そりゃ就労させたらいいじゃない、とは思います。
 しかし漢字が出来ないで看護師、介護師は無理だろうと、東雲なんぞはそう思うのです。
 
 そも看護師や介護師が相手にするのは、英語ペラペラな学識者でなく、どこにでもいるような日本のじっちゃんばっちゃんなどなど、英語に疎いような方々が圧倒的に多い。
 漢字が出来ないとなれば仕事に支障も出るでしょう。
 こと看護師という、命に関わるような仕事で支障が出ることは極力避けなければなりません。
 
 専門用語だって、医学系では現状常用されているわけで、じゃあ日本中の医師、看護師に言葉を改めさせるのか、という話。
 
 こればっかりはやってもらわにゃなりません。
 
 まぁ滞在期間が限られ、その期間中に合格しなきゃならないというのは、これは酷かもしれませんから、陳情があるように、期間後でも本国で同等の試験を課すようにするのもいいかもしれません。

 しかし『母国語・英語での試験実施』はちがうでしょ、と。
 必要なことを試験せずにどうするの、と、そう思うわけでございます。
 
 大学入試やなんかの試験でもそうですがね、ただ外国人にやりやすいようにしてどうするんだと、そのように思います。
 
 ホントもう
 
 バカジャネーノ?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

まだ謝罪と賠償が足りないニダ!

 信じられるか? これ、日本の官房長官のセリフなんだぜ?
 
 つーわけで本稿の『バカジャネーノ?』はこちら。

<以下引用>

日韓戦後処理は不十分=「改めて決着必要」―官房長官
7月7日19時34分配信 時事通信

 仙谷由人官房長官は7日の日本外国特派員協会での記者会見で、韓国との戦後処理について質問を受け、「一つずつ、あるいは全体的にも、この問題を改めてどこかで決着を付けていくというか、日本のポジションを明らかにする必要があると思っている」と述べ、従来の政府の対応は不十分だとの認識を示した。
 これに関連し、仙谷氏は同日の記者会見で、日韓請求権協定で消滅した個人の請求権について「法律的に正当性があると言って、それだけでいいのか、物事が済むのかという話だ」と述べ、政治的判断で個人補償を行うべきだとの考えを示唆した。仙谷氏の発言は日韓両国の間に波紋を呼ぶ可能性がある。
 

<Yahoo Newsより>

 もう大分前から言われておりますが、太平洋戦争における日韓に関する関係は日韓基本条約によって解決し、特に日韓における財産、請求権に関する問題は日韓請求権協定において『日韓間の両国間及び国民間の請求権に関する問題は完全かつ最終的に解決』されています
 
 そもそも我が国は、当時『日本』であった韓国に対して、残してきた財産を請求する権利こそあれ、賠償だのなんだのする義務はございませんでした
 (もっとも日本側の財産請求権はアメリカによって否定されてますが)
 しかしその上で『独立祝賀金および途上国支援』として有償無償民間あわせて8億ドル以上もの大金を韓国へ供与、融資しております
 なお、当時韓国の国家予算が3.5億ドル、日本の外貨準備高が18億ドルでございました。
 当時1ドル=360円の固定相場ですから、円換算で2880億円、企業物価指数で比較すると2009年の価値で実に55兆円を韓国に供与したことになります
 もちろん価値の指標は様々、これはその一例に過ぎませんが、それでも現在の税収を越えるほどの供与をして、なお『まだ賠償が足らないニダ!』とか言ってるんですよ?
 
 バカジャネーノ?
 
 大体、日韓基本条約締結時に、日本は個人補償を申し出ておりました
 それを断って『自分たちがやるから一括で寄越すニダ!』と全額懐に収めたのは、他でもない韓国政府。
 そしてそれをちょろまかして『漢江の奇跡』とやらを実現したのも、ほかでも無い韓国政府でございます。
 当時軍事政権だったとか、そんなん我が国の知ったこっちゃありません。
 つーかそれ言ったら、国体変わるごとにそれまでの条約破っていいっつーことになるんですが、こやつは明治の先達がどれだけ苦労して不平等条約を解消したか理解してるんでしょうか?
 ……まぁ、与野党が入れ替わっただけで国家間の取り決めを反故にしていいとか考えていた連中ですから、もしかしたら本気でそう思っているのかもしれませんが。
 
 ともあれ日韓基本条約ならびに日韓請求権協定で請求権に関する問題が完全に解決され、個人補償も韓国側が請け負った以上、そこに日本が上積みしてやる義理なぞ欠片もありません
 いわばムダ金でありまして、そんなもんに貴重な財源を突っ込もうなんてのたまう輩は早々に退場いただきたいと、そのように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つーか届出名称のみOKにしたら?

 これ毎回思うんですがね、なんで愛称がOKなんでしょうか?

<以下引用>

「柔ちゃん」○「金メダリスト」×=ニックネームで投票すると…―総務省・参院選
7月9日4時38分配信 時事通信

 五輪メダリストや元プロ野球選手、俳優など、参院選には多くのタレント候補が出馬した。テレビなどでも活躍していることから、愛称や番組の役名が知られている候補も多い。投票用紙には候補者のニックネームなどが書かれる可能性もあるが、こうした場合はどこまで有効か? 
 公選法は「選挙人の意思が明白であれば、投票を有効とするようにしなければならない」と定めている。このため、一般に候補者を指す愛称であれば有効とされる。
 有効か否かのポイントは「候補者が特定できるかどうか」(総務省選挙課)。ただ、判断は開票所ごとに責任者が行うため、同じ表記で扱いが異なる可能性もある。
 今回出馬したタレント候補の中でも特に知名度が高い柔道女子金メダリストの谷亮子氏(34)。彼女の場合は、どこまで認められるだろうか。柔道漫画「YAWARA! 」の主人公の名前「柔ちゃん」の愛称で長年親しまれていることから、漢字、平仮名、片仮名、アルファベットのいずれも認められるとみられる。
 しかし「仮に識別が可能でも、職業や身分などは無効」(同)で、「金メダリスト」や「48キロ級」は当然ダメ。旧姓の「田村亮子」とした場合は、同じ「田村」姓の候補がほかにもいるため、この候補との間で案分される可能性がある。
 愛称の一文字が違う「カワラちゃん」「タワラちゃん」と書かれていた場合は? 総務省選挙課によれば、「各開票責任者の判断による」そうだ。
 開票の際、愛称などが書かれた票は疑問票として集められ、立会人の意見も参考に、各開票所の責任者が最終的に判断する。疑問票が多く判断に時間がかかれば開票の遅れにつながるため、同課は「候補者名や政党の略称は正確に書いて」としている。

<Yahoo Newsより>

 そもそも選挙なんてのはその候補者の政策や主義主張に賛同できるかという話であるわけで、なぜにその対象の名前を覚えていないのかと。
 うろ覚えでも投票用紙書くところに各候補の届出名称が張り出されているわけで、あえて愛称を使う理由が東雲さっぱり分かりません。
 つーかこれこそ選挙を『人気投票』にしている一因じゃありません?
 で、結果生まれるのが(ごく一部を除き)政治なんてサッパリな役に立たないタレント政治家。
 
 もうバカバカしくてやってられません
 
 いい加減この悪制度、改正した方がいいんじゃねぇの、と思う東雲でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

説明責任どこいった?

 最近では珍しく連投。
 
 つーわけで本稿の『バカジャネーノ?』はこちら。
 
<以下引用>

世論調査でメディア批判=仙谷官房長官
7月5日17時29分配信 時事通信

 仙谷由人官房長官は5日午後の記者会見で、報道各社の世論調査で菅直人首相の消費税をめぐる説明などを評価しない意見が多いことに関し、「説明の仕方がいいとか悪いというところで評価するのは、ある種の(責任)回避的傾向だ」と述べ、設問が不適切だとの見解を示した。さらに「メディア自身が消費税、財政、社会保障問題のポジションをちゃんと持って言ってもらった方がいい」と批判した。
 一方、菅内閣の支持率下落については「選挙になれば、与野党が全く平等に扱われるので、よくあることだ」と述べ、参院選公示前よりメディアへの露出が相対的に減ったことが要因との見方を示した。
 

<Yahoo Newsより>

 もいっちょ。

<以下引用>

「メディアは野党的」官房長官がマスコミ批判
7月7日17時11分配信 産経新聞

 仙谷由人官房長官は7日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で講演し、菅内閣の支持率の低下について「ジャーナリズムは基本的に野党的でなければ存在理由がない」と述べ、メディアが政権に批判的であることが一因だとした。

 また、「雨後のたけのこのように小党が出て、テレビ番組で平等に時間や出番が与えられた。選挙になると野党が、途中から(支持率が)伸びてくるという傾向がある」とも指摘した。

<Yahoo Newsより>

 そもそも『消費税上げなくて済むと言ったじゃないか』『何故10%なのか? 自民が言っていたから、ではお粗末過ぎる』などなどといった疑問が多く渦巻いているわけですが、それに対する説明がない
 だから『評価しない』との回答が多いのは当然でございまして、『説明の仕方がいいとか悪いというところで評価するのは、ある種の(責任)回避的傾向だ』なんて的外れもいいとろこ。
 
 つか、政治家が自分の主張について説明できないってどうよ?
 
 大体、政治家がどういう主張をしているかという報道にメディア自身のポジションなんぞ必要ないでしょう?
 それともメディアは全部、某ゲンダイのように、「迷わず民主党へ投票しよう」「いまさら『自民に投票』は時代遅れだ」なんて報道しないとならないとでも言うんでしょうか?
 
 それってなんて治安維持法?
 
 加えて、『菅内閣の支持率の低下について「ジャーナリズムは基本的に野党的でなければ存在理由がない」と述べ、メディアが政権に批判的であることが一因だとした』ってさ、批判されるようなことばっかやってるのはどこの政権ですか?
 
 つかそれ言うなら麻生政権時のマスゴミネガティブキャンペーンなんて酷いものでしたよ
 政治、経済で様々な課題と対策があったのに、そんなん放置で『漢字読み間違え』『ホッケの煮付け』。
 そういや国会で『カップめん値段当てクイズ』や『漢字テスト』やった馬鹿もいましたが、あれってどこの政党でしたっけ?w
 
 それに比べれば消費増税や普天間やで批判されている、現状は至極真っ当な状態だと思うんですけどね?
 
 いやはや、こんなのが政権与党ってんですから、まさに現実は小説より奇なり。
 笑えないブラックジョークでありまして、本参院選ではそろそろ正常な政権に戻さなければならないんじゃないかと、そう思う東雲でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それって職権乱用じゃね?

 これっていいんでしょうか?

<以下引用>

「党代表として」首相、ぶら下がり取材に応じる
7月8日0時44分配信 読売新聞

 菅首相(民主党代表)が7日、参院選の応援演説のため訪れた松江市で記者団の取材に応じた。

 参院選公示後、首相が遊説先で記者団の質問に答えるのは初めてで、選挙戦の手応えについて「人事を尽くして天命を待つという気持ちだ」などと語った。

 残る選挙期間中は、連日、党代表として記者団の質問に応じるとしているが、内閣記者会が求めている「首相」としてのぶら下がり取材には応じない構えだ。

 党内では、選挙期間中の首相のテレビ出演などがほぼ終了したことを受け、首相がメディアに露出する機会を増やすべきだとの意見が出ていた。実際、首相は今回の対応について、「昨日まではテレビ等もあったけれど、久しぶりにこういう地域に足を運ぶものだから、地域の元気な姿について、私の気持ちを伝えたいと思った」と語った。

<Yahoo Newsより>

 『党代表として記者団の質問に応じるとしているが、内閣記者会が求めている「首相」としてのぶら下がり取材には応じない構え』ってさ、これつまり『首相』が行う『ぶら下がり』で『党代表』として『党の宣伝』をするってことですよね。
 
 これって職権濫用じゃね?
 
 もうなりふり構わずってことかもしれませんが、それって一体どうなのよ?
 実際、他紙によれば消費増税のような答えにくい質問には無視決め込んだようですし……。
 
 少なくとも現時点では『首相』なんですから、『首相』としての仕事をしろと、そんな風に思う東雲です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

なんともゴリッパな教育ですこと

 いやはや唖然としましたね。
 
 つーわけで本日の『バカジャネーノ?』は、ちょいと政治から離れてこんな話。

<以下引用>

「それが誠意か」生徒に土下座させる…青森の高校

 青森県の青森南高校の男性教諭が今月2日、受け持っている1年生のクラスの球技大会の成績を間違った生徒会の会長らに、クラス全員の前で土下座させていたことが5日、学校関係者への取材でわかった。

 同校は詳しい経緯を調べている。

 複数の関係者によると、生徒会は1日にあった校内球技大会の予選後、男性教諭のクラスが決勝に進むと誤って伝えた。間違いに気づいた生徒会の会長ら3人の男子生徒が教諭に謝ると、教諭は「生徒に土下座すべき」と促した。

 3人は翌2日朝にクラスを訪れ、予選の成績計算にミスがあったことを立ったまま謝罪。しかし教諭は「それがお前らの誠意か」と問い詰め、3人は土下座した。教室内は「やりすぎじゃないか」とざわめいたという。

 学校も土下座した事実を把握しており、同校の小林一也校長は本紙の取材に、「土下座をさせたと言われても言い逃れができない行為。正確な経緯を早急に確認する」と話した。

 教諭は学校側の聞き取りに対し、「本当に土下座するとは思わなかった。自主的にしたのだと思う」などと話しているという。

<読売新聞 2010/07/06>

 球技大会の採点ミスで土下座ですってよ。
 いやぁ、大した教育でございますね。
 反吐が出ますよ
 
 故意でもなく、間違いに気づいて教諭に謝罪に行った生徒捕まえて土下座強要
 クラス生徒に謝罪させるのはいいとして、『誠意が無い』『土下座すべき』って何様ですか?
 しかもたかだか球技大会の採点ミスでですよ?
 つまりこの馬鹿は定期テストなんかで採点ミスする度に土下座するんですか?
 
 んなアホな
 
 で、それがバレたら『本当に土下座するとは思わなかった。自主的にしたのだと思う』なんて言い訳。

 それがテメェの『誠意』ですか
 
 そも教師の持つ強制力なんてのは教育課程とってりゃ1年か2年で学ぶ話
 それを『本当に土下座するとは思わなかった』ときたもんだ。
 呆れてものが言えないっつーか、その程度のことも理解して無い馬鹿が教鞭振るうなクソ野郎。
 
 ……っと、少々お下品な物言いになってしまいましたが、『メスは命を救い、教鞭は命を育てる』が東雲のモットーでございまして、教鞭を握る教師はメスを握る医師と同等以上にプロでなくてはならないと考えております。
 
 土下座なんてものは一般に、精神に対して強い傷をつけるものであり、自ら誤りを認め謝罪する生徒に対しては暴力そのもの、教育効果なんぞ欠片もありません
 東雲は体罰を否定するものではありませんが、しかしそこには教育的効果および生徒に対するケアも含まれていなければなりません
 然るにこの馬鹿はそんなん何も考えず、ただ自らの嗜虐心を満たしたいが為だけにこんな戯けたことを抜かしたんでしょう。
 でなければ『本当に土下座するとは思わなかった』なんて言い訳有り得ませんよ。
 
 ホント
 
 バカジャネーノ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

正当化になってねぇ

 普天間問題や子供手当て全額不可能、暫定税率廃止撤回など反故に反故を重ね、いよいよ『詐欺フェスト』と呼ばれるに至りました、民主党のマニフェスト。
 消費税も上げないと前総理殿は言っておられましたが、そんな言葉もなんのその。
 参院選では大幅に変更と相成りました。
 
 未だ思考を停止し『民主マンセー』なんて言っておられるルーピー方はともかくとして、普通の感覚を持ってる国民であれば『おかしいんじゃねぇの?』となるところですが、そんな疑問に対して民主が弁明(嗤)を作り上げたようです。
 
 つーわけで本日の『バカジャネーノ?』はこちら。

<以下引用>

マニフェストは生き物 問答集で修正を正当化
7月1日1時16分配信 産経新聞

 民主党が参院選対策として同党国会議員にマニフェスト(政権公約)への有権者の疑問や批判にどう回答するかをまとめた想定問答集を配布し、その中に「マニフェストは生き物」などと修正を正当化するような表現があることが30日、分かった。参院選マニフェストは、子ども手当やガソリン税の暫定税率廃止を打ち出した昨年夏の衆院選から修正が図られ、批判が寄せられている。議員関係者からも「これでは場当たり的で、有権者に説明できない」との声が上がっている。

 想定問答集は「参院選マニフェストQ&A」。関係者によると、公示前日の23日の日付で衆参国会議員に配布された。

 民主党の参院選マニフェストへの疑問や批判を自ら61項目想定。このうち「09マニフェスト(衆院選)と参院選のマニフェストの違いは何か」と問われた場合は、「09マニフェストは政権交代を主張する野党のマニフェストで、参院選マニフェストは政権を担当する与党のマニフェスト」と、与党になったらマニフェストは変わるのは当然といった内容になっている。

 参院選マニフェストでは衆院選マニフェストの目玉だった「子ども手当」2万6千円を1万3千円と現物サービスに修正し、ガソリン税の暫定税率廃止も記載されていない。

 その理由を「国民の声や各種世論調査、大幅な税収減など政権交代以降の環境や状況の変化に対応する観点」と説明。この点を有権者に「違反だ」と批判された場合は、「マニフェストは生き物であり、環境や状況の変化に応じて柔軟に見直すことも重要だ」と答えるように指示している。

 衆院選で消費税を引き上げないと提唱したのに、参院選マニフェストで「消費税を含む税制の抜本改革」を掲げた点は、「次期総選挙までは消費税率を引き上げない」とした方針を堅持しつつ、「これまで民主党として任期中に消費税について一切議論しないといってきたわけではない」とも述べている。

 全般にわたって修正の説明に終始する内容に、ある民主党議員の関係者は「こんな内容を回答したら、逆に有権者に不信感を抱かれてしまう」と批判している。

<Yahoo Newsより>

 これ、東雲は既に確認していたのですが、ソース元が赤旗、すなわち共産党機関紙ということで、ちょいと敬遠しておりました。
 しかしどうやら事実のようで、元のデータも掲載しておきます。
 
 2010062801_04_1b
 (2010年6月28日「しんぶん赤旗」より)
 
 もうね、弁明になってない
 
 『09マニフェストは野党のマニフェスト、参院選マニフェストは与党のマニフェスト』っておめぇ、野党なら何言ってもいいってことですか?
 
 バカジャネーノ?
 
 消費税上げに関しても、この『弁明』は自民がずっと言い続けていた話であって、それに反対し続けていたのが民主党
 その撤回、謝罪もなしに人様の意見横取りしている状況がおかしいのであって、そもそも問題の焦点が合ってません。
 消費税率にしたって『なぜこの率なのか?』というという問いに『これから議論』って答えになってないっつーか、これじゃ『ろくに考えず、自民が言ってたからなんとなく10%言いました』と白状しているようなもの。
 加えて『消費税について一切議論しないといってきたわけではない』って、おたくの党首が『(10%を)公約と取ってもらって結構だ』と言ってませんでしたか?
 ……まぁ、その後あっさりと後退しましたが。
 
 ホント
 
 バカジャネーノ?
 
 プライマリーバランスについても『自民のパクリ』を『ウリたちも考えていたニダ』と『同様の問題意識』なんて起源主張
 
 まるでどこぞの国ですね
 
 普天間についても『誠心誠意説明し、理解を求める』としておりますが、具体的にどういうことをするのか考えてない
 沖縄の負担軽減に関しても『今後つめていく』なんて、『今は何も考えていない』と白状
 そういや前回衆院選で扶養・配偶者控除廃止に関して辻立ちの民主候補に聞いてみたときも『今、上層部で議論中』なんて返答が返ってきましたっけ。
 
 結局何も考えてねぇってことですね
 
 子供手当についてはお詫び言っておりますが、そもそも税収減だの財源足らないだのといった話は前回衆院選前からずっと言われていたことであり、それを『無駄削減と埋蔵金で事足りる』と強弁していた責任をどう取るのかという話であり、それについてはノータッチ。
 戸別保障や暫定税率についても解答になっていない内容で、バカがバカたる所以を見たような気がします。
 
 大体『マニフェストは生き物』って何だよ
 
 マニフェスト変更については『何故そうなったか』の理由付け、総括が必要なのに、上述のように弁明が弁明になっちゃいない
 で、『マニフェストは生き物』なんて電波で煙に巻く。
 
 もう民主議員全員辞職してポエマ~(否poet)にでもなったらいいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »