2011年6月22日 (水)

お次は『ミンシュシュギガー』ですか

 随分とお久しぶりでございます、東雲です。
 ちょいと実生活が色々ありまして、なかなか更新できない日が続いております。
 まぁ、ぽっぽからこっち、民主政権があまりにも馬鹿馬鹿しすぎて、筆が追いつかないという理由も多々ありますが……。
 
 閑話休題。
 
 さて、そんなお粗末政権民主党。
 成立から『手柄は自分、責任は他人』を地で貫き、ジミンガー、マスコミガー、コクミンガーなど様々なメカを開発しておりますが、このたびついに『ミンシュシュギガー』の開発に成功したようです。
 
 とゆーわけでこちらをご覧ください。

<以下引用>

辺野古回帰「民主主義のコスト」=沖縄の理解求め努力―北沢防衛相
時事通信 6月22日(水)0時54分配信

 【ワシントン時事】北沢俊美防衛相は21日午前(日本時間同日深夜)、日米安全保障協議委員会(2プラス2)終了後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設に関し、自民党政権時代と同様に同県名護市辺野古にV字形滑走路の代替施設を整備する方針を決めたことについて、「もし時間のロスだという論評があるとすれば、それは政権交代に基づく民主主義のコストだ」と述べた。
 北沢氏は「沖縄の意見が極めて厳しいので、仲井真弘多知事をはじめ、地元の皆さんの理解を得るための最大限の努力をしていく」と語った。 

<Yahoo Newsより>

 すごいよね。
 既にまとまって、さぁ後は工事だけ、となっていた話をひっくり返し、『国外、少なくとも県外』と嘯いて、ありもしない腹案とやらを振りかざし、うまくいかなかったら『ミンシュシュギガー』
 
 バカジャネーノ?
 
 単にテメェらが使えねぇってだけの話でしょ?
 それが何故に『民主主義のコスト』ですか?

 まぁ『自民にお灸』ってだけで何も考えずに民主に入れてしまった衆愚政治のツケといえばそうかもしれませんが、それにしたってテメェらがもう少しまともに動けば……というか、動かず粛々と自民の遺産を使ってりゃ、話はここまでこじれなかったわけで。
 ……もっともそうなると民主政権に何の意味があるのって話ですが。

 まぁ無能というより害毒としか言いようのない現政権
 早々に下野して頂くのが我が国のためってもんです。
 前衆院選で愚かな選択をされたお歴々は猛省して頂きたいものですね。
 でないとまた『民主主義のコスト』とやらが発生しますよ?
 
 ホント
 
 バカジャネーノ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

このババァは一体何なの?

 古今東西、ファーストレディの存在は旦那と同様、時にはそれ以上に重要になるものです。
 だからこそ東雲には分かりません、なんでこんな馬鹿がファーストレディなのか
 
 つーわけで、本日の『バカジャネーノ?』はこちら。

<以下引用>

菅首相 「疎い」発言で伸子夫人が忠告…会合で明かす
毎日新聞 2月6日(日)1時8分配信

 菅直人首相夫人の伸子さんが5日夜、横浜市内の民主党の会合であいさつし、米格付け会社の日本国債格下げに関し首相が「疎い」と発言したことについて、「疎いという言葉を使ったのはまずい。そのニュースを知らない、と言えばいい」と首相に忠告したことを明らかにした。また、伸子さんは「ボンボン(首相に)なっては降ろし、なっては降ろし、誰がこの時期に(首相を)やれるんですか。マスコミが持ち上げたりたたいたりにずっと付き合っていたら日本人は滅ぶ」と報道に注文を付けた。一方、「20年かかってこうなった日本が1、2年で変わると思わないでほしい」と述べて苦しい政権運営に理解を求めた。【田中成之】

<Yahoo Newsより>

 ポッポ前総理の嫁もそうでしたが、民主の嫁ってこんなんばっかか?
 普通なら旦那に助力するもんじゃないのか?
 『どうか夫をよろしくお願いします』と、頭下げて回るのが本来じゃないのか?
 それが口を開けば『ウチの夫はけしからん』。
 
 なんなんですか?
 
 つーか、空き菅はそれでも、曲がりなりにも有権者に選ばれた衆議院議員ですよ。
 しかしこのババァは別に国民の信を受けたわけでもなんでもない
 なんで偉そうに民主の会合でコメントしてるですか?
 そんなに党を引っ掻き回したい?
 そりゃこっちとしては願ったり叶ったりだけどさ。
 
 旦那の愚痴言いたきゃ飲み屋行くなりブログ立てるなりしろよ。
 つーか本当にまずいと思ったなら、家で旦那だけに言えばいい話だろ。
 なんで得意げに回りに言いふらしてんのこのババァ。
 それが旦那に不利に働くとか考えないの?
 
 あぁもう
 
 バカジャネーノ?
 
 あと『マスコミが持ち上げたりたたいたりにずっと付き合っていたら日本人は滅ぶ』なんて台詞は2年前に言っとくべき台詞だろうが。
 むしろ今はマスコミ全然叩いてねぇよ
 民主政権でどんだけ滅茶苦茶やってんだよ、訳ワカンネェよ。
 
 『20年かかってこうなった日本が1、2年で変わると思わないでほしい』ってオメェ、良くなるどころか悪くなってるから言われてんだよ
 変わってるよ、1、2年で、悪い方向に真っ逆さま。
 
 本格的に
 
 バカジャネーノ?
 
 いやもうこの嫁ありてこの旦那あり。
 ホントもう辞めてもらえませんかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

いよいよもって小学生

 さて、オザーの政倫審に絡めまして、いよいよ空中分解の危機に陥ってまいりました民主党
 我が国の将来のためにさっさと崩壊していただきたい東雲でございますが、その内紛もまるで小学生のケンカのようで……。

 まずはこちらをご覧ください。

<以下引用>

小沢氏招致なら集団辞任 党分裂カウントダウン
産経新聞 12月11日(土)7時57分配信

【激突ふたたび】

 民主党の小沢一郎元代表の国会招致をめぐる党内抗争が激化している。13日の役員会で小沢氏の国会招致の流れを確定させたい岡田克也幹事長は10日、「離党勧告カード」までもちらつかせ始めた。小沢氏に近い政務三役は岡田氏がこれ以上強行すれば、集団辞任も辞さない。かつ12日の茨城県議選で民主党が大敗すれば、一気に執行部を追い込む構えを見せる。「もはや落としどころはない」と嘆くベテラン議員。党分裂はカウントダウンが始まった。

 ◆岡田氏、離党勧告決意

 「週末まで待っても小沢氏が政倫審出席を申し出てこなければ、役員会で取り上げます…」

 10日午前、岡田氏は渡部恒三党最高顧問を訪ね、こう語った。13日の党役員会で衆院政治倫理審査会で小沢氏の出席を議決する方針を提起する。この決意は揺るぎない。

 ≪「小沢氏がそれでも応じなければ…」≫

 岡田氏はここで口ごもったが、離党勧告が念頭にあるのは明らか。そう読み取った渡部氏は「何も心配することはない。思い切ってやれ。国会に出る方が小沢君にとってもいいんだ」と背中を押した。

 菅直人首相も腹を固めつつある。10日夜、首相官邸で記者団に「岡田氏が進めていることは報告を受けているし、了解している」と語った。

 ◆政務三役「辞表作った」

 小沢氏に近い衆院1年生グループ「北辰会」13人は党本部で岡田氏に「司法の場に移っている小沢氏の問題を取り上げ、党内を乱すのはよくない」と訴え、一致結束を求めた。だが、岡田氏は「司法の場と政治的説明責任は違う。選挙もあるからやらざるを得ない」とにべもなかった。

 国会閉会後、岡田氏が一気に強気に転じたのはなぜか。周辺は「小沢氏が離党してもついていくのは30人もいないと踏んだからではないか」とみる。別の中堅は「こっちは衆院で過半数を確保できればプラス1だろうがプラス50だろうが、どちらでもいい。仮に党を出ていっても解散を打てば、選挙に弱い小沢系はおしまいだ」と息巻く。

 小沢氏サイドも黙っていない。小沢氏側近の高嶋良充元参院幹事長(今夏引退)は10日、国会内で輿石東参院議員会長に怒りをぶちまけた。

 「小沢氏を国会に引っ張り出すのは暴挙だ。北朝鮮とかわらない!」

 小沢氏が国会招致されれば小沢系の政務三役が集団辞任し、内閣は機能不全に陥る。ある政務官は「すでに辞表は作った。親方(小沢氏)がうんと言えば…」と明かした。

 ◆分裂見据えて徹底抗戦

 分裂が現実味を増す中、小沢氏は10日、都内で脳科学者の茂木健一郎氏と対談し、「政倫審は事件にならないものを扱うところ。私の問題は法廷の場に移っている」と徹底抗戦を宣言。夜には、東京・赤坂のしゃぶしゃぶ店で、岩手県の達増拓也知事や県議らと2時間近く会食した。

 「民主党が勝てばいいんだが…」。小沢氏はおもむろに茨城県議選に話題を振った後、こう断じた。

 ≪「結果が最大の関心事だ」≫

 県議選で民主党が大敗すれば、小沢氏に近い議員は両院議員総会の開催を求める構え。そこで問責決議を可決された仙谷由人官房長官の更迭要求が出るのは確実だ。首相の退陣を求める動議が提出されることも十分ありえる。

 両院議員総会より前に国会招致への外堀を埋められたらどうなるか。もはや小沢氏は新党に活路を見いだすほか道はなくなるはずだが…。(今堀守通、坂井広志)

<Yahoo Japanより>

 いやはや呆れてものが言えませんな。
 
 親方の我侭通らないなら仕事やめちゃる
 
 ですってよ。
 
 かつて政治的主張を違えて閣僚や政務官辞めた人間はおりましたが、こんなアホな理由で職務放棄するなんて、東雲聞いたことございません。
 テメェら行政なんだと思ってやがりますか?
 国民よりもオザーの生活が第一ですか、なるほどなるほど。
 
 バカジャネーノ?
 
 まぁ『親方(小沢氏)がうんと言えば…』なんて言ってるあたり、テメェの主義主張なんざ欠片も無いのかもしれませんが。
 なんでもかんでも他人任せのバカに責任感求めるのも酷ってもんかもしれません。
 まるで子供、それも『だって○○ちゃんが~』と他人に責任ひっかぶせるクソガキです。
 保護者さんはどこですか?
 
 まったく、こんな幼児集団が我が日本の政権与党ってんですからアタマも痛くなるってもんです。
 もう政倫審とか証人喚問とか言わんから、民主党議員全員辞表提出してくれねぇかな?
 
 ちなみに『小沢氏を国会に引っ張り出すのは暴挙だ。北朝鮮とかわらない!』なんてホザいてる馬鹿もいるみたいですが、政倫審ないし証人喚問で事実関係をきっちり説明させることのどこが北朝鮮と変わらないんでしょうか?
 むしろ北と同じだっつー箇所を申し上げていただきたい。
 もはやのーみそ使ってねぇんじゃと、思わず不安になる今日この頃です。
 
 ……あ、もともとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

説明責任どこいった?

 最近では珍しく連投。
 
 つーわけで本稿の『バカジャネーノ?』はこちら。
 
<以下引用>

世論調査でメディア批判=仙谷官房長官
7月5日17時29分配信 時事通信

 仙谷由人官房長官は5日午後の記者会見で、報道各社の世論調査で菅直人首相の消費税をめぐる説明などを評価しない意見が多いことに関し、「説明の仕方がいいとか悪いというところで評価するのは、ある種の(責任)回避的傾向だ」と述べ、設問が不適切だとの見解を示した。さらに「メディア自身が消費税、財政、社会保障問題のポジションをちゃんと持って言ってもらった方がいい」と批判した。
 一方、菅内閣の支持率下落については「選挙になれば、与野党が全く平等に扱われるので、よくあることだ」と述べ、参院選公示前よりメディアへの露出が相対的に減ったことが要因との見方を示した。
 

<Yahoo Newsより>

 もいっちょ。

<以下引用>

「メディアは野党的」官房長官がマスコミ批判
7月7日17時11分配信 産経新聞

 仙谷由人官房長官は7日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で講演し、菅内閣の支持率の低下について「ジャーナリズムは基本的に野党的でなければ存在理由がない」と述べ、メディアが政権に批判的であることが一因だとした。

 また、「雨後のたけのこのように小党が出て、テレビ番組で平等に時間や出番が与えられた。選挙になると野党が、途中から(支持率が)伸びてくるという傾向がある」とも指摘した。

<Yahoo Newsより>

 そもそも『消費税上げなくて済むと言ったじゃないか』『何故10%なのか? 自民が言っていたから、ではお粗末過ぎる』などなどといった疑問が多く渦巻いているわけですが、それに対する説明がない
 だから『評価しない』との回答が多いのは当然でございまして、『説明の仕方がいいとか悪いというところで評価するのは、ある種の(責任)回避的傾向だ』なんて的外れもいいとろこ。
 
 つか、政治家が自分の主張について説明できないってどうよ?
 
 大体、政治家がどういう主張をしているかという報道にメディア自身のポジションなんぞ必要ないでしょう?
 それともメディアは全部、某ゲンダイのように、「迷わず民主党へ投票しよう」「いまさら『自民に投票』は時代遅れだ」なんて報道しないとならないとでも言うんでしょうか?
 
 それってなんて治安維持法?
 
 加えて、『菅内閣の支持率の低下について「ジャーナリズムは基本的に野党的でなければ存在理由がない」と述べ、メディアが政権に批判的であることが一因だとした』ってさ、批判されるようなことばっかやってるのはどこの政権ですか?
 
 つかそれ言うなら麻生政権時のマスゴミネガティブキャンペーンなんて酷いものでしたよ
 政治、経済で様々な課題と対策があったのに、そんなん放置で『漢字読み間違え』『ホッケの煮付け』。
 そういや国会で『カップめん値段当てクイズ』や『漢字テスト』やった馬鹿もいましたが、あれってどこの政党でしたっけ?w
 
 それに比べれば消費増税や普天間やで批判されている、現状は至極真っ当な状態だと思うんですけどね?
 
 いやはや、こんなのが政権与党ってんですから、まさに現実は小説より奇なり。
 笑えないブラックジョークでありまして、本参院選ではそろそろ正常な政権に戻さなければならないんじゃないかと、そう思う東雲でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それって職権乱用じゃね?

 これっていいんでしょうか?

<以下引用>

「党代表として」首相、ぶら下がり取材に応じる
7月8日0時44分配信 読売新聞

 菅首相(民主党代表)が7日、参院選の応援演説のため訪れた松江市で記者団の取材に応じた。

 参院選公示後、首相が遊説先で記者団の質問に答えるのは初めてで、選挙戦の手応えについて「人事を尽くして天命を待つという気持ちだ」などと語った。

 残る選挙期間中は、連日、党代表として記者団の質問に応じるとしているが、内閣記者会が求めている「首相」としてのぶら下がり取材には応じない構えだ。

 党内では、選挙期間中の首相のテレビ出演などがほぼ終了したことを受け、首相がメディアに露出する機会を増やすべきだとの意見が出ていた。実際、首相は今回の対応について、「昨日まではテレビ等もあったけれど、久しぶりにこういう地域に足を運ぶものだから、地域の元気な姿について、私の気持ちを伝えたいと思った」と語った。

<Yahoo Newsより>

 『党代表として記者団の質問に応じるとしているが、内閣記者会が求めている「首相」としてのぶら下がり取材には応じない構え』ってさ、これつまり『首相』が行う『ぶら下がり』で『党代表』として『党の宣伝』をするってことですよね。
 
 これって職権濫用じゃね?
 
 もうなりふり構わずってことかもしれませんが、それって一体どうなのよ?
 実際、他紙によれば消費増税のような答えにくい質問には無視決め込んだようですし……。
 
 少なくとも現時点では『首相』なんですから、『首相』としての仕事をしろと、そんな風に思う東雲です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

正当化になってねぇ

 普天間問題や子供手当て全額不可能、暫定税率廃止撤回など反故に反故を重ね、いよいよ『詐欺フェスト』と呼ばれるに至りました、民主党のマニフェスト。
 消費税も上げないと前総理殿は言っておられましたが、そんな言葉もなんのその。
 参院選では大幅に変更と相成りました。
 
 未だ思考を停止し『民主マンセー』なんて言っておられるルーピー方はともかくとして、普通の感覚を持ってる国民であれば『おかしいんじゃねぇの?』となるところですが、そんな疑問に対して民主が弁明(嗤)を作り上げたようです。
 
 つーわけで本日の『バカジャネーノ?』はこちら。

<以下引用>

マニフェストは生き物 問答集で修正を正当化
7月1日1時16分配信 産経新聞

 民主党が参院選対策として同党国会議員にマニフェスト(政権公約)への有権者の疑問や批判にどう回答するかをまとめた想定問答集を配布し、その中に「マニフェストは生き物」などと修正を正当化するような表現があることが30日、分かった。参院選マニフェストは、子ども手当やガソリン税の暫定税率廃止を打ち出した昨年夏の衆院選から修正が図られ、批判が寄せられている。議員関係者からも「これでは場当たり的で、有権者に説明できない」との声が上がっている。

 想定問答集は「参院選マニフェストQ&A」。関係者によると、公示前日の23日の日付で衆参国会議員に配布された。

 民主党の参院選マニフェストへの疑問や批判を自ら61項目想定。このうち「09マニフェスト(衆院選)と参院選のマニフェストの違いは何か」と問われた場合は、「09マニフェストは政権交代を主張する野党のマニフェストで、参院選マニフェストは政権を担当する与党のマニフェスト」と、与党になったらマニフェストは変わるのは当然といった内容になっている。

 参院選マニフェストでは衆院選マニフェストの目玉だった「子ども手当」2万6千円を1万3千円と現物サービスに修正し、ガソリン税の暫定税率廃止も記載されていない。

 その理由を「国民の声や各種世論調査、大幅な税収減など政権交代以降の環境や状況の変化に対応する観点」と説明。この点を有権者に「違反だ」と批判された場合は、「マニフェストは生き物であり、環境や状況の変化に応じて柔軟に見直すことも重要だ」と答えるように指示している。

 衆院選で消費税を引き上げないと提唱したのに、参院選マニフェストで「消費税を含む税制の抜本改革」を掲げた点は、「次期総選挙までは消費税率を引き上げない」とした方針を堅持しつつ、「これまで民主党として任期中に消費税について一切議論しないといってきたわけではない」とも述べている。

 全般にわたって修正の説明に終始する内容に、ある民主党議員の関係者は「こんな内容を回答したら、逆に有権者に不信感を抱かれてしまう」と批判している。

<Yahoo Newsより>

 これ、東雲は既に確認していたのですが、ソース元が赤旗、すなわち共産党機関紙ということで、ちょいと敬遠しておりました。
 しかしどうやら事実のようで、元のデータも掲載しておきます。
 
 2010062801_04_1b
 (2010年6月28日「しんぶん赤旗」より)
 
 もうね、弁明になってない
 
 『09マニフェストは野党のマニフェスト、参院選マニフェストは与党のマニフェスト』っておめぇ、野党なら何言ってもいいってことですか?
 
 バカジャネーノ?
 
 消費税上げに関しても、この『弁明』は自民がずっと言い続けていた話であって、それに反対し続けていたのが民主党
 その撤回、謝罪もなしに人様の意見横取りしている状況がおかしいのであって、そもそも問題の焦点が合ってません。
 消費税率にしたって『なぜこの率なのか?』というという問いに『これから議論』って答えになってないっつーか、これじゃ『ろくに考えず、自民が言ってたからなんとなく10%言いました』と白状しているようなもの。
 加えて『消費税について一切議論しないといってきたわけではない』って、おたくの党首が『(10%を)公約と取ってもらって結構だ』と言ってませんでしたか?
 ……まぁ、その後あっさりと後退しましたが。
 
 ホント
 
 バカジャネーノ?
 
 プライマリーバランスについても『自民のパクリ』を『ウリたちも考えていたニダ』と『同様の問題意識』なんて起源主張
 
 まるでどこぞの国ですね
 
 普天間についても『誠心誠意説明し、理解を求める』としておりますが、具体的にどういうことをするのか考えてない
 沖縄の負担軽減に関しても『今後つめていく』なんて、『今は何も考えていない』と白状
 そういや前回衆院選で扶養・配偶者控除廃止に関して辻立ちの民主候補に聞いてみたときも『今、上層部で議論中』なんて返答が返ってきましたっけ。
 
 結局何も考えてねぇってことですね
 
 子供手当についてはお詫び言っておりますが、そもそも税収減だの財源足らないだのといった話は前回衆院選前からずっと言われていたことであり、それを『無駄削減と埋蔵金で事足りる』と強弁していた責任をどう取るのかという話であり、それについてはノータッチ。
 戸別保障や暫定税率についても解答になっていない内容で、バカがバカたる所以を見たような気がします。
 
 大体『マニフェストは生き物』って何だよ
 
 マニフェスト変更については『何故そうなったか』の理由付け、総括が必要なのに、上述のように弁明が弁明になっちゃいない
 で、『マニフェストは生き物』なんて電波で煙に巻く。
 
 もう民主議員全員辞職してポエマ~(否poet)にでもなったらいいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年6月24日 (木)

ルール守れぬ民主党

 最近ちょいと忙しく、更新ままなりませんが、これはちょっとね。
 
 今更感漂うタイトルですが、本日の『バカジャネーノ?』はこちらでございます。

<以下引用>

新党組「自民も民主も同じ」=みんな、改革、たちあがれ
6月24日12時7分配信 時事通信

 みんなの党の渡辺喜美代表は午前10時前、静岡市のJR静岡駅北口で選挙活動をスタート。通勤客らに「地域が主役の成長国家をつくる。民主党の地域主権はまがい物だ」と声を張り上げた。青いチェックのシャツにベージュ色のジャケット姿で「消費税を上げる前にやるべきことがある」と持論を展開。「自民党も民主党も全く同じだ」と支持を訴えた。
 新党改革の舛添要一代表は午前8時半、徳島市内で同党所属候補の出陣式に出席。薄紫のかりゆしウエアに身を包み、自民、民主の既成政党を批判。「危機的状況にある日本を変えられるのは新党改革しかない。新しい国の形をつくる」と熱弁を振るった。
 たちあがれ日本の平沼赳夫代表は午前11時20分すぎ、東京・新宿駅西口で第一声。「伝統、文化、歴史を大切にして新しい国づくりを」「政界再編の起爆剤に」と存在をアピールした。街頭演説には「応援団長」石原慎太郎都知事も同席。近くで民主党候補が演説を始めると「選挙のルールを守らない民主党政権では日本はがたがたになる」と石原知事が批判する一幕もあった。

<Yahoo Newsより>

 みん党とか改革とかはどーでもいいです。
 奴ら口だけですから。
 
 それはともかく気になるのは『近くで民主党候補が演説を始めると「選挙のルールを守らない民主党政権では日本はがたがたになる」と石原知事が批判する一幕もあった』というこの一節。
 『どゆこと?』と調べてみましたら、産経が詳細を書いてました。
 ご覧ください。

<以下引用>

たちあがれ日本の演説中に白真勲氏の宣伝カーが「殴り込み」
6月24日14時26分配信 産経新聞

 東京都新宿区の新宿駅西口前で24日午前、たちあがれ日本が参院選の第一声を行っていたところ、すぐ近くで民主党比例代表の現職候補が街頭演説を始め、一時騒動となった。

 午前11時すぎ、小田急百貨店前でたちあがれの演説が開始。ところが、与謝野馨共同代表の演説中に、100メートルも離れていない京王百貨店前に白真勲氏の宣伝カーが止まり、鈴木寛文部科学副大臣らが演説を始めた。

 与謝野氏は演説を終えると、すぐさま白氏の宣伝カーに直行、「公党間の約束で決めた場所に勝手に入ってくるな」と白陣営に抗議した。鈴木氏らは一時演説を中断させたが「公道でやるのだから自由だ」と拒否し、結局演説を強行した。

 与謝野氏はその後、怒りを抑えきれないまま、記者団らに「政治生活でこんな選挙妨害をされたのは初めてだ。これこそ民主党の姿だ」。たちあがれの“応援団長”の石原慎太郎東京都知事も、演説中に「白真勲コール」を聞かされ、「日本人ならルールを守れ!!」と怒りを爆発させた。

 ちなみに、小田急百貨店前では共産党、たちあがれ、公明党の順で街頭演説をすることになっていた。

<Yahoo Newsより>

 東雲のアンテナが低いのか知りませんが、今までこんな話聞いたことありません。
 別の機会を設けて反論するとか、そういうことでなく、ルール破って大音量で人様の演説の邪魔をする。
 
 これって選挙妨害じゃねぇの?
 
 そういえば、某国人の議論は大声で怒鳴ってねじ伏せれば勝ちだそうですが、
 
 なんか同じ匂いがしますね、何故でしょう?w
 
 加えて文部科学副大臣がこのルール違反に参戦ですよ。
 東雲も教育について学んできましたが、
 
 文科副大臣がルール破り推進って何?
 
 教育に悪いんで即刻辞表を提出してほしいんですが。
 
 ホント
 
 バカジャネーノ?
 
 つーか
 
 公選法違反でさっさとしょっ引けよ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

無能にも程がある

 教えてくれ、俺はどこからツッコんでいけばいい?
  
 普天間、口蹄疫、マニフェスト反故、政治とカネ犯罪の不始末、etc.、etc.……。
 
 教えてくれ、俺はどこからツッコんでいけばいい?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

今更何言ってやがる

 こんなタイトルつけますと『どのこと言ってるの?』と尋ねられかねない、ポッポ政権の迷走っぷり。
 行く先も分からずグルグル回っている様はまさにルーピーですが、本稿では悪名名高い事業仕分けについて取り上げたいと思います。

 身内的な話をすれば、科学者からは極めて不評、というか評価に値しない、『お前ら科学分かってねぇだろ』と、研究室配属してりゃ学部生ですら分かりそうな、議論にもならない議論を重ねてまいりました第一回事業仕分け

 然るに素人やポッポ政権を狂信するルーピーな方々には難しい話であるらしく、『ムダ削減』やら『国民目線』やらというフレーズに踊らされ、事業仕分けを賛美賞賛

 まっこと『バカジャネーノ?』と思うことしきりでありますが、そんな二匹目のドジョウを狙うべく、事業仕分け第二段と来たもんだ。
 既に一部の皆様には『むしろ事業仕分けのほうがムダじゃねーの?』とご理解いただいているわけですが、さてそんな中でこげな意見が出ているようでございます。

 ご覧ください。

<以下引用>

切り札・仕分け第2弾、「政治ショー化」懸念も
4月24日15時24分配信 読売新聞

 鳩山首相が政権浮揚の切り札と期待する「事業仕分け」第2弾は、官僚OBの天下り先となっている独立行政法人の不透明な実態や無駄遣いに切り込んだ。

 ただ、財政的な効果が薄いと見られるだけに、官僚たたきなど「政治ショー」になりかねないとの懸念も出ている。

 ◆納税者目線◆ 

 第2弾の最初に取り上げられたのは、沖縄科学技術研究基盤整備機構。2012年度の開学を目指す沖縄科学技術大学院大学の設立準備を行っているが、その運営委員会は、委員10人のうち5人が国内外のノーベル賞受賞者と、そうそうたる顔ぶれがそろう。

 「ノーベル賞受賞者を招くことで大学が世界レベルになる、というつながり(理屈)がよく分からない」

 民間仕分け人の松本悟・一橋大大学院非常勤講師は、大学の設立準備に世界トップレベルの科学者を集めることの効果に疑問を呈した。

 委員の報酬は年間1万ドル(約93万円)で、年2回程度の委員会に出席すると、さらに1回5000ドル(約47万円)の謝金が出る。仕分け人たちは「会議にまったく出なくても年間1万ドルもらえるんですか」「会議に出ない委員は何をしているのか」と“納税者目線”の質問を次々とぶつけた。理事長が沖縄在住でないことも問題視した。

 結果は「予算縮減」。02年のノーベル生理学・医学賞を受賞したシドニー・ブレンナー理事長は会議後、記者団に不満をにじませた。

 「個人的な理由で沖縄に住めないが、国際的ネットワークを使い、毎日毎日、この機構のために仕事している。委員たちへの年間1万ドルは極めて適切な額だ」

 今回の事業仕分けは初日から、高額な給与など恵まれた待遇にあったり、国や民間との事業重複など典型的な無駄を抱えるように見えたりする独立行政法人が対象に並んだ。議論は前回同様インターネットで生中継され、国民の多くが明らかに無駄だと思えるような事業に冒頭からメスを入れ、「見せ場」を作った。

 ◆意気込み◆

 鳩山政権は、首相や小沢民主党幹事長の「政治とカネ」の問題や沖縄の米軍普天間飛行場移設問題の行き詰まりなどで、支持率の低下に歯止めが掛からない。「子ども手当が支給されれば支持率も下げ止まる」(首相周辺)と見る向きもあるが、高速道路の新料金制度をめぐる迷走も加わり、事業仕分けは政権浮揚に向けた「頼みの綱」だ。

 鳩山首相は23日夜、首相官邸で記者団に「『縮減』(判定)などがもう出てきている。国民の目線でしっかりやってもらいたい」と期待を寄せた。枝野行政刷新相は23日の開会式で「政権が国民から求められているのは税金の無駄遣いをやめさせることだ。私たちが先頭に立って、この仕事を遂行することが、国民の信頼を回復する唯一の方法だ」と意気込んだ。

 ◆皮肉◆

 官僚OBの天下りの温床と指摘されてきた独立行政法人に切り込み、「政官業の癒着構造」にメスを入れる意義は小さくない。

 労働政策研究・研修機構が行うインターネットを通じた職業紹介に関する23日の議論では、クレディ・スイス証券チーフ・マーケット・ストラテジストの市川真一氏が、プロ野球選手の紹介を「『ボールを打ち、走り、守る。学歴は関係ない』などとなっている」と読み上げて国費投入を疑問視するなどして、「廃止」に導いた。

 独立行政法人の無駄遣いについては、自民党政権時代には十分チェックされなかったとの指摘もあり、国民の期待も大きい。

 今回の事業仕分けは、インターネットで動画を配信する民間企業5社が生中継したが、昼休みの時間帯などにアクセスが殺到し、動画がとぎれるなど一時つながりにくくなることもあったほどだ。

 ただ、こうした追及の半面で「官僚や独法たたきのパフォーマンスが過熱しかねない」(内閣府幹部)との懸念も出ている。

 中小企業基盤整備機構の仕分け作業に出席した長谷川栄一中小企業庁長官は記者団を前にこう皮肉った。

 「今日の先生方は『無駄じゃないか』と疑い、とにかく少しでも節減しようと(いう姿勢だった)」

 (政治部 栗林喜高、経済部 有光裕)

<Yahoo Newsより>

 『官僚や独法たたきのパフォーマンスが過熱しかねない』ってさ、

 今更何を言っているのか

 そんなものは事業仕分け以前、そも民主の存在意義がそこでしょうよ。

 『ジミンガー』『カンリョウガー』で自民たたきの官僚たたき
 奴らがそれ以外に何かやりました?

 ……あぁ、やってましたね。
 子供バラマキ手当てだとか、高速料金値上げとか

 しかしまたまたバカやってるようですね、『ぎょーせーさっしんかいぎ(嗤』。

 『ノーベル賞受賞者を招くことで大学が世界レベルになる、というつながり(理屈)がよく分からない』と、この意見は分からんでもありません。
 『大学の設立準備』にそういった人間を招いてどうなるという話ではない。

 しかしその後もそこで教鞭をとってくれるというなら、これはまた話は別です。
 ならば『設立後も大学運営、研究に携わってくれるのか?』と問わねばならないところ

 然るに出てくる質問が『会議にまったく出なくても年間1万ドルもらえるんですか』と来たもんだ。

 バカジャネーノ?

 むしろこんな馬鹿な質問してオザー原理主義にただただ首肯している民主議員どもに何千万も議員歳費払う方が不適切じゃね?

 誰かオザーに言ってみたら?
 『国会出なくても年間ウン千万(他収入含めりゃ億単位でしょうが)もらえるんですか?』って。

 大体にして会議ってのは会議出る前が重要でしょうに。
 民間じゃ無駄な会議は省くってのが鉄則ですよ?

 加えて理事長が沖縄在住じゃなきゃダメってのもワケ分からんわけで。
 今日日ネットワークの発達で、それこそ自宅にいたってミーティングすることは可能です。
 東雲ですら友人とゲーム作ってたときにはスカイプその他ネットツールでミーティングですよ。
 だっていちいち集まる時間もったいねぇもん。
 学生が趣味やるときに考えることすら考え付かないんでしょうかね、この馬鹿どもは。

 「『ボールを打ち、走り、守る。学歴は関係ない』などとなっている」ってのも、そりゃ野球選手はそうでしょうが、例えば研究職なんかはそうはいきません
 『どういった研究機関でどういった技術、知識を身につけたか。ボールを打ち、走り、守るは関係ない』って話です。
 野球選手のものさしを職一般に拡張するのは愚かしいにもほどがあるってものであり、こんな発言が出てくること自体に東雲唖然ですよ。

 『国民の多くが明らかに無駄だと思えるような事業に冒頭からメスを入れ、「見せ場」を作った。』なんて読売は書いてますが、『素人たる国民の多く』に『ムダ』と映っても、専門的に見れば必要な事象なんてのは数多くあるわけで、レンポーなんてその典型でしょう。
 リンカーン否定するつもりはありませんが『国民の国民による国民のための政治』なんてのは極めて危険でありまして、専門家やそれに精通した人が『国民のための政治』をするのがベストでございますよ。

 大衆主義に走れば国が破綻するなんて、今の政権見てりゃ分かるでしょう?

 ホントもう

 バカジャネーノ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

バカばっか

 先日嫌疑不十分で不起訴となりました民主党オザー幹事長
 言葉を知らないのかワザとなのか、一部マスゴミは『嫌疑不十分』をあたかも『嫌疑なし』と言うように報じているようですが、起訴された元秘書の公判もありますし、『金丸方式で行く』なんて噂もございまして未だ目が離せません。

 さて、そんなオザー、ひいてはポッポの『政治とカネ』問題ですが、国民もようやっと目が覚めてきたのか、こげなことになっているようです。

 つーわけでこちらをご覧ください。

<以下引用>

内閣不支持率、支持率を初めて上回る 産経・FNN合同世論調査
2月8日11時48分配信 産経新聞

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が6、7両日に実施した合同世論調査で、鳩山内閣の不支持率が前回調査(1月16、17両日)より5.8ポイント増の46.1%に急伸し、支持率の42.8%を初めて上回った。政治資金管理団体による土地購入事件で、不起訴処分となった小沢一郎民主党幹事長については、「幹事長を辞任すべきだ」との回答が70.3%と前回に続き7割を超え、鳩山内閣や小沢氏に対する世論の厳しい評価が続いていることを裏付けた。

 内閣の不支持率急伸は政権の評価にも表れている。政権評価8項目のうち「評価する」が「評価しない」を上回ったのは、「首相の人柄」の51.9%だけ。残りは「評価しない」が上回り、「首相の指導力」に至っては「評価しない」が79.4%と8割近くに上った。「景気対策」「外交政策」は「評価しない」が6割を上回った。

 小沢氏の政治資金問題では、「小沢氏の説明に納得できない」との回答は87.8%、「小沢氏は十分謝罪したと思わない」も88.4%とほぼ9割。「東京地検特捜部の捜査は十分だったとは思わない」との回答も66.4%に上り、国民には小沢氏への疑念が残っていることをうかがわせる。「小沢氏は衆院議員を辞職すべきだ」も48.2%と、前回に続き半数近くに達した。

 「小沢氏は国会での証人喚問や参考人招致に応じ、国会で説明すべきだ」との回答は88.5%。「『政治とカネ』の問題はもっと今国会で追求すべきだ」は72.9%だった。また「小沢氏の事件が夏の参院選に影響する」との回答も88.0%と9割近い。

 政党支持率では民主党が32.9%と微増、自民党が18.2%と微減。夏の参院選の比例代表投票先でも民主党が37.0%、自民党が23.2%と大きな開きは続いている。

 「与野党の政治家で日本の首相に最もふさわしいのは誰か」との問いには「舛添要一前厚生労働相」が前回より1.3ポイント増の14.5%でトップに立った。鳩山由紀夫首相は、2.0ポイント下げ、10.1%だった。

<Yahoo Newsより>

 まだまだ。

<以下引用>

<鳩山首相>支持率下落「謙虚に真摯に受け止める」
2月8日11時59分配信 毎日新聞

 鳩山由紀夫首相は8日午前、報道各社の世論調査で内閣支持率が下落していることについて、「謙虚に真摯(しんし)に受け止める必要がある。政治とカネの問題が中心だろうが、『政治を変えてくれ』という声もまだ根強くある。なぜ政権交代したか、という原点に立ち返って厳しい声に応えたい」と述べた。首相公邸前で記者団に語った。【山田夢留】

<Yahoo Newsより>

 もいっちょ。

<以下引用>

「小沢氏がしっかり説明」=鳩山首相、世論調査結果に
2月8日10時57分配信 時事通信

 鳩山由紀夫首相は8日午前、報道各社の世論調査で小沢一郎民主党幹事長は辞任すべきだとの人が7割前後に達したことについて「検察で公平公正に判断されたということを、幹事長として、しっかりと説明しながらお答えしていく。これに尽きると思う」と述べ、元秘書らが起訴された政治資金規正法違反事件に関し、小沢氏自身が説明責任を果たすことで続投への理解を求める必要があると強調した。
 内閣不支持率が支持率を上回ったことについては、「謙虚に、真摯(しんし)に受け止める。政治とカネの問題が中心だと思う」と述べ、自身や小沢氏の政治資金問題が要因と指摘。「もう一度、原点に立ち返って国民の声を受け止めながら、国民のためになる政治を今こそつくり上げていく」と語った。首相公邸前で記者団の質問に答えた。
 平野博文官房長官は同日午前の記者会見で、世論調査で小沢氏が説明責任を果たしていないとの意見が多いことに関し、「国民の声としてはあるのだろう。本人が必要な時に説明すると思う」と述べた。 

<Yahoo Newsより>

 毎日の記事がやたら短いんですが、それはともかく。

 『自民にお灸を据える』とか何とか言いながら自身が大火傷した国民ですが、ようやっと目が覚めてきたのか、内閣支持率が産経の調査では不支持率以下、他調査でも軒並み低下しております。
 東雲としましては遅きに失した感がございますが、それでも永眠してるよりゃマシでしょう。

 ちなみに今回、『「首相の指導力」に至っては「評価しない」が79.4%と8割近くに上った。「景気対策」「外交政策」は「評価しない」が6割を上回った』んだそうですが、『これら項目は前回調査からあんまし変わらず最悪なわけだが、なんで今ここまで評価下がるのか、つーかお前らホントに考えて回答してるのか?』なんて無粋なことは言いませんよ?
 えぇ言いませんとも。

 さてそんな国民諸氏でございますが、しかし未だ完全覚醒には遠いのか、『首相の人柄』とやらはまだ50%以上評価されているようです。
 先述項目が60%以上評価されず、然るに内閣支持率が40%超えってことは少なからず『首相の人柄』とやらが支持率に影響していると考えられるわけですが、それは政策やら能力やら以上に重要なのか?
 そも『とらすとみ~』なんて言っておいて平気で裏切るような輩の人柄がいいとは思えないんだけど?
 それとも東雲も『とらすとみ~』と言ってりゃ何でも許されますか? モテモテですか?
 それはいい事を聞きました、今度実践してみましょう。

 ……って

 バカジャネーノ?

 少なくとも人を簡単に裏切るような輩は人間として最悪だと考えていたんですが、これって日本じゃ非常識なん?
 自国の常識世界の非常識ってのは某隣国の専売特許だと思ってたんですが、我が国もそうなんですか?

 いやはや恥ずかしい。
 何が恥ずかしいってその程度のことも分からない我が国国民ののーみそが恥ずかしい
 まぁそんなんだから後先考えず、上っ面だけ舐めてノリで投票用紙書いちまうんでしょうがね。

 ポッポは『『政治を変えてくれ』という声もまだ根強くある』だの『なぜ政権交代したか』だの言ってますが、そんな気にしなくてもいいと思いますよ。
 どーせそんなにちゃんと考えてませんから。
 ポッポの馬鹿さ加減は周知のとおりですが、まぁ馬鹿な国民から誕生する首相だもの、馬鹿だってしょうがないですよね。

 いやはやホント、文字通り命懸けで戦ってこられた先達に申し訳ありませんよ。

 ちなみに前回参院選終わってから政権取るまで、さんざっぱら『ミンイミンイ』と蝉の如く鳴いていたわけですが、『「(オザーは)幹事長を辞任すべきだ」との回答が70.3%』という『民意』は華麗にスルーなんですね。
 いやまぁ分かってましたけど、流石は民主党ですね。

 ホント

 バカジャネーノ?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧