2009年3月23日 (月)

Tibet is Tibet!

何度も言う、チベットはチベットだ!

<以下引用>

 <中国>チベット僧ら暴動 4千人衝突、6人逮捕
3月22日19時32分配信 毎日新聞

 【北京・浦松丈二】新華社通信によると、中国青海省ゴロクチベット族自治州で21日、僧侶約100人を含む数百人の暴徒が地元警察署を襲い、地元政府の職員数人が軽傷を負った。警察当局は22日に暴徒6人を逮捕。89人が自首した。チベット亡命政府によると、チベット族約4000人が「独立」を叫んで警察と衝突したという。

 中国当局は今月、ダライ・ラマ14世亡命につながったチベット動乱から50年、ラサ暴動から1年になることから、チベット族居住地域で厳戒態勢を敷いていた。今年に入って中国国内で、僧侶の大規模暴動が発生したのは初めて。

 同通信によると、僧侶が地元警察の取り調べ中に行方不明になったとのうわさが引き金になったという。

 一方チベット亡命政府によると、僧侶は動乱50周年の今月10日に寺院屋上の中国国旗を降ろし、亡命政府の旗を掲げた。地元警察に拘束されたものの逃走し、黄河に飛び込んで自殺を図ったという。

<Yahoo Newsより>

 暴動だと?

 ふざけるな!

 共産党政府の圧制、弾圧に対する抵抗じゃないか!
 コキントーは早々にダライ・ラマ猊下にチベットを返還しろ!



人気ブログランキングへ
『Chinese, Go home!』と思われる方はポチッとお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

チベット・ウイグルに真の自由を

 東雲が勉強させていただいております『博士の独り言』様にて、本日:日本時間8月8日午後9時8分に『Chandle For Tibet』が行われることを知りました。
 
 自身のアンテナの低さを恥じ入るばかりですが、私もこれに合わせてチベット、そしてウイグルに関しても自由が獲得できますよう、祈念を込めてこの稿を呈したいと思います。

246775

  本来なら『博士の独り言』様のようにキャンドルの写真を用意したかったんですが、残念ながら現在研究室(有機系ゆえ火気厳禁)にこもり中でありまして、同じく『博士の独り言』様から転載させていただきましたステッカーをもちまして、これに変えたいと思います。
 
 どうかチベット、ウイグルに真の自由が訪れますことを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

久々に安倍さんGJ!

 チベット人権蹂躙問題や毒餃子問題、東シナ油田強奪問題などの重大な諸懸案を有しながら行われました胡錦濤の来日、そして福田との非公式夕食会。
 本来ならばこれらの懸案事項に対し強く非難する絶好のチャンスであったのですが、その辺りは流石媚中派売国奴。
 これらを強く言うこともせず、『パンダ貸してくれて謝々』だなんて諸手を上げて歓迎歓待、その空気読めなさっぷりに改めて我が国国民はうんざりさせられているわけであります。
 
 ちなみにパンダのレンタル料、年間1億円だそうですよ。
 そもそもがチベット原産であるパンダを使って金をせしめようってんですから、より一層『パンダ外交』の愚かしさ、残酷性が際立ってくるってもんですが、むしろ売国チンパンジーを檻に入れたほうが国益にかなうんじゃないか、なんて思う東雲です。
 
 閑話休題。
 
 ともわれそんな道化に満ちた夕食会。
 昨今、特にチベット問題で諸外国から非難ごうごうな中国としましては、今回の訪日を国際社会に対するイメージアップと位置付けておりまして、その目論見は一定程度成功したものと思われます。
 まぁ、相手が相手でしたし、扱いやすくはあったんでしょう。

 が、しかし。
 
 本日行われました歴代首相4人との朝食会ではそうはいきませんでした。
 おそらく胡錦濤としては現役首相の他、歴代首相という名の家臣とも友好的雰囲気を演出し、さらなるイメージアップを狙っていたんでしょう。
 政界重鎮であるはずの歴代首相が雁首そろえて、まるで宗主様を迎えるが如きに胡錦濤を迎えたこの朝食会、東雲は吐気すら覚えておりましたが、しかしそんな中にただ一人だけ『元日本国総理大臣』がおりました。
 誰あろう、安部前首相でございます。
 首相時どんどんとヘタレていった様は腹立たしくもありましたが、やはり身動きしやすい立場であれば自らの意思を明確にできる方のようであります。
 こちらをご覧下さい。

<以下引用>

「無事釈放を…」安倍氏発言で緊張走る 歴代首相が胡主席と朝食会
5月8日18時37分配信 産経新聞

 中国の胡錦濤国家主席と中曽根康弘、海部俊樹、森喜朗、安倍晋三の歴代首相4人との朝食会が8日朝、東京都千代田区のホテルニューオータニで開かれた。89歳と最年長の中曽根氏が主宰し、和やかな友好ムードが演出されたが、安倍氏が中国側が神経をとがらせているチベットやウイグルの人権問題を指摘したことで、一時緊迫する場面もあった。出席者らの証言から、その様子を再現する。

 朝食会は午前8時からの約1時間で、会場の日本料理屋入り口では中曽根氏らが出迎えた。計6回の靖国神社参拝をめぐり、中国側と対立した小泉純一郎元首相は「おれが行ったら、胡主席は来ないんじゃないか」と周囲に漏らしており、姿を見せなかった。

 「みなさんとお会いできるチャンスを得て大変うれしい。このように一堂に会するのは初めてであり、かなり創造的な形だ」

 胡主席はにこやかに謝意を表明し、中曽根氏の正面の席に着いた。タケノコ、マグロのづけ、銀ダラ西京焼き、しじみ汁…と旺盛な食欲でたいらげたが、「さすがにおかわりはしなかった」(海部氏)という。

 中曽根氏は「今まで日中関係は必ずしも良好ではなかったが、7日の日中共同声明により新しい展開が可能になるだろう」と胡主席来日の成果を高く評価。海部氏は東シナ海ガス田問題について「だんだんよい方向で進んでいるようなので、ぜひその方向で進めてほしい」と要請した。

 こうした会場の「緩い空気」(出席者)が一変したのは、続いて安倍氏がこう発言してからだ。

 「お互い国が違うので、利益がぶつかることもあるが、戦略的互恵関係の構築に向け、相互訪問を途絶えさせない関係をつくっていくことが重要だ」

 これは、小泉氏の靖国参拝をめぐり中国側が首脳交流を途絶えさせたことを暗に批判したものだった。安倍氏はその上で、「チベットの人権状況を憂慮している。五輪開催によって、チベットの人権状況がよくなるのだという結果を生み出さなければならない」と指摘した。

 会場には緊張感が走り、出席者はみな一様に黙り込んだが、安倍氏はさらにウイグル問題にも言及した。東大に留学中の平成10年の一時帰国中、国家分裂を扇動したとして中国に逮捕されたトフティ・テュニアズさんについて「彼の奥さん、家族は日本にいる。無事釈放されることを希望する」と求めたのだ。

 「私はその件は知らないので、正しい法執行が行われているか調べる」

 胡主席は、こう返答したが、チベット問題については触れようとしなかった。

 安倍氏の発言で生じた気まずい雰囲気を修復しようと動いたのが森氏だった。北京五輪について「中国はメダルをたくさん取る作戦でくるのでしょうね」と水を向け、胡主席の笑顔を引き出した。

            ◇

 朝食会での安倍晋三前首相の発言要旨は次の通り。

 戦略的互恵関係の構築に向け。相互訪問を途絶えさせない関係をつくっていくことが重要だ。国が違えば利益がぶつかることがあるが、お互いの安定的関係が両国に利益をもたらすのが戦略的互恵関係だ。問題があるからこそ、首脳が会わなければならない。

 私が小学生のころに日本で東京五輪があった。そのときの高揚感、世界に認められたという達成感は日本に対する誇りにつながった。中国も今、そういうムードにあるのだろう。その中で、チベットの人権問題について憂慮している。ダライ・ラマ側との対話再開は評価するが、同時に、五輪開催によってチベットの人権状況がよくなったという結果を生み出さなければならない。そうなることを強く望んでいる。

 これはチベットではなくウイグルの件だが、日本の東大に留学していたトフティ・テュニアズさんが、研究のため中国に一時帰国した際に逮捕され、11年が経過している。彼の奥さん、家族は日本にいる。無事釈放され、日本に帰ってくることを希望する。

<Yahoo Newsより>

 中曽根や海部が『中国様マンセー』を叫び、森が相変わらずの馬鹿っぷりを発揮している中、ただ一人、安部氏だけは言うべきことをきちんと言っておりました。
 ただでさえ現在(真保守研など一部を除く)事なかれ主義の日本政界では腫れ物扱いされているチベット問題、それをその主犯である胡錦濤に面と向かって言うというのは、これなかなか胆力のいることでございます。
 それをきちんと物申す辺り、『流石安倍さん』と言わざるを得ません。
 いや実に長うございました。
 首相在任時のヘタレ化から退任後の沈黙を経て、今ようやく『安倍流』が戻ってきたんではないかと、東雲少々期待しております。
 
 まぁぶっちゃけてしまえば安部氏が首相になったのは時期尚早、なるならあと十年後であるべきだったと考えておりまして、さらにぶっちゃけちまえば首相ではなく官房長官などナンバー2向きの人だよなぁとか思っておりますが、ともわれこれを契機に、よりアクティブに『安倍流』を推し進めていっていただきたいと東雲は思います。
 
 ともわれ国際社会としては『当たり前』のことを『世界の弱腰非常識』な日本で言ってくれた安倍さん、GJ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

中国製ナショナリズムの異常

 現在世界中から非難されております中国のチベット弾圧。
 それでも世間が見えてないのか『ダライ・ラマが悪いアルヨオォォッ!』とキチガイのように強弁してはばからない中国当局でありまして、世界の中国非難は一向に収まりそうもありません。
 嘘をつき、ばれたら逆切れ。
 米議員の言葉を借りるまでもなく、50年前から何の進歩もない馬鹿者どもでありますが、連中はその馬鹿っぷりを身内にすら発揮しているようです。
 
 こちらをご覧下さい。

<以下引用>

「売国奴」…仲裁の中国人女子学生がネットで猛攻撃受ける

【ニューヨーク=長戸雅子】米ノースカロライナ州の大学で、チベットを支持する学生グループと中国政府を支持する学生グループとの衝突を回避するため、仲裁にあたった中国人女子学生が、その後、インターネット上で「売国奴」と糾弾され、言葉の暴力などの深刻な被害を受けていることがわかった。17日付の米紙ニューヨーク・タイムズが1面で伝えた。

 同紙によると、女子学生は同州のデューク大学に在学中。サンフランシスコで聖火リレーが行われた今月9日、学内でチベット支持グループの学生と中国政府支持派の学生とが衝突寸前になった際、双方のグループに友人がいたことから仲介にあたった。

 チベット支持派の学生に対し、中国政府支持派の学生と対話するのであれば、シャツの背中に「自由チベット」と書くことを認めることで、その場を収めた。

 しかし、その翌日には中国人学生向けサイトに女子学生の顔写真や連絡先、中国の実家の住所まで掲載され、顔写真の額には「売国奴」と中国語で書かれていた。「帰国したらおまえの死体は細切れになるだろう」といった脅迫メールも送られてきた。中国の実家にも汚物がまかれ、女子学生の両親は安全のため、別の場所に避難したという。

 女子学生は、同紙に「売国奴が中国に害を与えたいと思う人のことをさすなら、私はそうではない」「これからもずっと売国奴といわれるのだろう」と心境を語っている。

<iza!:2008/04/18 17:51更新>

 諍い、争いがあれば仲裁する。
 日本人なら……いや、世界中、大部分の人間ならば至極当たり前の判断であり、またそういった『常識』を考えれば、この女子学生の判断は的確なものであります。
 その動機も『双方のグループに友人がいた』とのことであり、『友人たちに争って欲しくない』との思いがあったのでしょう。至極真っ当なものであります。
 
 衝突寸前の状況を平和裏に収めた。
 彼女の行動は、本来ならば賞賛されてしかるべきです。
 
 ……が、そんな『常識』というものをまったく理解せず、彼女の努力どころか彼女自身、果ては彼女の親族まで非難する蛮行を、あろうことか彼女の祖国の人間がかますってんですから、彼らの異常性は他の追随を許さないほどに際立っております。
 
 明確な根拠もなく自国を貶める、某国与党の『りべらる派』やら民主、社民、共産党やら朝日、毎日をはじめとするヒダリっぱ軍団を『売国奴』と罵るならまだ理解も出来ますが、ただ両者を仲裁しただけで『売国奴』と罵り、あまつさえ個人情報を実家の住所までさらし、挙句彼女およびその親族を徹底的に侮辱する。
 彼女の両親は別の場所に避難したそうですが、もしその場に留まっていたならば生命すら危うかったでしょう。
 そしてもしそうなったとしても『愛国無罪』と、ネット上ではきっと『愛国者』『英雄』の書き込みが溢れたのでしょうね。
 
 「売国奴が中国に害を与えたいと思う人のことをさすなら、私はそうではない」
 彼女のこの当たり前の発言も理解できない、異常も異常、もはやキチガイという言葉すら生ぬるい、ケダモノのような所業をかます中国人。
 この女子学生のように、まともな判断ができる方も少なからずいるようですが、それでもこんな異常者が大勢を占めるこの現状。
 
 こんな国相手に『日中絶対友好』を掲げる福田には、さっさと職を辞していただく他ないと東雲は考えます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

真・保守政策研 GJ!

 これまで幾度となく取り上げてまいりましたチベット問題。
 世界中が中国に対し非難の声を上げる中、相変わらずのへたれっぷりを晒す政府に危機感を覚える東雲ですが、さすがといいますか、この方々はやっぱり違います。
 こちらをご覧ください。
 
<以下引用>

<真・保守政策研>「中国は人権弾圧即刻停止せよ」と声明
4月18日0時27分配信 毎日新聞

 自民党と無所属議員でつくる「真・保守政策研究会」(会長・中川昭一自民党元政調会長)は17日、チベットの暴動問題を踏まえ、「中国政府は人権弾圧を即刻停止せよ」などと訴える声明を決議した。5月に来日する中国の胡錦濤国家主席との日中首脳会談の前に決議内容を福田康夫首相に伝える。

 このほか、中国政府に(1)報道機関の自由な現地取材と国際機関の調査受け入れ(2)チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世との速やかな対話--などを求めている。

<Yahoo Newsより>

 いやはやさすが真・保守政策研、GJでございます。
 
 ……いや、本当ならごく当たり前のことなんですけどね、中国の人権弾圧にはっきりと『NO』を突きつけるなんてことは。
 
 しかし政府がヘタれ、日本が世界から中国の共犯扱いとみなされている現状において『正常な日本』を示すというのは、やはりGJではないかと東雲は思うのです。
 チベット問題に関心が高い国会議員で構成されているはずのチベット議連ですら『報道の自由がない中で、中国政府による一方的なプロパガンダや弾圧がなされている疑義を持たざるを得ない状況が悪化するなら、胡錦濤国家主席の訪日を到底歓迎できない状況になりかねない』なんて、ゆるゆるの声明しか出せないんですからね。
 つか、『疑義を持たざるを得ない状況』とか『到底歓迎できない状況になりかねない』とか、一体どんな日本語ですか?
 いやはや回りくどく、分かりにくい、なんでここまで『対中配慮』をせにゃならんのかという勢いの文言でございます。
 東雲はよく見させていただいております『博士の独り言』様で知ったのですが、実はこのチベット議連の声明、最初はもう少し強い物言いだったそうです。
 が、平沢勝栄の『これはちょっと過激な言い方だから、もう少し抑えた表現に変えたほうがいい』という発言で、こんなへなへなな文言になったそうで。
 正直最初の文言すら弱すぎると思っておりましたのに、更に弱めるこのヘタレっぷり。
 『チベット問題を考える議員連盟』なんて仰々しい名前を振りかざし、しかし結局名前だけかと、東雲は絶望するわけです。
 つか、そろそろJAROに訴えるべきじゃないでしょうか?
 
 それに対し、やっぱり真・保守政策研は違います。
 『中国政府は人権弾圧を即刻停止せよ』と明確に要求。
 『人権弾圧あるかもしれないなぁ、このままだと歓迎できないかもしれないなぁ』なんてへろへろへにょへにょしている連中とは根本的に大違いです。
 また真・保守政策研は会長の中川昭一氏はじめ中国のような特アに屈しない筋の通った方々が多く集っておりますため、尻すぼみになるようなこともないでしょう。
 
 現在は非主流派に位置づけられる真・保守政策研でありますが、『普通の国、日本』となるためにも、一刻も早く彼らが主流派に返り咲くことを願ってやまない東雲です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

JAPANとしてチベット問題に声を!

 とゆーわけで東雲でございますが、今回は真面目な話ですので、ふざけた前置きはカット。
 
 前稿にゆかり様からいただきましたコメントにあります署名『For The People Of TIBET』について紹介したいと思います。
 
 実はこの署名、『博士の独り言』様にて紹介されておりましたときに東雲も実名にて署名したのですが、当ブログでの紹介をすっかり失念しておりました。
 いやはやお恥ずかしい限りでございます。
 コメントを投稿してくださいましたゆかり様に厚く御礼申し上げます。
 また当ブログが『For The People Of TIBET』の周知に一役買えればと思っております。
 
 さて、この『For The People Of TIBET』、前述のゆかり様のコメントにもありますように、ドイツの有志が立ち上げたとのことです。
 『※サイトの信憑性については自己判断でお願いします。』とありますが、もちろん騙しサイトなわけではなく、また入力事項も『名前』『国』『E-メールアドレス』の三点のみであります。
 さすがにE-メールは個人情報に直結いたしますので、念のため警戒する必要はあるかと思いますが、一応E-メールのみ『not published(公表しない)』となっており、またアドレスを入力しなくても署名できます。
 個人情報をできる限り出したくない、という方はメアドなしでも署名していただけますようお願いします。

 正直に申しますと、この署名を中国当局、ないしどこぞの機関に提出するかどうかは東雲には分かりません。
 それこそウェブ上で集めて終わり、なんてことになるのかもしれません。
 しかし、多くの人が中国によるチベット弾圧に非難の声を上げているという事実は、チベット人、そしてチベットを思う方々にとって心強いものになると思いますし、また多くの署名が集まれば、それだけ話題性も上がり、無関心な方々の関心も引けるようになると思います。
 今はまだ強硬姿勢を保っている厚顔無恥な中国当局。
 しかし、仮に『署名を提出』という形を取らなくても、世界に中国を非難する声が溢れれば、連中もそれを無視できなくなると思います。
 だからこそ、一人でも多くの方にこの署名をしていただきたい。
 そして一人でも多くの方にこの署名を周知していただきたい。
 そう東雲は願います。
 
 『For The People Of TIBET』
 http://www.for-the-people-of-tibet.net/
 
 なお『For The People Of TIBET』はFlashを用いておりまして、アニメーションの最初が真っ白なため、最初フリーズしたかのように見えますが、正常でありますのでリロード等しないようお願いします。
 また、アニメーションは飛ばせません。
 アニメーションが終了すると写真の下に最近の署名10件と、さらにその下に署名欄が表示されます。
 ここで皆様のお名前と国を署名してください。
 
 
 『博士の独り言』様で公開されておりました『フリーチベットステッカー』を等ブログでも掲載させていただきました。
 ステッカーを公知してくださいました博士に厚く御礼申し上げます。
 一人でも多くの方がこの問題に強い関心を抱くようになってくれれば、と思う限りです。

| | コメント (2) | トラックバック (2)